小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

クラスAB回路で理想的なサウンドを実現!60を超えるエフェクトを搭載したBOSSのベースアンプ「KATANA-110/210 BASS」

2022.03.22

内蔵スピーカーシステムもカスタムメイドモデルを採用

ローランドは高品位かつワイドレンジなサウンドと洗練されたエフェクト、カスタムメイドのスピーカー・システムを搭載したボス(BOSS)ブランドのベース・アンプ『KATANA-110 BASS』、『KATANA-210 BASS』を、2022年4月9日(土)より発売する。価格はいずれもオープン価格。

『KATANA-110 BASS』(左)と『KATANA-210 BASS』

『KATANA-BASSシリーズ』は、幅広い表現力を備えた3つのアンプタイプ、60種類を超える専用設計されたベース用エフェクト、そして「クラスAB回路」のパワー・アンプ、カスタムメイドの10インチ・ウーハーとツイーターを搭載。

高品位なサウンドとクラスを超えた大音量により、ライブ・パフォーマンス、リハーサル、レコーディングなどのさまざまなシーンで活躍するベース・アンプだ。

「クラスAB回路」による理想的なアンプ・サウンド

『KATANA-BASSシリーズ』は、「クラスAB回路」をベースに独自のテクノロジーを融合させることで、温かみのあるサウンドと素早いレスポンス、クラスを越えた大音量を実現している。

搭載するアンプ・タイプは、倍音を多く含む伸びやかなチューブ・サウンドが特徴の「VINTAGE」、プレイヤーのタッチに素直に反応する「FLAT」、そして広いレンジと素早いレスポンスが特徴の「MODERN」の3タイプ。いずれも個性豊かなサウンドを持ち、かつ、幅広い音作りが可能だ。

バイ・アンプ設計とカスタムメイドのウーハ―とツイーター

『KATANA-110 BASS』は、カスタムメイドの10インチ・ウーハー1基とツイーターを、『KATANA-210 BASS』にはカスタムメイドの10インチ・ウーハー2基とツイーターを搭載。

それぞれのスピーカーの特性を最大限に引き出すこだわりのバイ・アンプ設計により、豊かな倍音と温かみのあるサウンドと、繊細なタッチに機敏に反応するレスポンスを得ることができる。

また、ツイーターはON/OFFの切替えが可能。輪郭のはっきりとしたサウンドから、分厚くパンチのあるサウンドまで、スムーズな調節に対応する。

ベース用に専用設計されたボスの高品位なエフェクトを搭載

『KATANA-BASSシリーズ』は、ベース用に専用設計された60種類を超えるエフェクトを搭載。これらの高品位なエフェクトは、「コンプレッサー/リミッター」、「ドライブ」、「FX1」、「FX2」からなる4つのエフェクト・ブロックに割り当てられている。

豊富な機能を備えたコントロール・パネル

また、専用アプリ「BOSS TONE STUDIO」(macOS/Windows/iOS/Android対応)の使用により、エフェクトの入れ替えや詳細なパラメーターの設定、エフェクト・チェインの選択などをスムーズに行うこともできる。

さまざまなシーンに対応する緻密な音作り、高い汎用性

『KATANA-BASSシリーズ』は、高い汎用性を備え、さまざまなシーンに対応する緻密な音作りを行うことができる。まず、イコライザー・セクションでは、「LOW MID」と「HIGH MID」の調節時に周波数帯域を設定することが可能。

またそれぞれ3つのタイプから選択することができ、温かみのあるヴィンテージ・サウンドからエッジの効いたモダンなサウンドまで、スムーズな音作りが行なえる。そしてアンプ・タイプやイコライザー、エフェクトなどの設定は本体に6つまで記憶。本体の「BLEND」ボタンで強調したい帯域を選択し、「DRY LEVEL」つまみからドライ音のブレンド量を調節するだけで、図太く芯のあるサウンドを得ることができる。

オプションのフット・コントローラー「GA-FC」、「FS」シリーズなどの接続により、サウンドのコントロールもスムーズに行なえる。本体背面に装備されているXLR出力端子は、サウンドを3種類から選択可能。芯のあるサウンドを簡単に「ライン出力」できる。

小音量での演奏においても、厚みのあるサウンドを出力する「POWER CONTROL」機能、本格的なレコーディングに対応するUSBオーディオ・インターフェイス機能など、さまざまなシーンで活躍する機能を搭載している。

さらに別売りのBluetooth Audio MIDI Dual Adaptor 「BT-DUAL」の使用により、スマートフォン(iOS/Android)とワイヤレス接続して音色を編集したり、楽曲のストリーミング再生することも可能だ。

スマートフォンとワイヤレスで連携

主な仕様

『KATANA-110 BASS』
外形寸法:幅470×奥行き300×高さ500mm
出力:60W
ユニット:10インチ・ウーハー×1、ツイーター×1
重量:16.8kg

『KATANA-210 BASS』
外形寸法:幅490×奥行き360×高さ620mm
出力:160W
ユニット:10インチ・ウーハー×2、ツイーター×1
重量:21.8kg

関連情報
『KATANA-110 BASS』https://www.boss.info/jp/products/katana-110_bass/
『KATANA-210 BASS』https://www.boss.info/jp/products/katana-210_bass/

構成/清水眞希

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。