小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本酒業界で新規参入を果たしマイクロ酒蔵を創業、LAGOON BREWERY田中洋介さんが老舗酒造会社からの独立を選んだ理由

2022.02.26

2021年、新潟県福島潟の自然豊かな水辺で、「マイクロ酒蔵」を創業した田中洋介さん。視線の先には、多様で元気な日本酒業界の未来を見据える。新規参入が難しい業界に飛び込んだ挑戦のストーリーと、ビジョンを聞いた。

2011年、東日本大震災の跡、「大好きな日本酒で日本を元気にしたい」と新潟の今代司酒造へ。10年勤務するうち、8年を社長として経営に携わった。2021年、経営が軌道に乗ったこともあり、独立して新たに自分の酒蔵をつくることを決意する。

酒造会社の保護などを理由に、日本酒業界への新規参入が認められない状態が、60年以上も続いていた。老舗酒造会社の社長としては理解しつつ、「新らしい造り手のまったくない状態は、業界にとってよいことなのか?」と疑問をいだいていた。

いっぽうで、日本酒の海外マーケットは拡大しており、外国の酒蔵も増えている。日本でも海外向けに限り新規参入が可能になったことが、田中さんの挑戦のきっかけになった。

規制緩和されてからの動きは速かった。その年のうちに、LAGOON BREWERY初めての酒が完成させる。

田中さんのビジョンは自社の成長にとどまらない。おいしい酒をつくることを大前提に、広い視野で日本酒業界全体の未来を描く。

プレイヤーが多いほど多様性が広がり、産業が活性化するのは確かだろう。たとえば各地で個性的なクラフトビールがうまれているように。

規模が大きい事業に、個人が参入するのは難しい。極小規模であることは、田中さんの挑戦の重要なポイントだ。

「水をたくさん使い、ボイラーで化石燃料を利用する。決して環境負荷の少ない事業ではない」と田中さん。自分たちのためにも、サステナビリティへの取り組みは必須だ。

日本酒は国内向けに販売できないが、「その他の醸造酒」に分類されるどぶろく(にごり酒)などの「SAKE」は3月中旬に出荷予定。海外向けの日本酒も、早ければ3月に輸出が開始する見込みだ。

田中さんは軽やかに創業ストーリーを語るが、道のりは平坦ではなかった。特に、製造免許は資金がなければ取得できない、金融機関は免許がなければお金を貸してくれない、というジレンマに。最終的には金融機関が田中さんを信頼したことで、資金調達が成功。また優秀な杜氏経験者である尾﨑雅博さんもジョインし、酒造りがはじまった。

酒造会社は基本的に老舗ばかりなので、開いたばかりの酒蔵の酒を味わうことは、日本人は長らくできなかった。「本当に蔵の酒ができるまでには数年かかる」と田中さん。その数年が貴重な時間なのだ。

酒造会社では経営者と杜氏が別々であることが多い。受け継がれてきた酒を、従業員である杜氏が大胆に変えることは難しいと、田中さんは考える。責任を持つ経営者が酒造りに携わるからこそ、挑戦ができる。

すべてのビジネスにつながるヒント。前述のように田中さんは、日本酒業界の未来を考え、ひいては消費者の生活を変えようとしている。

長い伝統が受け継がれてきた酒造業界と、造り手に対する敬意、そして日本酒への愛情は、今代司酒造で働きはじめたころから変わらない。

前述のとおり、マイクロ酒蔵の成功モデルをつくるのが当面の目標。ゆくゆくは、熱意を持って独立を目指す人たちに経験を積んでもらい、“町のパン屋さんのように“酒蔵がある世界を目指す。

LAGOON BREWERY

クラウドファンディング

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小に関わらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。