小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍でみんなが意識して摂っている栄養成分は?

2022.02.14

新型コロナウイルス生活影響度調査(食生活編)

オミクロン株の影響で不安度・ストレス度は急増している。

そんな中、クロス・マーケティングは、新型コロナウイルスが消費者の行動や意識に与える影響の把握を目的として、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女2,500人を対象に「新型コロナウイルス生活影響度調査」を実施した。

新型コロナウイルスに対する不安・ストレス度

定点指標の「直近1週間の不安度」は16p増の48%、「将来に対する不安度」は8p増の54%、「直近1週間のストレス度」は、4p増の44%といずれも先月からの増加傾向は続く。特に不安度は顕著に高くなった。<図1>

項目別の不安度も、ほぼ全項目において増加。「他人に感染させてしまう」を筆頭に”感染する/感染させる”項目を中心に不安度の高まりが際立つ。<図2>

直近1週間に実行したことは、「マスク」「消毒」「手洗い」の実施に加え、「不要不急の外出」「人と会う」「人が集まる場所」「公共交通機関の利用」を避ける行動が先月と比べ軒並み上昇した。感染者数が増えたことにともない、感染予防対策の徹底、密を避ける行動を意図して行っている姿がみられた。 <図3>

コロナ禍による食生活行動の変化

普段実施している行動を聴取し、コロナ禍前(2020年3月以前)との増減を確認した。コロナ禍により増えた行動は、”食材やお店の選び方”では、「お取り寄せグルメの利用」「高級食材を購入」「ストックできる食材を選ぶ」が高い。半年前の調査結果と比べると「高級食材」や「お取り寄せグルメ」の上昇が目立つ。

一方、”食事の仕方”では、「オンラインでの飲み会やランチに参加」「外食ではなくホームパーティをする」「家族や友人と食べていてもシェアをしない」など感染予防対策関連の行動が高い。オミクロン株は家庭内感染者が多いことから「家でも1人1人別々に食べる」割合が高まっていた。<図4>

コロナ禍で意識して取っている栄養成分

コロナ禍で意識して取っている栄養成分は「食物繊維」「ビタミンC」「乳酸菌」「たんぱく質」「カルシウム」がTOP5で免疫力関連の栄養成分が多くあがった。加えて女性は「鉄分」「大豆イソフラボン」の割合も高い。1年前と比べると「食物繊維」「ビタミンC」「たんぱく質」「カルシウム」などは大きく増えた。<図5>

意識して取っている”食べ物や飲料”を自由回答で聴取。ヨーグルト、R-1など乳酸菌飲料、納豆、野菜類、牛乳、豆乳、特定保健用食品の飲料などが多くあがった。<図6>

調査概要
調査手法 : インターネットリサーチ
調査地域 : 全国47都道府県
調査対象 : 20~69歳の男女
調査期間 :2022年1月28日(金)~1月30日(日)
有効回答数 : 本調査2,500サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合がある

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。