小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年1月期の米国オンライン価格は前年比で2.7%上昇、20か月連続でインフレを記録

2022.02.21

「Adobe Digital Price Index(DPI)」

Adobeは、米国における最新(2022年1月時点)の「Adobe Digital Price Index(DPI)」を発表した。これによると、2022年1月のオンライン価格は前年同月比で2.7%、前月比で1.1%上昇し、20ヶ月連続でインフレを記録した。

2021年12月の価格上昇(前年同月比3.1%増)は、過去最高の売上高となったホリデーシーズンに貢献し、11月のオンライン価格は前年同月比3.5%増となった。

1月には、食料品が前年同月比5.8%増(前月比1.2%増)と最も高い伸びを示し、2年連続でこのカテゴリーのオンライン価格が上昇したことが分かった。

医療機器・用品は前年比8.2%増(前月比0.1%減)と引き続き高止まりで、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大に伴い、前年同月比で過去最高の価格上昇を示した。一方で、エレクトロニクスの価格低下が継続している(前年比3.4%減)。

DPIは、米国の消費者がオンラインで商品を購入する際の価格を包括的に示した指標。DPIは、Adobe Analytics(https://business.adobe.com/jp/products/analytics/adobe-analytics.html)を使用して、エレクトロニクス、アパレル、家電製品、書籍、玩具、コンピュータ、食料品、家具・寝具、工具・ホームセンター用品、家庭用品・園芸用品、ペット用品、宝飾品、医療機器・用品、スポーツ用品、パーソナルケア用品、花・関連ギフト、非処方箋薬、事務用品の18カテゴリーを対象とし、1兆回の小売サイトへの訪問と1億個以上のSKUを分析している。

​​アドビのグロースマーケティング&インサイト担当バイス プレジデントのパトリック ブラウン(Patrick Brown)氏は、次のように述べている。

「エレクトロニクスやアパレルなどのカテゴリーで価格が下がったことにより、オンラインでのインフレ率は昨年11月の記録的な高騰から若干低下したものの、消費者は依然としてデジタル経済における価格の上昇に悩まされています。これは特に食料品のようなカテゴリーで顕著です。食料品のオンライン購入に対する需要が高いままであるにも関わらず、オンライン価格は記録を更新し続けているのです。」

2022年1月時点において、Adobe Digital Price Indexが調査している18カテゴリーのうち13カテゴリーで前年同月比の価格が上昇しており、中でもアパレルが他のカテゴリーよりも高い上昇率を示している。

一方で、エレクトロニクス、宝飾品、書籍、玩具、コンピューターの5カテゴリーでは値下がりが見られた。

また、前月比では、18カテゴリーのうち15カテゴリーで値上がりが記録され、一方で医療機器・用品、花・関連ギフトの3カテゴリーでは値下がりが見られた。

Adobe Digital Price Index(2022年1月)で注目の商品カテゴリー

・食料品:価格は前年同月比5.8%増(前月比1.2%増)で、このカテゴリーにおける年間ベースで最高の上昇率となり、COVID-19のパンデミックが発生した年である2020年10月の最高値(前年比5.2%増)を超えた。食料品のオンライン価格は1月時点で24ヶ月連続の上昇を記録しており、消費者が実店舗で支払う価格を反映した消費者物価指数と同じ傾向を示す唯一の商品カテゴリーとなっている。

・医療機器・用品:価格は前年同月比8.2%増(前月比0.1%減)となり、このカテゴリーにおける年間ベースで最も高い上昇率となった。これは、1月のオミクロン株の感染拡大により検査キットの需要が高まり、供給が逼迫していた状況と時期が合致する。

・オフィス用品:オンライン価格が8ヶ月連続で下落または横ばいとなった後、1月のオフィス用品の価格は前年同月比1.5%増(前月比2.2%増)となった。新型コロナウイルスの変異株の出現によって、多くの消費者が引き続き自宅で仕事をすることを選択し、ホームオフィス向け製品の需要と価格が上昇した。

・エレクトロニクス:価格は前年同月比3.4%減で、オンライン価格が前年同月比2.6%減だった12月に比べて下げ幅が広がっている。エレクトロニクスはEコマースにおける主要カテゴリーのひとつであるため、その価格変動は全体のインフレ率に大きく影響。なお、ホリデーシーズンで値引きがあったことから、前月比では2.0%の価格上昇となった。

・アパレル:価格は前年同月比15.8%増(前月比1.7%減)で、2021年11月に前年同月比17.3%増、12月に同16.6%増を記録したホリデーシーズン中と比べると低下している。Eコマース消費にアパレルが占める割合は大きく、この低下により1月全体のインフレ率が影響を受けている。

調査方法について
Adobe Digital Price Index(DPI)は、米国労働統計局が発表している消費者物価指数(CPI)をモデルとしており、オンライン価格の追跡にはFisher Ideal Price Index(フィッシャー理想物価指数)を使用。これは、基準時(例:ある月)と比較時(例:その前月)に、それぞれ購入された同一商品の数量をもとに、カテゴリーごとに価格変動を算出するものだが、アドビの分析では、前後する2つの月に購入された製品の実際の数量によって重み付けをしている。

関連情報:https://www.adobe.com/jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。