小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型「iPhone SE」、新型「iPad Air」の進化を発表イベントとともにおさらい

2022.03.12

2022年3月9日(日本時間)、アップルはオンラインで「Apple Event」を開催しました。

かねてより注目されていた新型「iPhone SE(第3世代)」に加え、新型「iPad Air(第5世代)」や、デスクトップPCの「Mac Studio」らが登場。日本時間の深夜に開催されたイベントのため、見逃してしまったという人も多いはず。最新のアップル製品を改めてご確認ください。

「iPhone SE(第3世代)」はホームボタン搭載で5G対応! iPhone 13/13 Proには新色も登場

iPhoneシリーズでは比較的安価で購入しやすいため、登場して以来売れ続けている「iPhone SE」シリーズは、新たに「iPhone SE(第3世代)」を発表しました。

デザインは前モデルとなる「iPhone SE(第2世代)」を継承。ホームボタンやTouch ID(指紋認証)が採用され、〝iPhoneで唯一のホームボタン搭載モデル〟は健在です。

ディスプレイサイズは4.7インチと前モデルに共通。ただし、前面、背面共にiPhone 13シリーズと同じ、強度の高いガラスが採用されています。また、本体はIP67等級の防水・防塵性能を有しています。

前モデルからの大きな進化ポイントとして挙げられるのは、5G通信への対応でしょう。ホームボタンを搭載したiPhoneとしては、初採用となります。

搭載するCPUは「A15 Bionic」で、iPhone 13シリーズと共通。「iPhone 8」
と比較すると約1.8倍高速になっており、省電力性能も向上しました。また、Qi規格のワイヤレス充電や高速充電にも対応しています。

背面カメラは12MPのシングルレンズで、被写体と背景の色やコントラスト、ノイズの調整を行う「スマートHDR 4」に対応しています。

カラーバリエーションはミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDの3色。ストレージ容量は64GB、128GB、256GBから選択可能で、アップルストアでの販売価格はそれぞれ、5万7800円、6万3800円、7万6800円。2022年3月11日午後10時より予約開始で、3月18日発売となります。

また、iPhone 13/13 Proに新色が追加されました。それぞれ緑を基調としたカラーリングで、iPhone 13は「グリーン」、iPhone 13 Proは「アルパイングリーン」が選べます。

こちらも予約開始が2022年3月11日、3月18日から発売となります。

「M1」チップ搭載でパワフルに進化した「iPad Air(第5世代)」

iPadシリーズからは、新型「iPad Air(第5世代)」が登場。上位モデルとなる「iPad Pro」に続き「M1」チップを搭載しました。

ディスプレイサイズは10.9インチで、輝度は最大500ニト。フロントカメラは12MPの超広角カメラを搭載しました。

フロントカメラが超広角レンズになったことにより、ビデオ通話時に被写体を自動的に画角の中央に収める「センターフレーム」機能にも対応。充電端子は、従来通りUSB Type-Cを採用。Wi-Fi+Cellularモデルでは、5G通信にも対応しました。

カラーバリエーションはスペースグレイ、ピンク、パープル、ブルー、スターライトの5色。ストレージ容量は64GBと256GBの2通りが用意されています。

販売価格は、64GBモデルのWi-Fiモデルが7万4800円、Wi-Fi+Cellularモデルが9万2800円、256GBモデルのWi-Fiモデルが9万2800円、Wi-Fi+Cellularモデルが11万800円です。

予約開始は2022年3月11日の午後10時、発売は3月18日となっています。

驚異の処理性能と電力効率を持つデスクトップPC「Mac Studio」と外付けモニター「Studio Display」

さらに、最新の「M1 Ultra」チップを搭載したデスクトップPC、「Mac Studio」と、27インチ5Kディスプレイを搭載したモニター、「Studio Display」も注目です。

M1 Ultraチップは、パーソナルコンピュータ用のチップとしては史上最多となる、1140億個のドランジスタで構成されており、20コアCPU、64コアGPU、32コアNeural Engineを内蔵します。

その性能は驚異的で、現在発売されている最も早い16コアのWindowsデスクトップPCよりも、同じ電力量で90%高いパフォーマンスを発揮可能で、ピーク時のパフォーマンスを100ワット少ない電力で達成するとされています。

このM1 Ultraチップを搭載したデスクトップPCとして登場するのが「Mac Studio」です。本製品は、「M1 Max」チップ搭載モデルも用意されています。

M1 Ultra搭載モデルは、標準のメモリ容量が64GB、オプションで128GBを選択可能。ストレージ容量は1TB、2TB、4TB、8TBから選択可能です。M1 Max搭載モデルの場合、標準メモリ容量が32GBで、64GBの選択が可能。ストレージ容量は512GB、1TB、2TB、4TB、8TBとなっています。

インターフェースは、本体前面にUSB Type-C(M1 UltraはThunderbolt 4)×2、SDXCカードスロット、本体背面にUSB Type-C(Thunderbolt 4)×4、USB Type-A×2、HDMIポート、Ethernetポート(LANポート)、3.5mmイヤホンジャックらとなっています。

販売価格は、M1 Ultra搭載モデルが49万9800円から、M1 Max搭載モデルが24万9800円からとなります。執筆時点(2022年3月9日)で予約受付中となっており、3月18日発売となります。

PC関連製品として発表されたのが、「Studio Display」です。A13 Bionicチップ搭載5K対応の27インチRetiinaディスプレイとなります。

本体にはアルミニウム素材が採用されており、薄型のシンプルなデザインが特徴。スタンドは最大30度まで角度調節が可能で、ディスプレイを90度回転させて、縦向きに表示することもできます。

ディスプレイ輝度は最大600ニトとなっており、P3の広色域、10億色以上の表現が可能です。

前面上部には12MPの超広角カメラを搭載しており、センターフレーム機能も利用可能。4つのウーファーと2つのツィーターからなる6スピーカーシステムは、ドルビーアトモス対応です。3マイクアレイでクリアな通話と音声録音が可能になります。

本体には3つのUSB Type-CポートとUSB Type-C(Thunderbolt 3)×1が備えられており、ケーブル1本でMacシリーズとの接続が可能。また、96ワットの給電も可能となっています。

販売価格は標準ガラス搭載モデルが19万9800円から、より映り込みを抑制し、高画質になる「Nano-textureガラス」搭載モデルが24万2800円から。こちらも執筆時点(2022年3月9日)時点で予約受付を開始しており、3月18日に発売となります。

https://www.apple.com/jp/

取材・文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。