小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

10年固定型の金利がアップ、住宅ローンは固定と変動どっちが有利?

2022.03.21

借入期間中に金利が変わらない固定金利か、市場の動向次第で定期的に金利が変わる変動金利か――。住宅をローンで購入する際に悩む人は多いことだろう。

住宅ローンの金利相場は日銀のマイナス金利政策の影響により史上最低の水準を維持している。

しかしここへきて、固定金利は上昇の兆しを見せている。メガバンクは2月に引き続き3月も「10年固定型」金利を引き上げた。住宅ローンの金利はこのまま上昇していくのか、固定金利と変動金利、どちらが有利なのだろうか。

そんな中、保険相談サービスを提供する保険マンモスでは3月10日、「住宅ローンに関するアンケート調査」の結果を発表した。

住宅ローンの金利タイプ、固定金利型が43%、変動金利型が50%

現在利用している住宅ローンの金利を聞いたところ、固定金利型が43%、変動金利型が50%、固定金利期間選択型が7%となった。

また、今の住宅ローンに満足しているかという問いに対し、52%の人は「満足している」と回答しているが、40%の人が「どちらでもない」と回答している。

「どちらでもない」と答えた人からは、「今後の金利の動きがわからない」「可もなく不可もなく」とった声が寄せられた。利用した金融機関に勧められた金利タイプを選択し、今は特に問題なく返済できているものの、今後金利がどうなるのかわからないため、本当にこれで良いのか?と迷っている人が多いようだ。

その他、年代別には以下の住宅ローンが人気を集めていた。

【20~30歳】
固定金利型 三井住友銀行

【31~40歳】
変動金利型 auじぶん銀行
変動金利型 三井住友銀行
固定金利型 JA
固定金利型 イオン銀行
固定金利型 三井住友銀行

【41~50歳】
変動金利型 三井住友銀行
変動金利型 三井住友信託銀行
変動金利型 みずほ銀行
変動金利型 りそな銀行
変動金利型 三菱UFJ銀行
固定金利型 三井住友銀行

【51~60歳】
変動金利型 三井住友銀行
固定金利型 三井住友銀行

【61歳以上】
地方銀行

詳細はこちら

固定金利と変動金利、どっちが有利?

今後の金利がどう変動するのか、正確に予想することは不可能だが、現状ではしばらく低金利が続くことが予想されるので、変動金利を選択することが有利になるだろう。

ただ、現在は超低金利が続いているので、これ以上下がることはあまり期待できない。物価の上昇率によっては日銀の金融政策に変化が生じる可能性もある。

むしろ、今後は金利が上昇していくことを想定して、住宅ローンを組む必要がある。

金利が上昇した場合の対応策を考える

ではもし金利が上昇したら住宅ローンはどうすべきなのだろうか?金利が上昇し始めた時に影響を受けるのは、変動金利だ。

金利が上昇した場合のことも考えて、対応策を講じておく必要がある。現時点では2つの方法が考えられる。

1つは、繰上げ返済をすること。繰上げ返済には完済を早める「期間短縮型」と、毎月の返済額を減らす「返済額軽減型」があるが、金利の影響を最小限にするなら「期間短縮型」を選ぶ。

金利が上昇し始めることに備えて、今から手元に資金を貯めておく。これから住宅ローンを組む方は、手持ち資金を頭金に全て使うのではなく、繰上げ返済を見越した資金計画を立てることが重要だ。

もう1つは、住宅ローンの借り換え。アンケートでも固定金利期間選択型の方が7%いたが、固定金利が適用されていた期間が終了し、自動的に高い変動金利に変更になっているかもしれない。もしその金利が高い場合には、よりお得な金利の住宅ローンを検討してみるのも良いだろう。

<調査概要>
調査対象:住宅ローンを利用している方
調査日:2022年3月2日~2022年3月6日
調査方法:インターネットによる選択・記述式回答
調査人数:500人(女性277人/男性223人)

出典元:保険マンモス株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。