小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス解説】第1弾はあの有名店!一定期間で料理、料理人が入れ替わるシェアキッチン「もしも食堂」

2022.02.20

東急不動産SCマネジメントは、同社が運営管理する「東急プラザ渋谷」の6階「シブヤグラン食堂」内に、シェアキッチンプロジェクト「もしも食堂」をオープンした。

第1弾はイタリアンの名店とコラボ

食に関する「もしも」を実現する場として、新しい価値の発見やチャレンジの機会につなげる狙い。「もしも、高級店の有名シェフがカジュアルレストランを手掛けたら」「もしも、メニューのないお店が渋谷でメニューを考えるなら」といった、遊び心ある企画を実施していく。さまざまな料理人や飲食店、その他団体がシェアキッチンを期間限定で利用し、チャレンジをつなげていく趣向だ。

プロジェクト第一弾は、「ここでしか味わえない“本格料理”をだれもが気軽に」をコンセプトに、予約がとれない有名店「LA BETTOLA da Ochiai」とコラボ。オーナーシェフ落合務氏の一番弟子で総料理長の成田 直己シェフが、プロジェクトに参加した。

「スタンダードメニュー」のハンバーグと「コースメニュー」、いずれも成田シェフが監修する名店の味をリーズナブルな価格で味わえる。

挑戦できる仕組みで新たな食文化を

複数の料理人で場を共有するシェアキッチンは、一般には設備投資や初期費用が抑えられるなど開業のハードルが低く、チャレンジしやすい仕組みといえるだろう。「もしも食堂」のように、すでに人気のあるお店などが新機軸として、一定期間持ち回るスタイルなら、より大胆で遊び心のある取り組みができるだろう。

考えてみれば、同じ場所で同じサービスを提供する以外の選択肢が、飲食店にもあってよいはず。楽しい企画で日本の新しい食文化をみつけてくれる可能性のある新規事業だ。

●プレスリリース
「もしもこうだったら」が実現するキッチン「もしも食堂」が1月28日(金) 東急プラザ渋谷にオープン!

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小に関わらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。