小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

愛する人と特別な時間を過ごせるバレンタインにおすすめの宿泊施設4選

2022.02.11

愛する人と特別な時間を過ごすことができるおすすめの宿泊施設

ブッキング・ドットコムが行なった調査では、日本の旅行者の半分以上(52%)が「旅の目的が合っていれば、旅先に関わらず、日常の生活から離れた体験ができることが嬉しい」と回答したことから、人々は普段味わうことのない特別な時間を過ごしたいと望んでいることが伺える。

今年のバレンタインは、密を避けながら日常とは異なるロマンチックな雰囲気の中で、日頃伝えきれていない感謝の気持ちや愛を大切な人に伝えてみてはいかがだろうか。そこで、ブッキング・ドットコムが、愛する人と特別な時間を過ごすことができるおすすめの宿泊施設をピックアップして紹介!

■ジ・アッタテラス クラブタワーズ (沖縄県、恩納村)

https://www.booking.com/hotel/jp/the-atta-terrace.ja.html

プールやビーチ、ゴルフコースに囲まれ、バトラーサービスなどの最高峰のおもてなしで非日常の世界を体験できるジ・アッタテラス クラブタワーズは、大人のカップルにぴったりなリゾート。施設内は宿泊者のみ利用可能なため、プライベートで穏やかな時間を過ごすことができる。

テラス付きの開放感に満ちた客室やプールサイドレストランでのディナー、海に沈む夕日を見ながらカクテルやワインを堪能できるラウンジ&バーなど、どこを切り取っても愛を伝えるには最適な場所と言える。二人だけの忘れられない思い出を作ってみてはいかが。
(クチコミスコア10点満点中、9.2点を獲得)

■okcs Retreat Setouchi Aonagi / 瀬戸内リトリート 青凪(愛媛県、松山市)

https://www.booking.com/hotel/jp/setouchi-retreat-aonagi.ja.html

世界的に有名な建築家、安藤忠雄が手掛けた7室すべてがスイートルームの瀬戸内リトリート 青凪は、「MINIMAL LUXURY」がコンセプトのスモールラグジュアリーホテル。瀬戸内リトリート青凪を象徴するインフィニティプールの先には瀬戸内海が繋がり、まるで映画のワンシーンのようにロマンチックで、特別な想いを伝えるにはこの上ないロケーション。

またアートギャラリーやジャグジー、サウナ、スパが併設されており、レストランでは瀬戸内の海の幸と山の恵みを使ったおもてなしの料理など、他の宿泊施設では味わうことのできない極上の時間を過ごすことができる。
(クチコミスコア10点満点中、9.4点を獲得)

■ザ・ホテル青龍 京都清水(京都府、京都市)

https://www.booking.com/hotel/jp/thehotelseiryukyotokiyomizu.ja.html

清水寺から徒歩8分の距離と最高のロケーションに位置するザ・ホテル青龍 京都清水は、明治2年に開校された小学校の校舎を再利用して建てられた歴史ある宿泊施設。京都ならではの和のエッセンスを取り入れたデザインとモダンなインテリアで、和と洋が融合した美しい空間が特徴。

施設内には、法観寺「八坂の塔」や清水寺を一望できる部屋や、サンセットと「八坂の塔」の美しい景色が望めるルーフトップバーもあり、京都での観光を楽しんだ後、日本が誇る美しい景色を望みながら、愛を伝えることができる。
(クチコミスコア10点満点中、9.1点を獲得)

■アンダーズ東京 ア コンセプト バイ ハイアット(東京都、港区)

https://www.booking.com/hotel/jp/andaz-tokyo.ja.html

虎ノ門にある5つ星ホテルのアンダーズ東京は、ラグジュアリーでスタイリッシュな空間が特徴の宿泊施設。全客室が47階から50階と高層階にあるため、東京タワーやレインボーブリッジなど、東京の景色を一望でき、夜は夜景を眺めながらロマンチックな時間を過ごすことができる。

キラキラとした東京の夜景を背景に想いを伝えれば、一生の思い出となる滞在になるだろう。また、洗練された雰囲気のAOスパでプールやジャグジーに入りながらリラックスしたり、宿泊者専用のアンダーズラウンジで夕方限定の無料のワインやカナッペを堪能したりと、2人で特別な時間を過ごせば、2人の心の距離がぐっと近くなること間違いない。
(クチコミスコア10点満点中、9.2点を獲得)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各自治体が発信している最新情報を必ず確認。

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。