小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

美術館、商業施設、オフィス、進化するコロナ感染対策ソリューション最前線

2022.03.22

ステイホーム中においては、休日も出かけづらい状況が続いているが、美術館や飲食店、オフィスといった各施設も感染対策を進化させている。

これまでになかった新しい施設の感染対策の新ソリューションを3つ見ていこう。

1.美術展巡回 除菌サポートプロジェクト

2022年2月から11月にかけて全国4カ所を巡回する「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」に、新たな除菌サポートが加わった。それは絵画作品の鑑賞と輸送において引火しない除菌・消臭ソリューション「MA-T(エムエーティー)システム」を活用した製品により、絵画展を支援するプロジェクトだ。従来のアルコール系や塩素系の除菌剤は引火の恐れやニオイの問題があり、唯一無二の絵画作品の鑑賞や輸送の周辺に施すのは万が一の事故に不安が残る。

MA-Tシステムは、アース製薬が開発に協力したもので、成分の99%以上は水でできているにも関わらず、ウイルスや菌には除菌効果を発揮する除菌技術。亜塩素酸イオンから、反応すべきウイルスや菌が存在するときにのみ、 必要なときに必要な量の活性種を生成させることで、さまざまなウイルス、種々の菌(細菌)の除去を可能にする。ノンアルコールのためキッチン周りでも安心して使える利点がある。

「MA-Tシステムのしくみ」

同社のこれまで培ってきた「効き目がありながら人には優しく安心・安全」という虫ケア用品開発の理念を背景に生み出せた技術だという。

導入先は、本巡回展期間中に美術展を運営する株式会社フクシ・エンタープライズ、音声ガイドを提供する株式会社アートアンドパート、輸送を担当するヤマト運輸株式会社、グッズを販売する株式会社アートボックスなどとなる。

美術品輸送において、ドライバーの手指は、高い安全性を保ちながら優れた除菌消臭作用をもつ無色、無臭の除菌消臭剤「A2Care」スキンクリーンで洗浄。トラックのハンドル、椅子にはMA-Tシステムを採用し、家庭向けに開発された「N.act」 除菌・消臭スプレーで除菌する。

フェルメール展の会場内で来場者向けには、「A2Care」スキンクリーンによる洗浄装置を設置。展内での音声ガイド、エスカレーターの手すり、テーブル、仕切りロープ、ドアノブ、レジ回りなどには、「N.act」 除菌・消臭スプレーで除菌する。美術品そのものに吹きかけることはないという。

アース製薬の担当者に、今回、絵画作品の鑑賞と輸送にMA-Tシステム提供しようと考えたきっかけや背景を聞いた。

「アース製薬は、『感染症トータルケアカンパニー』として安全で快適なくらしのために、様々な取り組みを行っています。『MA-Tシステム』は、すでに航空機内などにも採用されている、非常に安全性の高い除菌・洗浄技術です。世界一級の芸術作品を迎える今回のような絵画展の輸送や鑑賞にこそ、安全安心なこの技術を活用いただきたいと考え、今回の提供に至りました。」

東京都美術館におけるフェルメール展は、2022年2月10日(木)から4月3日(日)までの開催。

※MA-T System(R)は登録商標。

2.スマートシティの飲食店等への感染症対策BCPソリューション

千葉県柏市のつくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅周辺エリアにおいて、2005 年から開発費が進められている「柏の葉スマートシティ」の複数施設に、「magickiri(TM) Planning」という感染症対策BCPソリューションが導入された。

magickiri Planningはピクシーダストテクノロジーズ株式会社が独自開発したもので、感染症対策の専門家と共同で、屋内環境における独自の感染リスク度の判断基準を作成し、その基準を用いて人の呼気の流れのシミュレーション結果から感染リスク度を診断するサービスだ。

リスク度に応じた感染リスクを抑える改善策の提案も行われ、換気口や排気口、座席や間仕切りの配置や換気設備などの空間レイアウト改善もサポートする。

特に飲食店舗が20店舗存在する「柏の葉かけだし横丁」においては、診断の結果、横丁内の店舗を標準化し、「柏の葉かけだし横丁モデル」として改善レイアウトを検討した。

この取り組みにより、各施設ですでに実施されている接触感染対策や飛沫感染対策に加えて、エアロゾル感染にも考慮した対策を実装することができるようなる。

magickiri Planningは飲食店以外に、オフィスなどでも有効なのだろうか? ピクシーダストテクノロジーズの担当者は、次のように回答する。

「magickiri Planningは、特定の環境や条件を想定してシミュレーションを行うサービスであるため、人が座席に留まるような環境に対して親和性があるサービスです。そのため、飲食店の座席のほか、オフィスなどにも適したものと考えています。

すでに企業のオフィス空間、飲食店舗、高齢者施設等、様々な場所でシミュレーションを実施した実績がございます。今後も幅広い空間で実施し、感染症安全な空間作りを推進してまいります」

※「ピクシーダストテクノロジーズ」、「magickiri」、及び関連するロゴは、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社の商標又は登録商標。

3.パナソニックの「エアリーソリューション」がオフィスで初設置

株式会社コロプラが2022年2月1日より本社移転し、東京・六本木の東京ミッドタウンに新オフィスを構えた。そこでパナソニックの「エアリーソリューション」がオフィスで初設置された。

エアリーソリューション設置イメージ

エアリーソリューションとは、気流コントロールを行うことにより、清潔・快適な空気環境を提供するもの。ブースタイプでは、天井のルーバーからダウンフローを発生させることで均一な気流制御を実現し、HEPAフィルターで浄化することでクリーンな空気循環を実現する。

オフィスで複数人が一箇所に集まって対話する空間では、局所的に密エリアが発生し、コミュニケーションへの支障が生じる。またソーシャルディスタンスを意識した距離の確保は、空間効率が低減する。こうした課題から同ソリューションが生まれた。

天井のルーバーから下方向に流れるダウンフローによって周辺の空気を巻き込み、下方向への均一なダウンフローを発生させる。これにより、会話によって発生したエアロゾルが空間中に滞留することを抑制するという。さらに、HEPAフィルターで浄化した毎分12,000リットルの清浄な空気をルーバーから空間内に循環させる。併せて、設置エリアの空気環境を常時モニタリングし、清潔・快適な空気環境の維持に役立てる。

エアリーソリューションを導入したコロプラは、実際に体験して次のような感想を述べている。

「弊社の新オフィスのコンセプトは『感染症対策』でしたが、エアリーソリューションはそのコンセプトにフィットする製品ということで導入しました。特にマスクを外しやすいランチタイムの使用率が高く、導入効果を実感しています。安全面だけでなくCO2や湿度等の計測機能もあり、今後のオフィス改善にも役立つ製品だと思います」

エアリーソリューション設置イメージ

感染対策のソリューションは、どんどん進化している。こうしたソリューションが導入されれば、施設利用側は安心して利用ができそうだ。今後もさらなる新しい技術による発展を期待したい。

取材・文/石原亜香利

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。