小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ルイ・ヴィトンやGUCCIもNFTに参入、狙いはどこにある?

2022.03.23

 一見すると、デジタルコンテンツとは“無縁”に見える高級ブランドメーカーが、NFT事業に参入し始めた。

 GUCCIやルイ・ヴィトンなど世界的に有名なブランドが、ビジネスチャンスをつかもうと、躍起になっている。背景には、メタバース(仮想空間)での、デジタル・ファッション・コンテンツとしての利用がありそうだ。どのような取り組みがあるのか。またその狙いはなにか。本記事で紹介する。

NFTについて詳しくはこちら

NFT参入を発表している高級ブランド

・GUCCI
・FENDI
・ドルチェ&ガッバーナ
・ルイ・ヴィトン
・バーバリー
・ジミーチュウ

GUCCIでの取り組み例:メタバースコンテンツとのコラボレーション

 

引用元:SUPERPLASTIC公式YouTubeチャンネル

SUPERPLASTICはオリジナルキャラクターコンテンツを手掛ける企業

引用元:Kickstarter

 SUPERPLASTICとは2018年にアメリカで創業したエンターテイメント企業で、オリジナルキャラクターを使ったフィギュアなどを手掛けている。これらのキャラクターデータをデジタル化したNFTにも進出している。

 このキャラクターデータのデザインにGUCCIのデザインを使うコラボレーションを発表している。

各ブランドメーカーでのNFTの取り組み例

① GUCCI

引用元:https://onlineonly.christies.com/s/proof-sovereignty-curated-nft-sale-lady-pheonix/gucci-est-1921-6/121268

 2021年5月、はじめてNFT作品を発表した(上掲)。以降、NFTへの取り組みを続々と発表している。2022年2月10日には、The Sandboxというメタバース上で様々な構造物を作れるNFTゲームの土地を購入したと発表(GUCCI公式Twitter)。ファッション業界が、メタバース×NFTでどのようなビジネスモデルを展開するか、試金石となりそうだ。

② FENDI

引用元:Fendi公式アカウント/Twitter

 イタリアの高級ブランドのFENDIは、2022年1月16日に、仮想通貨ウォレットのLedger社とコラボすると発表した。Ledger社が手掛けるハードウェアウォレットを組み込んだミニバッグ(上掲図)。仮想通貨や、仮想通貨と同じように扱うNFTを持つ富裕層向けに、より安全にかつおしゃれなウォレットを提供し、新たな需要を獲得しようとしている。

③ Puma

 高級ファッションとまではいかないが、スポーツ用品を手掛ける大手Pumaは、2022年1月、NFTやメタバースに関する人材の求人を公開した。同時期には、メタバース空間で使うスポーツ用品などの商標登録を申請している。メタバース内でのアバターにPumaブランドのファッションが使える日が近いのかもしれない。

メタバース上での商品提案やNFTの流通はファッション業界にとって好都合

 ネット通販で服を購入したとき、届いてみたらサイズが合わなかった。イメージと違っていた。などの失敗経験はないだろうか。

 通販サイト内のモデルの試着画像があるとはいえ、自分で試着してみないと、このような失敗はどうしてもつきものだ。

 この失敗リスクをできるだけ下げるのに、メタバース上での提案が有効になる。また、購入した服をメタバース上でNFTとしてアバターに着せたり、他人に売ったりといったことも可能になる。

 前提として、メタバース上のアバターは、自分の体形に似せたものでないと、試着の失敗リスクは無くせない。リアルの自分に似せたアバターを作れる技術が登場しているものの、メタバース内での普及はまだまだこれから。商機はありそうだ。

 また、Bored Ape Yacht ClubというNFTのプロジェクトでは、このNFTを所有している人のみで構成するコミュニティがある。

 例えば、高級ブランドのNFTを所有している人のみでのコミュニティを作って、新商品の限定販売など、新たな付加価値を生み出す商機が考えられる。

 メタバースのアバターファッションを通じて、現実世界での売り上げ増加につなげたいということだろう。

取材・文/久我吉史

2022年は賢く稼ぐ!新時代のマネートレンドを完全網羅した「DIME MONEY 投資の強化書2022」

世界情勢が刻一刻と変化する今、世の中がどう変化しようと自分の力で本質を見抜き、自分に合った方法で資産形成をしていく必要性を感じている人も多いでしょう。本誌ではビジネスパーソンのためのライフハックマガジンとして積み上げてきた知見を生かし、株だけでなく、仮想通貨やNFT、DeFiといった昨今のニュースをにぎわす〝新しい資産〟についても解説していきます。経済誌やマネー誌とも違った視点で、投資を考える一冊です。新時代の資産形成の羅針盤としてお役立てください。

※オンライン書店は完売しております。お近くの書店でお買い求め下さい。

今話題の「NFT」と「DeFi」についてもっと深く知りたい人はこちら

書籍やネットを探しても、「NFT」や「DeFi」をわかりやすく丁寧に解説しているものはほとんどない。むしろ「なにやら儲かるらしい」といった危険な情報が錯綜しており、誤った情報を吸収している人が増えている状況だ。

そこで、ビジネスパーソンに最新のトレンドを届けてきた雑誌「DIME」の編集部が、世の中を変貌させる力を持つ新たなテクノロジーをメリットとデメリットを明確にしながら、読者にわかりやすく解説する。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから
興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。