小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス解説】AIで身の回りの音を知らせる聴覚障がい者・難聴者向けアプリ「Sound Display」

2022.02.18

情報技術開発は、AIが身の回りの音を通知する聴覚障がい者・難聴者向けアプリのAndroid版「Sound Display(サウンドディスプレイ)」を、1月31日に提供開始した。iOS版は昨年リリース済み。

サイレンやインターホンの音をスマホで可視化

特定の音をAIが記憶し、認識するとアプリから通知するというもの。アプリ利用中だけでなくバックグラウンドでも、通知画面やPUSH通知、LEDライト、スマートウォッチなどで知らせてくれる。

緊急地震速報(テレビ)、火災警報器、緊急車両のサイレン(パトカー・消防車・救急車)、インターホンの音が認識されるようプリセット。ほかにも、認識してほしい音をアプリ内から録音・登録する機能も搭載する(最大5個)。

NPO法人Silent Voice理事 宮田 翔実(ろう者)は、「職場環境における特定の音の可視化によって、(聴覚障がい者の)働きやすさの向上やこれまで考えられなかった就労先が増えること等の効果の広がりに期待しております」とコメントしている。

iOS版/Android版ともに価格は無料。今後は、聴覚障害者のビジネスシーンでの利用を想定した、法人向けビジネスプランでの収益化を検討しているという。

体感から見える本当の困りごと

これまでも、音声をテキスト化したり、筆談をサポートするなど、コミュニケーション向けのアプリは数多くリリースされてきた。いっぽう「Sound Display」が対応する「来客や宅配の際に相手を待たせてしまう」「災害時の警告音に気付かない」といった課題を、他人は見過ごしてしまうのではないだろうか。

テキストでコミュニケーションが成立した時点で、障がいを持たない側の困りごとは、解決してしまうからだ。

「Sound Display」のアイデアは、日本アイ・ビー・エム/愛徳会共催のコンテスト「DXチャレンジ 2019」に参加する過程でうまれた(コンテストではスマートグラスを提案)。チームメンバーの半数以上が親族に聴覚障がい者を持っており、課題を身近に感じていたという。

実際に自分や家族の問題として体感したり、実体験をヒントに想像力をはたらかせることでしか、得られない当事者視点がある。調査やリサーチだけでなく、身を持って感じることの大切さを示唆する新ビジネスだ。

●プレスリリース
情報技術開発、聴覚障がい者・難聴者向けアプリ 『Sound Display(Android版)』 2022年1月31日より提供開始  “音の見える化”で生活向上の一助に

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小に関わらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。