小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アメリカの成人のほとんどがアルコールががんのリスクを高めることを知らない、バージニア大学研究報告

2022.02.12

飲酒でがんリスクが上昇することを知る人は少ない

多くの米国成人は、アルコールががんのリスクを高めることを知らないという実態を示す研究結果が報告された。

その一方で、アルコールの危険性を周知させる対策に対しては、支持する意見が多数を占めたという。

米バージニア大学のKara Wiseman氏らの研究によるもので、詳細は「American Journal of Preventive Medicine」2月号に掲載された。

Wiseman氏は、「アルコールを摂取すべきか否かを人々が十分な情報に基づいて判断できるように、アルコールの潜在的な有害性の認知を高める必要がある」と述べている。

アルコールは、少なくとも乳がん、大腸がん、口腔がん、食道がん、肝臓がんなどのリスクを高めることが明らかにされている。

昨年報告された研究によると、2016年には世界中で約37万8,000人が、アルコールが関与するがんによって死亡したとされる。

今回のWiseman氏らの研究報告は、米国成人のがんや健康に関する情報へのアクセス状況などを把握するために実施されている、

郵送による横断調査(HINTS)の2020年のデータ(回答者数3,865人)を解析したもの。HINTSの調査項目には、アルコール摂取による発がんリスクの認知度や、そのリスクの告知義務を強化する施策に対する考え方を問う質問も含まれている。

調査結果のうち、まず発がんリスクの認知度を見ると、アルコールががんのリスクを高めることを知っていたのは31.8%にとどまることが分かった。

この結果をアルコールの種類別に見ると、ビールががんリスクを高めることを知っていたのは24.9%とより低く、さらにワインについては20.3%に過ぎなかった。

その反面、アルコール製品への警告ラベルの表示は65.1%、飲酒ガイドラインの策定は63.9%と、ともに6割以上が支持を表明した。

ただし、アルコール製品の屋外広告の禁止を支持したのは34.4%にとどまった。また、アルコールの発がんリスクを強く認識している人ではこれらの施策をより強固に支持する一方、普段の飲酒量が多い人はあまり強く支持しないという関連性も浮かび上がった。

Wiseman氏はこの研究の次のステップとして、「アルコールの発がんリスクに関する情報について、最も効率よく伝達する方法を探すことが重要だ。修正可能ながんリスク因子の一つがアルコールであることを、人々に知らしめる努力が明らかに必要とされている」と、バージニア大学発のプレスリリースの中で述べている。

一般市民の認識を高める一つの方法としては、何らかの疾患で通院中の患者に対して医師がアルコールのリスクを伝えることが有効と考えられる。

しかし、同氏らが以前に行った調査によると、過去12カ月間でアルコールの有害性について医師から情報を伝えられていた患者は、44.1%と半数に満たなかったという。

ただ、その調査では、医師からアルコールに関する情報を伝えられた人は、アルコールの発がんリスクについての認識が高いという関連も示され、医師の情報伝達に人々の意識を変える力のあることが示唆された。

Wiseman氏は、「がんという重大なリスクに立ち向かう公衆衛生戦略は、医療者と患者がアルコールについて話し合うことをサポートする方法を確立することや、アルコールの潜在的な有害性に関するメッセージを発することから始まるのではないか」と述べている。(HealthDay News 2022年1月31日)

Copyright © 2022 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://www.ajpmonline.org/article/S0749-3797(21)00430-X/fulltext

Press Release
https://news.virginia.edu/content/should-alcohol-have-warning-labels-about-cancer-risk-most-americans-say-yes

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。