小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

通信キャリアのプラン変更や乗り換えの検討先ランキング、3位au、2位ドコモ、1位は?

2022.03.14

22年3月現在、もっとも利用者数の多いスマートフォンの通信サービスは何なのだろうか。また、プラン変更や乗り換えの検討先として、人気の通信サービスとは。

MMD研究所ではこのほど、18歳~69歳の男女40,000人を対象に2022年2月14日~2月16日の期間で「2022年3月通信サービスの利用動向調査」を実施した。調査結果は以下のとおり。

※本記事では、アンケート調査により回収されたサンプルを人口構成比に合わせるために、ウエイトバック集計している。

メイン利用のMNO4キャリア合計は90.1%、うちオンライン専用プランは7.0%、サブブランドは14.1%

18歳~69歳の男女40,000人のうち、通信契約をしているスマートフォンを現在メイン利用している36,282人を対象に、メインで利用しているスマートフォンの通信サービスを聞いた。

その結果、4キャリアは「docomo(30.2%)」「au(19.4%)」「SoftBank(11.8%)」「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ(7.6%)」となり、オンライン専用プランの「ahamo(4.4%)」「povo(1.8%)」「LINEMO(0.8%)」を合わせると4キャリアのシェアは76.0%となった。

そこにキャリアサブブランドの「Y!mobile(8.9%)」「UQ mobile(5.2%)」を合わせると90.1%、「MVNO」は9.9%となった。2021年11月の調査と比べると、オンライン専用プランは0.2ポイント、キャリアサブブランドは1.3ポイント増加した。

続いて、通信契約をしているスマートフォンをサブ利用している3,646人にサブ利用の通信サービスを聞いたところ、4キャリアは「docomo(20.3%)」「au(14.1%)」「SoftBank(9.8%)」「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ(19.2%)」となり、オンライン専用プランの「ahamo(5.3%)」「povo(2.7%)」「LINEMO(1.9%)」を合わせると4キャリアのサブ利用のシェアは73.5%となり、そこにキャリアサブブランドの「Y!mobile(6.1%)」「UQ mobile(4.0%)」を合わせると83.6%、「MVNO」は16.4%となった。

MVNOのシェアは9.9%

2014年10月からのMVNOの利用率の推移をみると、2022年2月は9.9%となった。

ahamoは76.6%、povoは84.1%、LINEMOは48.3%が同一キャリアから移行

オンライン専用プランとキャリアサブブランド、Rakuten UN-LIMIT Ⅵを現在メインで利用している9,494人に現在利用している通信サービスを契約する前に利用していた通信サービスを聞いたところ(契約していないまたは分からないを除く)、オンライン専用プランではahamo(n=1,486)は「docomo」が76.6%、povo(n=621)は「au」が84.1%、LINEMO(n=265)は「SoftBank」が48.3%とそれぞれ最多となった。

キャリアサブブランドはY!mobile(n=2,873)は「SoftBank」が49.2%、UQ mobile(n=1,746)は「au」が55.7%で最多、Rakuten UN-LIMIT Ⅵ(n=2,503)は「MVNO」が46.1%で最多となった。

2021年11月の調査と比べると、ahamo(n=1,486)は1.6ポイント、povo(n=621)は0.4ポイント同一キャリアからの移行が増加し、LINEMO(n=265)は14.9ポイント同一キャリアからの移行が減少した。

通信キャリアのプラン変更・乗り換え検討先はトップが「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」、次いで「docomo」

通信契約をしている携帯電話・スマートフォンを現在利用している36,420人のうち、メイン利用の通信サービスの料金プラン変更や乗り換えを検討しているか聞いたところ、「検討している」が33.9%となり、「検討していない」が66.1%となった。

次に、料金プラン変更や乗り換えを検討している12,349人のうち、具体的な通信サービスを決めている9,210人を対象に、最も乗り換えを検討している通信サービスを聞いたところ、「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」が20.9%と最も多く、次に「docomo」が15.4%、「au」が10.9%となった。

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合がある。

<調査概要>
「2022年3月通信サービスの利用動向調査」
調査期間:2022年2月14日~2月16日
有効回答:40,000人
調査方法:インターネット調査
調査対象:18歳~69歳の男女
設問数 :15問

出典元:MMDLabo株式会社

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。