小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

欧州における2021年BEV累計販売台数は2019年の3.4倍に、中国に次ぐ世界2位の市場へ

2022.03.24

欧州28か国における2021年のBEV累計販売台数は120万5,387台で2019年の3.4倍に

自動車産業の世界的な調査会社であるJATO Japan Limitedは、欧州の電気自動車市場についての最新レポートを公開した。

JATO Dynamicsの欧州28カ国のデータによると、2021年のピュアEVの累計販売台数は120万5,387台であった。これは、2020年に販売された73万9,329台より63%多く、2019年時の3.4倍である。同社のグローバルアナリストであるFelipe Munoz氏は、以下のように述べた。

「過去10年間ピュアEVは、2021年に新記録を達成したSUVを含むどのセグメントよりも速く成長している」

2018年時点では、BEV(=Battery Electric Vehicle、バッテリー式電気自動車、ピュアEV)は欧州で販売された乗用車の1.3%を占めていた。これが2019年には2.3%に、そして新型コロナウイルスの影響が最も大きかった2020年には6.2%に跳ね上がった。Munoz氏は、以下のようにと続けた。

「この急成長により、EVは現在、欧州で地盤を固めている。そして、昨年の困難にもかかわらずその人気は高まり続け、2021年には市場全体の10.3%を占めているのだ」

2021年にEVの人気が高まったのは、2つの大きな要因がある。1つ目は、政府による手厚い優遇措置が継続された結果、より多くの消費者がEVを従来の内燃機関(ICE)モデルに代わる真の選択肢として捉え始め、需要が高まったことである。2つ目は、世界的な半導体不足のため、多くの 自動車メーカーがガソリン車やディーゼル車よりも EVやSUVを優先的に販売したため、ディーラーが供給面で混乱することが少なかったことが挙げられる。

世界第2位のBEV市場となった欧州

昨年、欧州はBEVの販売台数、マーケットシェアともに、シェアが12.3%の中国に次いで世界第2位の市場としての地位を固めた。Munoz氏は、次のように述べている。

「EVの価格が中国より高いことを考えると、欧州の結果は励みになるだろう」

EVモデルを拡大しようとする自動車メーカーの努力により、欧州の消費者はこれまで以上に多くの選択肢を得ることができた。例えば、2018年時には購入可能な電気自動車は28モデルであったが、2019年には33モデルに、2020年には57モデルに増えていた。そして昨年、欧州の消費者は74モデルの中から選ぶことができたのだ。

テスラは販売70%増だが、フォルクスワーゲングループが首位に

欧州におけるEVの普及に伴って競争も激化しており、テスラはもはやそれほど優位な地位に立っていない。2年前は、モデル3を導入したおかげで、BEV市場で31%のシェアを獲得していた。2021年には、テスラは欧州28カ国で16万7,549台を販売し、最も人気のあるBEVブランドとなったが、グループ別マーケットシェアは13.9%に低下した。

Munoz氏は、次のように語った。

「欧州市場で比較的新しいブランドであるテスラは、消費者の注目を集め続けている。これは、2021年第3四半期にモデルYが登場し、欧州におけるテスラの成長をさらに後押ししたことにも表れている」

2021年のグループ別BEVランキングでは、フォルクスワーゲンが首位となり、4台に1台が6ブランドのいずれかに属している状況であった。フォルクスワーゲンは、2位のステランティスに10%ポイント以上の差をつけたが、ステランティスは14.5%のシェアを獲得し、テスラが13.9%で続いた。フォルクスワーゲングループは19カ国で首位となり、次いでステランティスが4カ国、ルノーグループが3カ国、テスラとヒュンダイがそれぞれ1カ国で首位となった。

SUVがBEV市場の成長をけん引

ICE市場と同様に、SUVモデルが拡大したことが、BEV市場の成長をけん引した大きな要因の1つである。昨年まで、従来のICEモデルからの移行は、SUVセグメントにおける選択肢の少なさによって制限されていた。Munoz氏は、以下のように続けた。

「世界中の消費者が、ガソリン車、ディーゼル車、電気自動車のいずれであっても、SUVに乗りたがっていることは明らかである」

昨年、自動車メーカーは低公害SUVの展開を開始し、これらのモデルはBEV販売の40%近くを占めるようになった。

テスラ モデル3、ルノー ゾエ、フォルクスワーゲン ID.3が販売上位を占める

2020年に首位であったルノー ゾエ(Zoe)は、テスラ モデル3に欧州で最も販売されたBEVの座を奪われた。モデル3は、オーストリア、ベルギー、スイス、ドイツ、スペイン、フランス、イギリス、ギリシャ、ノルウェー、ポルトガル、ポーランドのBEVランキングで首位に立った。一方で、ゾエ(Zoe)は新型フォルクスワーゲン ID.3 を上回ることができた。

最もマーケットシェアを伸ばしたのは、フォルクスワーゲン ID.4、シュコダ エンヤック(Skoda Enyaq)、フィアット 500であった。

関連情報

https://www.jato.com/japan/2022020201/


構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。