小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「本当に良い投資」とは?自分にとって最適なお金の増やし方を見つけるヒント

2022.03.25

投資を知るには「走りながら考える」スタンスが効果的

そろそろ真剣に資産運用について考えなければならないと思っている。

証券会社のセミナーなどにも足を運んでいるものの、結局どの金融商品をやればいいのか、さっぱりわからない。

あなたの人生に最適なお金の増やし方が見つかる 投資図鑑」(内藤忍著、SBクリエイティブ発刊、定価1650円)は、この「で、結局どの金融商品をやればいいの?」の悩みに答えてくれる一冊だと言う。

今回は著者の内藤先生に「本当にやるべき投資」と「やらなくても良い投資」について、文章でインタビューをお願いした。先生!よろしくお願いします!

――内藤先生、まずすごく基本的なことから教えていただきたいのですが、貯金もあまりないビジネスパーソンでもやっぱり資産運用はきっちりした方がよいのでしょうか?

内藤先生 はい、資産運用は年齢や保有資産金額に関係なく、誰でも今すぐ始めるべきです。むしろ、若くて貯蓄の少ない人ほど、少額の積み立てでも良いので、まずはやってみることです。

ネット証券に口座開設し、投資信託を1万円でも良いから買ってみることから始めましょう。興味が出てきたら、投資をしながら自分に合ったやり方を少しずつ探していけば良いのです。「走りながら考える」というスタンスでいきましょう!

また、NISAやiDeCoといった税制優遇の仕組みも活用すれば、更に将来のお金の不安を解消するのに役立ちます。

「成功の確率の高い投資」が「良い投資」

――この本では「良い投資」という言葉がよく出てきます。何となく意味はわかるのですが、具体的にどんな投資が「良い投資」なのでしょうか?

内藤先生 良い投資とは「成功の確率の高い投資」のことです。全ての投資にはリスクがありますから絶対はありません。その中から、リスクの割にリターンが大きい。つまり勝つ可能性のあるものを選び、長期間続けていく。これが良い投資です。良い投資を続けていると、資産が増えていくことを実感できるでしょう。

逆に、リスクが高いのにリターンが低い投資は良い投資とは言えません。このような投資は避けるべきです。

――なるほど。自分みたいに金融に詳しくない人間からすると、投資って全体的にどこか怖い感じでした。

内藤先生 失敗をするのは誰でも怖いし嫌なことなので、投資をしないで預金だけした方が安心だと感じるかもしれません。でも、円の預金のような元本保証商品には「リスクを取らないリスク」があります。

将来インフレや円安になると、円の預金だけを保有している日本人が一番損をするのです。投資をしない方が、私にはリスクが高く、むしろ怖い気がします。

それぞれのレベルに合わせて分かりやすい解説

――意識を変えることが重要ですね!この本はイラストがたくさん入っていて、とても分かりやすく解説されています。まさに投資の「図鑑」というイメージですが、この中で一番読んで欲しい内容はどの章ですか?その理由もできれば教えてください。

内藤先生 はい、投資初心者・未経験者の方には、まず投資の基本を書いた第1章から読んでみて欲しいです。また第5章にはパターン別の具体的な投資方法をまとめていますので、そちらもすぐに役立つと思います。

投資経験者・中上級者の方には、他の本にはなかなか書いていないユニークな投資対象を解説した、第4章を中心にぜひ読んで欲しいです。

――最後にこれから投資を始める人にアドバイスをお願いします。

内藤先生 投資とは、単にお金を増やすことが目的ではなく、自分の人生の夢や目標を実現するために必要なお金を手に入れる「手段」です。

自分が働いて稼ぐだけではなく、お金にも働いてもらう正しい方法を身に付ければ、人生を豊かにできる可能性を高めることができます。少額でも良いので一日も早く、まずは始めてみてください。

――ありがとうございました!

内藤先生は投資家として、ありとあらゆる投資を試してきた。この本も、そうした実体験に基づいた言葉がちりばめられていて、とても説得力があった。先生のアドバイスを基に、自分に合った投資を少しずつ実行してみたいと思っている。

著者紹介

内藤忍(ないとうしのぶ)

株式会社 資産デザイン研究所 代表取締役社長

一般社団法人 海外資産運用教育協会 理事長

1964年生まれ。東京大学経済学部卒、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント(MBA)卒。金融機関を経て、1999年にマネックス証券株式会社の創業に参加。株式会社マネックス・ユニバーシティなど、グループ会社の代表取締役などを歴任後、2013年1月より現職。

早稲田大学オープンカレッジ、明治大学丸の内朝大学リバティアカデミーなどで講師を務め、雑誌、ネットでの連載コラムを担当。「内藤忍の資産設計塾」シリーズなど著作は40冊を超える。

毎週金曜日配信の「資産デザイン研究所メール」は、配信数4万9000通を超える人気。 内藤忍の公式ブログ「SHINOBY'S WORLD」も毎日更新中。
「あなたの人生に最適なお金の増やし方が見つかる 投資図鑑」

文/柿川鮎子

編集/inox.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。