小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

就活生の4割が利用している「履歴動画」の効果

2022.03.09

コロナ禍での就活も今年で3度目。2020年当時は混沌としていた状況だったが、現在では環境整備とノウハウの確立が進んでいる。そんな中で、動画を用いた就活も主流となりつつあるようだ。

株式会社ベクトルではこのほど、200 名の就活生および 200 名の新卒採用業務担当人事を対象に「履歴動画に関する調査」を実施した。

38%が就職活動において、履歴動画や自己PR動画を利用(予定)したことがあると回答

Q1.「あなたは、就職活動においてこれまでに履歴書・ESだけではなく履歴動画・自己PR動画を利用したことはありますか。(n=200)」と質問したところ、16.0%が「利用した経験がある」、22.0%が「利用した経験はないが、今後利用する予定である」と回答した。

履歴動画や自己PR動画を利用したことがないと回答したうちの3人に1人が、今後の就職活動で利用してみたいと回答

Q2.「前問で、履歴動画・自己PR動画を「利用したことがない」「知らなかった」と回答した方に伺います。今後の就職活動で利用したいと思いますか。(n=124)」と質問したところ、4.0%が「そう思う」、27.4%が「どちらかと言えばそう思う」と回答した。

7割以上の就活生が、履歴書やESの文面のみでは自身の個性を出しづらいと回答

Q3.「就職活動において、あなたは履歴書・ESの文面上のみでは個性を出しづらいと感じることはありますか。(n=200)」と質問したところ、20.5%が「感じることがある」、52.5%が「やや感じることがある」と回答した。

6割以上の就活生が、履歴書と比べ履歴動画のほうが魅力や自分らしさを表現できると回答

Q4.「あなたは、履歴書と履歴動画・自己PR動画では履歴動画・自己PR動画の方が個性や魅力・自分らしさを表現できると思いますか。(n=200)」と質問したところ、13.5%が「そう思う」、51.5%が「どちらかと言えばそう思う」と回答した。

参加したい企業説明会の理想の件数と現状参加した件数では約10件のギャップがあることが判明

Q5.「就活においてあなたは何件ほど企業の説明会に参加したいと考えていますか。理想の件数と現状参加できている件数をお答えください。(n=200)」と質問したところ、理想は34.5%が「1件以上10件未満」、30.5%が「10件以上20件未満」、13.5%が「20件以上30件未満」、8.5%が「30件以上40件未満」、0.5%が「40件以上50件未満」、7.5%が「50件以上」と回答し、平均は16件という結果になった。

一方、現状は60.5%が「1件以上10件未満」、14.0%が「10件以上20件未満」、5.0%が「20件以上30件未満」、2.0%が「30件以上40件未満」、0.5%が「40件以上50件未満」、1.0%が「50件以上」と回答し、平均は5.6件という結果になった。

オンラインにて説明会を視聴することにより、オフライン参加時にかかる交通費2,800円/件が削減できることが判明

Q6.「あなたは、会場や企業で実施する企業説明会に参加する際に、1回あたり平均どれくらいの交通費と移動時間(往復)を要しますか。お分かりの範囲でお答えください。(n=200)」と質問したところ、4.5%が「300円以上500円以下」、17.0%が「500円以上1000円以下」、37.5%が「1000円以上3000円以下」、6.0%が「3000円以上5000円以下」、6.0%が「5000円以上1万円以下」、7.0%が「1万円以上」と回答し、平均は平均2,800円(小数点以下四捨五入)という結果になった。

オンラインにて説明会を視聴することにより、オフライン参加時にかかる移動時間2.3時間/件が削減できることが判明

Q7.「あなたは、会場や企業で実施する企業説明会に参加する際に、1回あたり平均どれくらいの交通費と移動時間(往復)を要しますか。お分かりの範囲でお答えください。(n=200)」と質問したところ、が「1時間未満」、が「1時間以上3時間未満」、が「3時間以上5時間未満」、が「5時間以上7時間未満7時間以上」と回答し、平均は2.3時間という結果になった。

7割以上の企業が、動画やオンラインでの就活生向け説明会を実施したことがあると回答

Q1.「あなたの企業では、就活生向けの説明会について、会場・オフィス実施ではなく動画・オンラインでの説明会を実施したことはありますか。(n=200)」と質問したところ、54.0%が「実施したことがある」、17.5%が「実施したことはないが、検討している」と回答した。

8割以上の企業が、書類選考後初めて面接した際にミスマッチだと感じた経験があると回答

Q2.「あなたはこれまで採用面接において、履歴書・ES上ではマッチしていると思ったものの、実際に面接をした時にミスマッチだと感じたことはありますか。(n=200)」と質問したところ、39.5%が「感じたことがある」、42.5%が「やや感じたことがある」と回答した。

7割以上の企業が、履歴動画や自己PR動画を新卒採用にまだ取り入れておらず、そのうちの半数以上が今後取り入れてみたいと回答

Q3.「あなたの企業では、新卒採用において履歴書・ESだけでなく履歴動画・自己PR動画を導入したことはありますか。(n=200)」と質問したところ、15.5%が「導入したことがある」、11.5%が「導入したことはないが、導入予定である」と回答した。また、38.5%が「導入したことはないが、導入してみたい」と回答。これは未導入企業の53%が今後の導入意向があると言える。

7割以上の企業が、書類よりも動画のほうが応募者の個性や魅力を理解しやすいと回答

Q4.「履歴動画・自己PR動画と履歴書・ESを比べ、自社とのマッチ度がより高い応募者と出会えると感じるのはどちらですか。また、応募者の個性・魅力を理解しやすいと感じるのは履歴動画・自己PR動画と履歴書・ESのどちらですか。(n=200)」と質問したところ、マッチ度が高いのは、33.5%が「履歴動画・自己PR動画」、30.0%が「どちらかといえば履歴動画・自己PR動画」と回答した。

また、応募者の魅力を理解しやすいのは、35.0%が「履歴動画・自己PR動画」、37.0%が「どちらかといえば履歴動画・自己PR動画」と回答した。

オンラインで企業説明会をする場合、必要コストや所要時間がオフラインで開催した場合と比較すると約半数になることが判明

Q5.「あなたの企業では、就活生向けの企業説明会を動画・オンラインで実施する場合と、会場・オフィス等のオフラインで実施する場合、それぞれ準備の時間も含め説明会終了まで1回あたり平均どれくらいの時間とコストを要しますか。また、企業説明会は年間で何回実施しますか。(n=200)」と質問したところ、オンラインでの実施時間は51.5%が「1時間以上5時間未満」、8.0%が「5時間以上10時間未満」、6.0%が「10時間以上15時間未満」、0.5%が「15時間以上20時間未満」、11.0%が「20時間以上」と回答し平均が6.3時間という結果になった。

オフラインでの実施時間は52.0%が「1時間以上5時間未満」、7.5%が「5時間以上10時間未満」、6.5%が「10時間以上15時間未満」、3.0%が「15時間以上20時間未満」、10.5%が「20時間以上」と回答し平均が11.7時間という結果になった。

また、オンラインでの実施コストは62.0%が「1万円未満」、12.5%が「1万円以上5万円未満」、10.0%が「5万円以上10万円未満」、10.0が「10万円以上30万円未満」、1.0%が「30万円以上50万円未満」、4.0%が「50万円以上」と回答し平均が121,486円(小数点以下四捨五入)という結果になった。

オフラインでの実施コストは54.5%が「1万円未満」、12.5%が「1万円以上5万円未満」、9.5%が「5万円以上10万円未満」、11.5%が「10万円以上30万円未満」、6.5%が「30万円以上50万円未満」、4.5%が「50万円以上」と回答し平均が209,612円(小数点以下四捨五入)という結果になった。

さらに、オンラインでの実施回数(年間)は50.5%が「1回以上10回未満」、13.5%が「10回以上20回未満」、6.0%が「20回以上30回未満」、2.0%が「30回以上50回未満」、3.0%が「50回以上」回答し平均が8.9回という結果になり、オフラインでの実施回数(年間)は61.5%が「1回以上10回未満」、13.5%が「10回以上20回未満」、3.0%が「20回以上30回未満」、0.5%が「30回以上50回未満」、1.0%が「50回以上」回答し平均が4.5回という結果になった。

<調査概要>
調査名:履歴動画に関する調査
日時:2022-2-5~2022-2-7
性別:男女
年齢:20~60代
地域:全国
その他:就活生(200ss),新卒採用業務を担当している人事(200ss)
サンプル数:400ss

出典元:株式会社ベクトル

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。