小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〝ランドセル重すぎ〟問題を解決!小学生が考案した斬新発想の通学バッグ「さんぽセル」

2022.03.22

さんぽセル

『さんぽセル』はランドセルをキャリーバッグのように運ぶことができる携帯型スティック。これを見て「自分で背負えないの?」と感じる人に、現代のランドセル事情を知ってほしい。脱・ゆとり教育により教材がどんどん増え、オンライン授業でタブレット端末を持ち帰ることも増加している。その結果、通学での平均的なランドセルの重さは約6kgで、場合によっては10kgを超えることも。小学1年生の平均体重は約20kgと考えると、それがどのくらい大変か想像できるだろう。

『さんぽセル』を考案したのは、何と現役の小学生男子。若者の研究活動を支援する「悟空のきもちTHE LABO」が協力するかたちで夏休みに商品開発を行なったところ、すぐに特許申請ができた。

「開発段階では小学生を対象に何度も試用テストをしましたが、『学校が空港みたい!』『通学が楽しくなった』といった声がありました。まだ発売前ですが、現在約2000個の予約が入っています」

 こう語るのは悟空のきもちTHE LABOの代表・永野弘樹さん。小学生たちの発想力と行動力によって生まれたこの商品、定着することで重いランドセルに苦しむ小学生が、少しでも減ってほしい。

さんぽセル

開発のきっかけは「『Nintendo Switch』が欲しい」と大人におねだりしたところ、商品開発で特許を取得すれば、自分たちで購入できることをアドバイスされたことによる。

さんぽセル

『さんぽセル』(3960円)は「悟空のきもち THE LABO」の公式サイトより予約受け付け中。商品の重さは230g。使わない時はランドセルに装着し、すぐに取り付けることができる。

DIMEの読み

 ランドセル重すぎ問題は想像以上に深刻。このままだとランドセルという文化の継承も危うい状況となっている。重さを解消するための商品は、これからも需要がありそうだ。

取材・文/高山 惠

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2022年1月31日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。