小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

腰が重いほうだと思っている人必読!「考えるより先にフライング気味で動く」ことのメリット

2022.02.25

あなたは「考えるよりに先に動く」タイプだろうか? それとも「熟考してからでないと動けない」タイプだろうか? 人によっては「考えるより先に動く」のさらに上を行く「フライングぎみに動く」という人もいるだろう。

もし、考えているばかりでなかなかスタートできないという悩みを抱えているのなら、ぜひ「考えるより先に動く」「フライングぎみ」の人の考え方を知っておこう。

「考えるより先に動く」ことのメリット

今回は、中小企業診断士でセミナーなどを行う西條由貴男氏に話を聞いた。西條氏は、仕事の差別化戦略として、圧倒的速さで仕事をフライングゲットする「サイレンススズカ戦法(圧倒的スピードでファンの記憶に残った伝説の競走馬)」などの講義も行っている。

まずは、「考えるより先に動く」ことのメリットから知っておこう。

【取材協力】
西條 由貴男氏
合同会社ファインスコープ 代表中小企業診断士
東京都、品川区などの公的機関にて、起業・複業・女性起業家の経営サポートやセミナーを行っている中小企業診断士。書籍は「中小企業診断士のお仕事と正体がよーくわかる本(秀和システム)」など7冊。
https://www.saijoh.com/

「熟考して計画を立案することも大切ですが、ビジネスでは実際に動いてからわかることも多いです。

例えば、初めて自転車に乗るときに、自転車の乗り方の本をいくら読んでも自転車に乗れるようにはならないでしょう。やはり自転車に乗れるようになるには、実際に自転車に乗って、時には転びながら微妙なバランスを体感し、徐々に乗れるようになっていきます。それと同様に、先に動き始めることで、活字だけではわからない、お客様との駆け引きや組織内の調整などのビジネス感覚を、いち早く習得できるようになります。どんなに念密な計画を作っても、実際に動かないとビジネス感覚をつかむことはできません。

初期投資が大きい大規模なプロジェクトの場合はリスクが大きいため、先に動くことはおすすめしにくいですが、失敗時の損失が許容できる範囲であれば、動き始めてから考えたほうが、メリットは大きくなるでしょう」

フライングぎみで始めるメリット

動き始めてから考えるタイプの中でも、よりフライングぎみ、見切り発車で勢いよく進むことを推奨する人もいる。そのメリットとは?

「フライングの最大のメリットは、ライバルを出し抜けることでしょう。現代のビジネスではスピード感が大切です。念密な計画を考えている間にライバルに先を越されては意味がありません」

ビジネスで勝ち抜くためにはフライングはむしろ必須というわけだ。特に重要な分野があるという。

「特にこれからBtoB(対企業向けビジネス)で起業を考えているなら、フライングは必須です。まだまだ日本は人間関係重視のビジネス文化ですから、人間関係を築いておくことが欠かせません。しかし人間関係を築くには時間を要します。ある会社の社長は大手企業の大口取引を開拓するため、窓口担当者、その上司、そして決済者のとの関係性を一歩ずつ深め、念願の受注を獲得しましたが、それに3年の歳月を要しました。

よく『これからBtoBビジネスを始めるが、どのように集客すれば良いか?』と相談されることが多々ありますが、『BtoBでは事業を始める前に、お客様を獲得しておくのがセオリーですよ』と答えています。事業を始めてから集客しては、人間関係構築に時間を要してしまい、その間に資金が尽きてしまう恐れがあるため、フライングしてお客様を獲得しておく必要があるのです。かつては会社にバレないように行うケースもありましたが、今は複業という形で動きやすくなっているので、活用すると良いでしょう」

フライング後、どのように仕事を進めていくべきか

これまでフライングで動いたことのない人は、フライングで走り出した後、不安で仕方がないだろう。どのように仕事を進めていけばいいのか。

「まず、社会の動きにアンテナを張り巡らせて、仮説のコンセプトを考えます。新規事業のコンセプトでは『どんなお客様に』『どんな商品・サービスを』『自社や自身のコアな強みを活かし』提供するかを考え、そしてフライングで実行に移し、あとは動きながら調整を加えていきます。

特に中小企業経営者は、社会の動きから実行までの時間が短い人も多く、ある会社の社長は、東日本大震災で福島原発の水蒸気爆発のニュースを見て、『茨城県周辺の主婦には、子どもに安全な食品を食べさせたいというニーズがあるはずだ!』と、すぐにツテのある海外の商社に放射線測定器を発注しました。いくらフライングといっても、当てずっぽうでは失敗のリスクは高まるので、仮説のコンセプトを考えることは大切です」

フライングで走るときの注意点

そして気になるのが、フライングで走り始めて、何らかの落とし穴にはまるのではないかということだ。どんな注意点があるだろうか?

「フライングで走るときの注意点は、『勝算が薄いときの撤退の意思決定は早く』でしょう。先に述べたコンセプトは、あくまで『仮説』です。実際に始めてみて勝算が薄いと判断したときには、傷口が大きくなる前に撤退の意思決定をする必要があります。

ところが、人というは簡単に撤退できない生き物です。それまで費やした金銭、時間、努力が無駄になるからと、そのまま続けても損失にしかならないのがわかっているのに、やめたくてもやめられない状態になることがあります。この心理効果は『コンコルド効果』や『サンクコスト効果』と呼ばれ、それが原因で『ここまでやってきたのだから…』と勝算が薄いと理解していても続けてしまうのです。さらに撤退することは自分自身の判断を否定してしまうことになるので、それを受け入れられず意地になってしまうこともあります。

しかし、ある金融機関担当者は、優秀な経営者の条件のひとつに『撤退の意思決定ができること』をあげていました。『継続は力なり』という格言がある一方で、『三十六計逃げるに如(し)かず』という格言もあります。これは、作戦はたくさんあるものの、逃げるべきときには逃げて、後日再挙を期すのが最上の策であるという意味です。早い撤退の意思決定は、フライングにおいては重要なスキルと考えます」

「考えるより先に動く」「フライングぎみで」というのは、ビジネスマンとして必須のスキルであることが分かる。とはいえ、そこには「仮説を立てる」「撤退の意思決定に強くなる」というさらなるスキルも必要になるようだ。

取材・文/石原亜香利

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。