小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

飲酒に関する罰則を強化したベトナムでヒットしている飲み物とは?

2022.03.07

アルコール被害防止法施行にともない、ノンアルコールビールに注目が集まる

ベトナムでは以前から輸入のノンアルコールビールはあったが、価格が国産のビールに比べて高く、あまり流通していなかった。

2014年に「サイゴンビンタイビール」よりベトナム初となるアルコール0.5%のノンアルコールビールが350ml14,000vnd(約55円)で発売されたが、認知度や知名度も低く、スーパーやコンビニで見かけることも少なかった。

しかし2020年1月に飲酒運転や職務前、職務中の飲酒に対して厳しい罰則を設け、ゴールデンタイムのアルコール飲料のCMも禁止する「アルコール被害防止法」が施行されると、ノンアルコールビールに注目が集まるようになった。

2020年には、ハイネケンから「ハイネケン0.0」(1本18,000vnd/約90円)、サントリーペプシコから「オールフリー」(6本パック69,000vnd/350円)などのノンアルコールビールが発売され、レストランやコンビニ、スーパーなどで手軽に購入できるようになった。

海外のノンアルコールビールも増えており、ノンアルコールビールの選択肢が増えている。

ビールに比べて低カロリー、健康上の問題も少ないことが魅力

世界的にビール離れが進む中、ベトナムでは2019年までは製造量、消費量ともに右肩上がりで伸び続けていた。

そんなベトナムでも、アルコール被害防止法が施行されると、ビールの消費量が低下。

ビールをはじめとしたアルコール飲料の規制が厳しくなったことを受け、ノンアルコールビールへの注目と需要が必然的に高まったといえるだろう。

ノンアルコールビールは、場面を選ばず飲めるだけではなく、ビールに比べカロリーが低いことや、健康上の問題がないことを各社が売りにしており、今後さらに売り上げが伸びると予想されている。

参考記事:https://tnc-trend.jp/vietnam73/

アジア各国のトレンドを紹介するサイト「TNC アジアトレンドラボ」(http://tnc-trend.jp/)からリアルな「今」のアジア情報を発信!

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。