小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オミクロン株の感染拡大で企業の設備稼働率は急ブレーキ、設備投資はコロナ前の水準を上回る見込み

2022.02.15

設備稼働率の動向と設備投資の見通し、設備稼働率はオミクロン株の拡大で急ブレーキ

2022年1月の国内景気は、新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)感染者数の急増や大雪の影響などから、5カ月ぶりに悪化した。

また、まん延防止等重点措置が35都道府県(2月7日時点)で対象地域となったほか、部材不足による工場等の減産や稼働停止なども起こっている。一方で、設備投資意欲は総じて堅調に推移していまる。

そこで帝国データバンクは、「TDB景気動向調査」をもとに、企業の設備稼働率の状況について分析した。

1. 設備稼働率、新型コロナショックから戻りつつあった中でオミクロン株の感染拡大で急ブレーキ

設備稼働率 DI の推移

帝国データバンク「TDB景気動向調査」で算出している2022年1月の設備稼働率DI[1]は49.3となり、3カ月ぶりに50を下回った。新型コロナショックにより企業の設備稼働が急激に停滞した状況から戻りつつあったなかで、オミクロン株の感染拡大が企業の生産活動にブレーキをかけた格好となっている。

2. 製造業や金融業の設備は稼働率が戻りつつある一方、小売業など7業界では1年前より低下

設備稼働率 DI~業界別、2022 年 1 月~

設備稼働率DIを業界別にみると、『製造』と『金融』が前年同月より稼働状況が上回っている。一方、『小売』をはじめ7業界では、緊急事態宣言が発出されていた1年前よりも設備の稼働が下回る状況となっている。

沖縄でビルメンテナンスを行う企業からは「新型コロナの感染が急激に拡大し、ホテルの稼働率が大幅に減少している」といった声も聞かれ、観光産業が支える地域経済を下押しする要因となっている。

[1] 設備稼働率DIは0~100の値をとり、50を上回ると前年同月より設備稼働率が上昇、50を下回ると低下していることを示す

3. 設備投資額は2022年7~9月期に新型コロナの感染拡大前の水準を上回る見込み

設備稼働率と設備投資意欲、 および設備投資増減率の関係性

設備稼働率と設備投資意欲には密接な関連があり、さらに設備投資計画へとつながる。TDBマクロ経済予測モデルでシミュレーションを実施したところ、企業の設備投資意欲が1%高まると、1年後の設備投資額が全体で0.15%上乗せされると試算されている。

同モデルのシミュレーション結果によると、設備投資額は2022年7~9月期に年額換算で90.0兆円となり、新型コロナの感染拡大前(2020年1~3月期※、89.8兆円)の水準を上回ると見込まれる。

※2019年7~9月期と10~12月期は、消費税率引き上げによる駆け込みと反動減が表れている。

企業のコメント

生産設備の稼働状況は、新型コロナショックから元の水準に戻りつつあるなかで急ブレーキがかかった。しかし、生産性向上やデジタル投資、人手不足に対応する自動化投資など、設備投資意欲は引き続き堅調な推移が続いており、2022年は前年比4.6%の増加が見込まれている。

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。