小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4月から18歳でも親権者の同意なしで契約できるクレジットカードの最新トラブル事例

2022.03.19

18歳から大人に!クレジットカードの使い方を考えよう

クレジットカードはキャッシュレスで決済が可能なツールの一つだ。便利な半面、支払方法を確認せずに使用すると想定外の手数料を請求されることや、利用明細を確認しないと支払残高が高額になっているなどトラブルも。

そこで独立行政法人国民生活センターは、2022年4月から成年年齢引下げに伴い、成年であれば親権者等の同意なしで契約できる「クレジットカード」をテーマとして取り上げ、相談事例と事前に知っておいてほしいポイント等をまとめたので、順を追って紹介していこう。

相談事例

全国の消費生活センター等には、以下のような相談が寄せられている。

事例1:限度額いっぱいの買い物をしたら、支払えなくなった事例

成人すると簡単にインターネットでクレジットカードが作れるようになったので、ショッピング用にクレジットカードを作ったが、限度額いっぱいまで買い物をしてしまい、支払いができなくなってしまった。そのまま放置していたら督促状が届き、その返済のために借金をして返済不能になった。どうすればいいのか。
(2021年8月受付 20歳代 女性)

事例2:リボ払いを選択したら、支払残高が高額になっていた事例

大学のオンライン授業に向けてパソコンを購入するために、クレジットカードを作った。支払方法には翌月一括払いとリボ払いがあったが、割引サービスのあるリボ払いを選択した。

1年以上経過した最近になってクレジットカードの利用明細を確認したら、支払残高が約30万円もあることに気付いた。こんなに高額になっているとは思わなかった。どうすればいいのか。
(2021年6月受付 20歳代 男性)

事例3:もうけ話の契約で事業者からクレジットカードを作るよう指示された事例

未成年の息子が、SNSを通じてもうかる話があると女性から誘われて会いに行き、副業のコンサルティングの委託契約をしたと分かった。クレジットカードを作るよう指示され申し込みをしたが、未成年だったためカード会社から親に確認の電話があり発覚した。

事業者からの連絡はすべて無料通話アプリで、息子宛に連絡があった際、電話を代わり、「未成年者と分かっているのに契約させるのはおかしい」と伝えたところ、今日、息子宛てにアプリを通じてクーリング・オフを認めるとのメッセージが届いたようだ。このままで大丈夫か。
(2021年6月受付 10歳代 男性)

クレジットカード4者間契約の仕組図

まずはクレジットカードの基本をおさらいしよう。クレジットカードの発行には、審査のため申込者の個人信用情報等を確認している(1、2)。

審査の結果、カード発行となると有効期限と利用限度額が定められ、その範囲内で商品の購入やサービスの提供を受けることができるのだ(3)。

クレジットカードで支払うと、代金がカード発行会社によって販売店に立替払いされる。立て替えられた代金は、決められた支払日に口座引き落とし等で支払う(4~7)。

支払方法には、主に手数料が発生しない翌月一括払い(1回払い)、ボーナス一括払いと、手数料が発生する分割払い、リボルビング払い(リボ払い)がある。

トラブル防止のポイント

(1) 2022年4月より、18歳から一人でクレジットカードを申し込めるようになる

成年になると、未成年時に必要とされていた親権者等の同意なしでクレジットカードの申し込みをすることができ、カード発行会社の審査が通るとクレジットカードを作ることができる。

手元や口座にお金がなくても買い物ができるという意味では借金をしていることと同じだ。トラブルに遭わないためにも、クレジットカードの仕組みや支払方法をきちんと理解したうえで、適切な管理の下で利用しよう。
※カード発行会社によっては、親の同意を必要とする場合もある。

(2)延滞に注意!利用の際には、支払計画を立てて利用しよう

クレジットカードは消費者の「信用」に基づき発行される。期限までに支払いができなくなると延滞となり、個人信用情報機関に延滞情報が登録されてしまう。

延滞を放置したり、繰り返すと、新規にクレジットカードを作ることができない、住宅や自動車のローンが組めなくなる等の不利益を受ける恐れがある。

支払いのために借金をすると多重債務に陥る危険性もあるので、クレジットカードを利用する際は計画的に利用しよう。

(3)手数料が発生する分割払い、リボ払いに注意!

「分割払い」「リボルビング払い」を選択した場合には所定の手数料がかかる。特に、リボ払いは、毎月の支払額が一定となる仕組みだが、残高に対して手数料が発生するため、残高が多く、支払金額が少ない場合等には、支払いがなかなか終わらないといった事態に陥る恐れがある。

また、クレジットカードの中には、リボ払い専用のものや、最初から支払方法がリボ払いに設定されているものもあるので、クレジットカード申込時などには十分に確認し、意図しない支払方法とならないよう注意してほしい。

(4)カードの管理は適切に。利用明細は必ず確認!

暗証番号は他人に推測されない番号に設定し、カードを他人に貸与しない等適切に管理しよう。管理が不適切であった場合、不正利用された際に補償されない可能性がある。

最近はフィッシングサイトによりクレジットカード情報等が不正に利用されるトラブルも発生している。被害にすぐ気づくためにもカードの利用明細は定期的に必ず確認する習慣をつけよう。

万が一、身に覚えのない請求があった際には、速やかにカード発行会社に連絡すること。

(5)悪質事業者等から「クレジットカードで支払えばよい」とそそのかされても応じないで!

実態の分からない情報商材や副業などもうけ話のトラブルが増えている。「お金がない」と断っても、悪質事業者や知人から「クレジットカードを作ればよい」「稼ぎから支払える」等といって、クレジットカード決済を持ち掛けられトラブルに遭うケースがある。

クレジットカードを作らせて支払わせるような事業者は信用しないこと。

(6)2022年4月から「18歳で大人」に

未成年者は、原則として、契約をするにあたって親権者等の同意を得なければならないが、同意を得ずになされた契約は取り消すことができる。

他方、大人になると一人で契約できる半面、原則として一方的にやめることはできなくなる。不安に思った時、トラブルにあった時は「188」に相談を。

関連情報:https://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20220210_1.html

構成/Ara

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。