小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

花粉対策メガネの使用をやめた理由TOP3、3位フィット感、2位曇りやすい、1位は?

2022.03.14

花粉対策のアンケート調査と人気23商品の比較検証結果を発表

日本気象協会が発表した2022年春の花粉飛散予測(第4報)によると東京のスギ花粉のピークは3月中旬~下旬で、その後ヒノキ花粉が続いてくる。花粉の飛散量は、九州や北陸、関東甲信では例年並み、四国、中国、近畿、東海では例年より少ない見込みだという。

「mybest」はそんな花粉シーズンを迎え対策グッズの需要が高まる中、花粉症に悩む男女113名を対象としたアンケート調査と、人気の花粉対策メガネ23商品を対象とした検証調査を実施したので詳細を紹介しよう。

過半数以上が10年以上前に花粉症を発症

花粉症をいつ頃から発症したかを調査したアンケートでは、過半数以上の53.1%が「10年以上前に発症」と回答。

一方で、「1年ほど前に発症」と回答した人は8.0%、「ここ数ヶ月で発症」と回答した人は5.2%と、直近も花粉症に悩み始めた人がある程度いるようだ。

花粉症を疑い始めたきっかけの症状は「目のかゆみ」が最も多い結果に

「花粉症を疑い始めたきっかけの症状」の項目では、「目のかゆみ」が最も多い48.2%であった。次いで「鼻水」が31.2%、「くしゃみ」が16.1%、「鼻詰まり」が8.9%という結果に。

辛い症状として最も多かったのは「鼻水」に次いで「目のかゆみ」

「花粉症において、自身が一番辛いと感じる症状」の項目で、最も票数が多かったのは「鼻水」に次いで「目のかゆみ」であった。

「花粉症を疑い始めたきっかけの症状」でも最も票が多かった「鼻水」と「目のかゆみ」で悩まれる人が多い傾向があることが判明。

最も症状が辛いのは一年のうち「3月」と回答した人が過半数以上に

続いて、「症状が一番辛いと感じる月は一年のうち何月か」を調査した。

その結果、過半数以上が「3月」と回答。次いで「4月」と回答した人が3割以上となった。花粉症に悩む8割近くの人はスギ花粉のシーズンである3月〜4月が最も辛いと感じているようだ。

「鼻うがい」「花粉対策メガネ」「花粉ガードスプレー」は期待値の高い花粉対策グッズに?

続いて、一般的な花粉対策グッズと呼ばれるもののうち、「思い浮かぶもの」と「実際に使ったことがあるもの」、「一定の効果を感じて取り入れ続けているもの」にギャップがあるかを調査。

「思い浮かぶ」と「使ったことがある」「一定の効果を感じて取り入れ続けている」の回答数にほとんどギャップがなかったのは「マスク」「市販の目薬・点鼻薬」「市販の内服薬」であった。

一方で「鼻うがい」「花粉対策メガネ」「花粉ガードスプレー」については、「思い浮かぶ」と回答した人は多かったものの、「実際に使ったことがある」「一定の効果を感じて使い続けている」と回答した人は少ない傾向に。

実際に使ったことがある人はまだまだ少ない傾向ですが、メジャーな「市販の内服薬」に近い認知度があるため、期待値が高い花粉対策グッズといえるだろう。

3割近くが「花粉対策メガネを使ったことがある」と回答

「花粉対策メガネ」の使用履歴の項目では、26.5%の人が「使ったことがある」と回答。近年、花粉対策グッズとして知られるようになったばかりではあるものの、すでに人の3割近くが使ったことがあるということが分かった。

花粉対策メガネの使用をやめた理由は「フィット感がなかった」など性能に関するものが多い結果に

期待値が高い傾向が見えた一方で、「過去に花粉対策メガネを使用したことがあるが使用をやめた」と回答した人も。

「花粉対策メガネの使用をやめた理由」として挙げられたのは、半数以上の53.8%が「フィット感がなかった」「曇りやすかった」など性能に関するものであった。

調査概要

調査対象:花粉症に悩む10〜60代以上男女113名
調査期間:2022年3月
調査方法:対象者へのアンケート、編集部内による検証調査
調査機関:mybest ビューティー・ヘルスチーム関連情報:https://my-best.com/1071

構成/Ara


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。