小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

災害にも強い!太陽光エネルギーを使ってCO2と光熱費を削減するパナソニックのヒートポンプ給湯機「おひさまエコキュート」

2022.03.06

東京電力エナジーパートナーの「くらし上手」に対応

近年の再生可能エネルギーの導入拡大と、地球環境に配慮したカーボンニュートラルを軸とするビジネスモデルへの変革を背景に、東京電力エナジーパートナーは新しい電気料金プラン「くらし上手」を2022年2月から開始した。

これを受けてパナソニックでは、東京電力エナジーパートナー管内で太陽光発電を利用するユーザー向けに、「おひさまエコキュート(※1)」2品番を2022年4月20日に発売する。

今回発売する新製品は、この新しい料金プラン「くらし上手」に対応。おもに昼間の太陽光エネルギーを使って沸き上げを行い、電力の自家消費を促進。

これによりCO2排出量を削減、給湯光熱費も抑えるという、環境と家計にやさしいヒートポンプ給湯機だ。

「おひさまエコキュート」は太陽光発電を行わない天候の悪い日も、昼間の沸き上げ時間帯に沸き上げを行なう

夜間にお湯を沸き上げるヒートポンプ給湯機とは異なり、おもに昼間に太陽光エネルギーを使ってお湯を沸き上げる。

天候の悪い日も昼間に沸き上げるが、東京電力エナジーパートナー専用新電気料金プラン「くらし上手」と組み合わせることで、どの時間帯も同じ料金で利用できることが特徴の一つ。

太陽光発電のエネルギーを有効活用して自家消費を促進し、同社ではCO2排出量を約48%削減、給湯光熱費を約24%抑えられると説明している。

 

災害時に活用できる各種機能も搭載

操作面では、壁付けのリモコン(台所リモコン)に無線LANを搭載することで、自宅にインターネット環境さえあれば専用スマートフォンアプリ(※2)から操作が可能。

左/台所リモコン、右/浴室リモコン

外出先や自宅のどこからでも各種操作ができるため、帰宅前のお湯はりや、入浴前の自室からの追いだきなどの操作ができる。

その他にもタンク内の残湯量や、操作がわからない時のQ&Aの確認、エラー発生時の詳細通知などの機能を装備。

また、スマートフォンアプリとの連携により、あらかじめ選択しておいた大雨、大雪、暴風などの災害警報・注意報が発令されている間、タンク内が常にお湯で満水になるよう、自動でお湯の沸き上げを続ける機能も備える。

これにより、停電時にお湯が使えるだけでなく、断水時も非常用取水栓で湯水を取り出すこともでき、生活用水の確保できる。

また、「エマージェンシー沸き上げ(※3)」が開始されると、スマートフォンアプリにプッシュ通知で知らせてくれるため、災害情報の認知にも役立つ。

製品概要

品名:太陽光自家消費促進型 自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機
クラス:ミドルクラス
シリーズ:Yシリーズ
給湯タイプ:フルオート
システム品番、希望小売税込価格(工事費別):HE-Y46KQV、904,200円(税込)
HE-Y37KQV、819,500円(税込)
リモコン、希望小売税込価格(工事費別):HE-YQWKW、56,100円(税込)
発売日:2022年4月20日

※1:「パナソニックおひさまエコキュート」は、東京電力エナジーパートナーと(一財)電力中央研究所との共同開発商品。
※2:使用にはスマートフォン、インターネット回線、外部接続機器(市販のルーター)、ユーザーによる設定が必要。
※3:2022年7月からサービス開始予定。

関連情報:https://sumai.panasonic.jp/hp/

構成/Ara

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。