PETomorrow ペットゥモロー

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

濡れた子犬や子猫を優しくブローするHomerunpetの全自動ドライヤーハウス「Drybo Plus」

2022.03.03

夏は送風、冬は温風で快適に過ごせるドライヤーハウス

巣ごもり需要増加に伴い、新規でペットを飼う世帯が増えているという。そんなペットは飼い主に癒しをあたえてくれる一方で、意外な問題も生じている。

その一つがドライヤー。飼い主の中にはペットのドライヤーに苦労している人も少なくなく、また、ペット自身もドライヤーの大きな音や強く熱い風が負担となっていると言われているからだ。

そうした問題を解決するため「Homerunpet(ホームランペット)」は、優しく、静かにペットを乾かすドライヤーハウス「Drybo Plus(ドライボ プラス)」の先行予約販売をMakuakeで開始した。期間は2022年4月28日(木)まで。

この「Drybo Plus」とは、濡れたペットを、心地よい風で優しく静かにブローすることのできる、全自動のドライヤーハウスだ。寒いときには温風で暖かく、暑いときには送風で心地よく、そのまま寝てしまうほどの快適さで、普段はハウスとして寛ぐこともできる。

ペットはもちろん、飼い主にとっても大変だったドライヤー時間をリラックスして過ごすこができるようになるアイテムだ。

空気抵抗を最大限に抑えることで、流れる風とモーターのノイズを低減した。音量(デシベル)は、「図書館の館内」や「博物館の館内」と同等の40db以下~60db程度。

床から優しく吹き上がる風が体全体を包み込み、全身をムラなく均一に乾かすことができる。ヘアドライヤーのような集中加熱ではないので、体への当たりが柔らかく、やけどの心配や風邪の原因になる乾き残りもない。

6重の安全装置が危険な兆候を1秒間に10回監視

センサーやヒューズなど6重の安全装置が、ブロー中の過熱のほか、潜在的な危険の兆候を1秒間に10回監視し、製品の故障などによる危険や電気的な不安からペットを守る。

お風呂上がりのたびに、ドライヤーが苦手なペットと大格闘している人はぜひとも導入を検討してみてほしい。

製品概要

製品名:Drybo Plus
モデル:PD50
外形寸法:幅437×奥行き467×高さ436mm
内径寸法:幅347×奥行き413×高さ359mm
重量:8.8kg(梱包時10.8kg)
消費電力:700W
容量:50L
推奨環境: 5℃-35℃
運転音: 40-60db(ドライヤー使用時)
プロジェクト期間 : 2022年2月28日(月)~2022年4月28日(木)

推奨サイズ
・体重9.5kgまでの大型猫(メインクーン、ブリティッシュショートヘアなど)1匹
・体重が平均5.4kgの猫/犬なら2匹まで可能
・体重8.0kgまでの小型犬1匹

関連情報:https://www.makuake.com/project/drybo_plus/

構成/Ara

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。