小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

財布を買う時にみんながこだわっているポイントTOP3、3位耐久性、2位デザイン、1位は?

2022.03.02

ここ数年で急速に進展したキャッシュレス決済。レジでお財布を出して小銭を探す…という場面は少なくなってきた。

お金をめぐる環境が大きく変化するなか、外出の必需品である「財布」に対する意識も変わってきているのだろうか。そこでプラネットは、財布に関する意識調査を実施。その結果を紹介しよう。

高齢男性は財布を複数個持ち歩く傾向

まずは、外出時に持ち歩く財布の数をきいてみた(図表1)。その結果、「1つ」が80.1%、「複数個」17.4%と、合わせて97.5%の人が財布を持って外出していると回答。

キャッシュレス化が進んだとはいえ、現金決済のみのお店もまだ多いことから、財布はやはり外出時必携のアイテムのようだ。

「1つ」が主流のなか、複数の財布を持ち歩く人の比率をみると、男性20.5%に対し女性は14.4%と男性のほうが“複数派”が多い結果に。

男女とも年代が上がるほどに“複数派”の比率が高まる傾向があり、特に男性は50代から急増し、70代以上では3割近くに。片や女性は、70代以上でも2割にとどまり、男女間で差がみられる。

また「財布は持たない」は女性が各年代で1%台前半であるのに対し、男性は2%台後半~4%と女性より高値に。男性の場合、小銭はポケットに直接入れている人もいそう。

主に利用する決済方法別では、財布の個数にあまり差がないのは意外。“キャッシュレス決済がメイン”の人でも「財布は持たない」は3.2%にとどまり、“完全キャッシュレス”に移行するのは現段階では難しいのだろう。

財布を複数個持ち歩く理由もきいたところ(図表2)、「紙幣と小銭を分けたいから」が4分の3と最多となり、特に男性は88.0%と女性より31.9ポイントも高値に。

「用途別にお金を分けたい」では逆に女性が26.2ポイント上回るが、これは女性の方が家計を管理するケースが多いことを反映しているのかもしれない。

3位の「お金とカードを分けたいから」19.6%は男女差は4.3ポイントに拮抗。“小売店のポイントカードなども増えがちなので、お金と分けて管理したい”と考えるのは男女共通のようだ。

“皮革系”素材が人気、男女間で好みの形には差が

一口に“財布”と言っても、その素材や形状、色はさまざま。そこで、メインの財布として、どんなもの使っているかを探ってみた。

まず素材では(図表3)、最多は43.5%の「合成皮革」、これに42.2%と僅差で「天然皮革」が続き、両者合計で85.7%と皮革系が圧倒的人気に。

年代別では(図表非掲示)、若年層は「合成皮革」が優位だが、50代以降になると「天然皮革」が上回るようになり、年齢が上がるほど“本物志向”の人が増えるのではないだろうか。また「合成繊維」「天然繊維」の繊維系は11.6%にとどまった。

財布の形では(図表4)、「長財布」50.0%、「2つ折り」40.4%がツートップに。性別だと、男性56.6%が「二つ折り」、女性65.2%が「長財布」と男女差が鮮明に現れた。

詳しく見ると、男性は20代では両者が拮抗しているのが、年代が上がるほど「2つ折り」が優勢に。一方で女性では一貫して「長財布」が20ポイント以上上回り、年代を問わず“長財布派”が多数を占めた。

また最近流行の「3つ折り」や「ミニ財布」といったコンパクト型の財布は合計で6.5%だが、男性20代や女性30代以下とでは1割強と、男女とも若年層で一定の支持を集めた。女性は小さめのバッグを持つ人が多いことも背景にありそうだ。

男性の半数は“黒系”を選ぶ、女性は多様な色を楽しむ

ほぼ毎日持ち歩く財布だからこそ“色”にこだわる、という人もいるだろう。そこで、使っている財布の色をたずねた結果が図表5。

スタンダードな「黒系」「茶系」がトップ2となったが、両者に17.4ポイントもの大差がついたのは意外。

「黒系」は男性で20代を除く全世代が5割超、70代以上では64.8%もの高値になったが、女性は全年代で3割以下にとどまった。

「茶系」は男性60代以上で3割前後の支持を集めた一方で、女性30代以下では2割を切るなど、女性は総じて低位に。

「黒系」に次ぎ女性の2位は「ピンク系」で、若年層を中心に幅広い支持を集めた。「青系」も男性以上に女性が高率になるなど、全般に、男性は無難な色に集中、片や女性はさまざまな色を楽しんでいることがわかる。

風水などで金運アップの色と言われる「緑系」「黄色系」はともに4%台、また“赤字”につながると避ける人もいる「赤系」は5.3%という結果に。言い伝えや迷信は気にせず、好きな色の財布を持つ人も少なくないようだ。

こだわるのは、“お金”より“カード”の収納力

次に、財布を購入する際にこだわる点を聞いてみた(図表6)。

49.8%と半数の人が挙げたのが「お金の出し入れのしやすさ」。“もたつくことなく、スムーズに会計を済ませたい”と感じる場面が多いことを反映しているのだろう。

これに、「デザイン」40.9%、「長く使える」38.6%、「色」37.8%が続いた。キャッシュレス決済の浸透を受けてか、「紙幣の収納力」「小銭の収納力」はともに2割以下となった一方で、「クレジットカードの収納力」「クレジットカード以外のカードの収納力」がともに36%台にのぼるのは興味深いところ。

今や、お金よりカードの収納力を重視して財布を選ぶ時代になったのではないだろうか。

性年代別にみると、「お金の出し入れのしやすさ」は男性が40代と70代以上を除く全年代で30%台にとどまるが、女性では年代が上がるほどに高くなり、40代以上では6割超に。

「小分けのしやすさ」も同様の傾向が見られることから、壮年以上の女性は“お金の出し入れ”や“中身の整理”のしやすさを重視する傾向があるようだ。

また性年代別の1位をみると、男性50代以下は「長く使える」、女性30代以下では「デザイン」に。さらに女性20代では「色」が2位であることから、若年層では男性は耐久性、女性は見た目や好みを重視して財布を選ぶ傾向がある、と言えそうだ。

30代女性が最も財布にお金をかけている!?

“毎日持ち歩くものだから、ある程度値段が張っても良いものを長く持ちたい”、はたまた“手ごろな値段のものを短いサイクルで買い替えて気分転換”…財布に対する考え方は人それぞれ。

こうした傾向をみる意味から、財布にかける予算の上限を聞いてみた(図表7)。最多は「5,000円未満」26.2%、これに「5,000円~1万円未満」20.1%が続き、半数近くの人が「1万円未満」を上限と回答。

これを男女別に見ると、男性54.8%・女性38.0%と16ポイント以上の差があった。一方で、「5万円以上」(「5万円~10万円未満」+「10万円以上」)と回答した人も1割超にのぼり、特に女性30代では21.6%と突出。“自分へのご褒美”でハイブランドの財布を買う人が多いのかもしれない。

月間のお小遣い額別に見てみると、金額が大きいほどに財布の予算額も多い傾向があるのは納得がいく結果だ。とはいえ、月間お小遣い額が“10万円以上”の人で「1万~4万円台」35.7%、「5万円以上」34.8%と差がないというのも、興味深いところ。

個性が現れる財布、“思い出の品”という側面も…

最後に、財布へのこだわりやエピソード、思い出などを自由に書いてもらった。革のエイジングを楽しんでいる人、財布をハンドメイドしている人など、様々な声が寄せられた。

よく言われる“金運アップ術”も、黄色やゴールドといった財布の色や、“一粒万倍日”などの吉日に財布を買う・使い始める以外にも、多くのものがあるようだ。

記念日や人生の節目の“定番のプレゼント”として、もらったり、あげたりすることも多い財布は、思い出がつまったアイテムでもある。

キャッシュレス化が進むと、財布を持たない日がいつか来るのかもしれないが、“思い出の品”として愛着のある財布は大切に持ち続けることにつながるだろう。

《 財布へのこだわり、財布の思い出 》

【色・形…財布のこだわり、私のポリシー】

● キャッシュレスの時代にしてはちょっと厚い財布だけど気に入っていて、定期的にレザー用クリームでメンテナンスを行っている。(男性・50代)
● 内側のみ購入して、レザークラフトで自作する。小銭入れも然り。(男性・50代)
● 今使っているのは、表面は黒だが内側は鮮やかなオレンジ。本当はきれいな色の財布が好きだが、男性が持てる財布の無難な色はやっぱり黒。せめて内側は明るいオレンジにした。(男性・50代)
● ピンクが好きだが、大人になり大きなアイテムで取り入れることに抵抗がある。その点、財布は普段から持ち歩き必要時にしか出さないので、さりげない個性の演出と好きな色を持ち歩けるメリットがある。(女性・20代)
● ブランドには全く興味がないけど、財布だけは人前でお金を出して払うとき恥ずかしくないようなブランドやデザインを選んでいる。
(女性・30代)
● 財布は人柄が出る。レシート、カード、お札…ぐちゃぐちゃに入れて、自慢そうにしている人間は信用できない。(男性・60代)

【購入時期、使い始める前に…金運アップ!?】

● 引っ越して新居に入る前に玄関先から財布を投げ入れると、お金に恵まれるというイギリスの一部に伝わる言い伝えが印象に残っており、実際に引っ越した際に投げ入れました。(男性・50代)
● 財布を買う時は季節に注意。張る(春)財布は良し。空き(秋)財布は駄目。(男性・70代以上)
● 財布は人からプレゼントされた方がよいと聞いたことがあるので、買い替え時だなぁと思った時は母か姉に誕生日プレゼントとして貰うようにしています。(女性・40代)
● 金運が上がるのと紙幣が伸ばせる状態が良いとの観点から、ゴールド系の長財布を使用している。(男性・40代)

【財布の思い出】

● 娘が初めてプレゼントしてくれた黒の革財布は、絶対に捨てられません。私が購入するモノより、ずっと高価なお財布!!嬉しくて感動、感謝の念を抱きました。私のタカラモノ。(女性・60代)
● 皮革職人だった祖父が作ってくれた蛇革の財布を、今でも大事に保管して、時々使っている。(男性・50代)
● 就職のお祝いに両親に買ってもらったライラック色の財布の美しい色は今でも忘れられません。ブランドの財布を何度も買い替えましたが、あれ程綺麗な色の財布は二度と出会えていません。(女性・50代)
● 昨年亡くなった父からの最期のプレゼントになった財布。ずっと使えるものを買えばいいよと。いつも一緒にいるような気がしています。
(女性・40代)
● ずっと財布を買ってくれていた孫娘が、遠くに就職してなかなか会えないけど、財布を見ては案じている。私と孫娘との思い出の架け橋だ。
(女性・70代以上)

【キャッシュレス化で変わる財布事情】

● ずっと長財布だったが、キャッシュレス時代になりコンパクトなものに買い替えて使っていた。しかしコンパクトすぎてカードが入らず、最近結局新しい長財布を購入した。(女性・40代)
● 昔は財布を持っていましたが、自分は財布を持つことはありません。デビットカードや電子マネーを使うようになり、現金を全く使わなくなったためです。(男性・20代)

調査機関:株式会社プラネットによる調査企画をもとに、株式会社ネオマーケティングにて「財布」に関する意識調査を実施。
期間:2022年1月18日~21日、インターネットで4,000人から回答を得ている。

関連情報:https://www.planet-van.co.jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。