小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

転倒時にふたを自動ロック!7つの安心・安全構造を備えたタイガーの蒸気レス電気ケトル「PTQ-A100」

2022.03.06

タイガー魔法瓶は、電気ケトルの新製品として、「タイガー蒸気レス電気ケトル<7SAFE+(セブンセーフプラス)> PTQ-A100」を3月21日に発売する。価格はオープン。予想実勢価格は15,800円前後。

カラーはオニキスブラック、ルビーレッド、スレートグレーの3色を用意する。

本体が傾いたり倒れても、ふたが開かない安全機構を搭載

同社の電気ケトルは、「転倒お湯漏れ防止」「給湯ロックボタン」「本体二重構造」「カラだき防止」「通電自動オフ」の5つの安心・安全構造を搭載した<5SAFE+(ファイブセーフプラス)>と、それに「蒸気レス」を加えた6つの安心・安全構造を搭載した<6SAFE+(シックスセーフプラス)>をラインアップしている。

今回登場する新製品「PTQ-A100」は、上記の6つの安心・安全構造に加えて、新たに開発された「傾斜ふたロック」を搭載。

この「傾斜ふたロック」とは、万一、本体が傾いたり、倒れた場合には、ふた内部の傾斜検知ユニット内のセーフティーボールが働き、ふたが開かないようにロックがかかるというもの。

これを搭載したことで、「PTQ-A100」は7つの安心・安全構造を装備した<7SAFE+>として登場することになった。

タイガーの電気ケトルとして初めて温度調節機能も装備

また、同社電気ケトル初の温度調節機能を搭載したことも「PTQ-A100」の特徴のひとつ。とっ手のダイヤル温調スイッチを回すことにより、50から100まで6段階に温度を調節できるので、例えば、50は玉露、90はコーヒーのように、適切な温度で飲み物を楽しむことができるのだ。

さらに、電気ケトル容器の中からふた内部、さらに注ぎ口までのお湯の経路を斜めに設計したことで、手首を大きく返すことなく、少しの傾きで楽に注ぐことができるのもうれしいポイント。

加えて、注ぎ口に設計をしたリブ(凹凸)と溝により細くなめらかな水流も実現しており、コーヒーのドリップもスムーズに行なうことができる。

そのほか主な仕様は、定格容量が1L。沸とう時間はカップ一杯分が約45秒、満水が5分。本体サイズは約15.4×26.4×21.2cm、質量は約1.1kg。電源コード長は約1.3m。

関連情報
https://www.tiger.jp/feature/kettle/

構成/立原尚子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。