小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ウクライナ問題が金融市場や個人投資家に与えている影響

2022.03.05

ウクライナ問題が市場に与える影響について@DIMEから関連記事をピックアップしました。

ウクライナ問題が市場に与える影響

ウクライナ情勢による通貨の変動で個人投資家の収支はどう変化した?

外為どっとコム総研は、個人投資家の外為投資に役立つ外国為替情報の調査・研究を行なっており、FX投資家の実態を調査した。 金融先物取引業協会が15日公表した資料によると、2022年1月の店頭FX取引金額は506兆円と対前月比108.6%と好調。ポジション(建玉)計も8兆円の大台を2カ月ぶりに回復し、世界的な新型コロナウイルス感染拡大が始まった2020年3月以後の高水準を維持している。

【参考】https://dime.jp/genre/1327857/

緊迫するウクライナ情勢、米国株式市場はどう動く?

2月24日、ロシアによるウクライナへの本格的な軍事侵攻が始まった。これにより、先週の米国金融市場は波乱の展開となる。 24日の米国株式市場は前日比プラスで引けたものの、NYダウは一時800ドル超の下落に見舞われた。WTI原油先物は14年7月以来の1バレル100ドルを一時突破し、10年国債利回りは一時1.84%まで低下。続く25日は過度の懸念がひとまず後退し、米国株式市場は続伸した。しかし、週末にかけてロシアとウクライナの交戦は激しさを増している。

【参考】https://dime.jp/genre/1330031/

ロシアのウクライナ侵攻が今後、世界金融市場に与える影響

国際秩序の根底を揺るがす、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻。この一大事に際し、世界の金融市場はどれほどの影響を受けたのだろうか?また、ロシア側の狙いがみえてきたことは、相場の観点においてどんな材料となるのだろうか。 そんな「相場の観点から考えるウクライナ情勢」に関するマーケットレポートがこのほど、三井住友DSアセットマネジメントにより公開された。詳細は以下の通り。

【参考】https://dime.jp/genre/1329092/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。