小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

体重計を持っているのに測定しない理由、男性1位は「面倒くさい」、女性1位は?

2022.02.13

体重測定を行なっていない理由第1位、男性は「面倒くさい」、女性は?

オムロン ヘルスケアは、健康診断などで判定されている肥満度(BMI)が標準および肥満度1~4の30代~50代の男女1,306人に、普段の体重測定の状況や健康意識に関する調査を実施した。

その結果、体重計(体組成計を含む)を持っている人は全体の約9割(86%)にのぼり、そのうちの約3割(33.2%)の人が習慣的に測定(週5日以上測定)していた。

一方で、月に数回、または測定していないと回答した人は44.5%を占め、2人に1人が体重計は持っていても活用していないという実態が浮き彫りとなった。

さらに、体重測定を行なっていない理由では、男性では「面倒くさい」、女性では「現実逃避」が最も多い結果となるなど、男女間で体重測定に対する意識に差があることが分かった。

1. 体重計(または体組成計)を保有している人は、全体の86%

自宅に体重計(体組成計)を持っているか質問したところ、86%が持っていると回答した。さらに、体重を測る頻度を聞いたところ、33.2%が「週5~7日」と回答。

しかし、月3日以下~測定していないと回答した人は44.5%を占め、全体の2人に1人が体重計を持っていても日常的に体重を測定する習慣がないことがわかった。

2. 体重測定を行なっていない理由の第1位は、男性が「面倒くさい」。女性は「現実逃避・体重計に乗るのが怖い」

体重測定を行なっていない理由は、「測るのが面倒くさいから(44.7%)」が最も多い結果となった。

また、性別ごとに結果を見ると、男性では「測るのが面倒くさいから」、女性では「現実逃避、体重計に乗るのが怖いから(44%)」が第1位となり男女間での意識の違いが浮き彫りとなった。

さらに、女性の1位である「現実逃避、体重計に乗るのが怖い」を肥満度別にみると、肥満度2と3・4の割合が半数を超えており肥満度が高いほど現実逃避をする傾向であることがわかった。

3. 体重を測っている人の目的は「日々の体調管理」が最も多く約50%

体重測定を行なっている理由を調査したところ、「日々の体調管理(50.6%)」が最も多く、続いて「ダイエット(減量)のため(35.9%)」、「健康診断で指摘されたから(15.4%)」が続いた。

「日々の体調管理」と回答した人(50.6%)に、測定データをどのように管理しているかを聞いたところ、測定頻度が多い人ほど、測定データをアプリやメモで管理している割合が高いことがわかった。

また、月3回以下の人では、約7割が管理していないと回答し、測定頻度と測定データの管理には相関性があることがわかった。

4. 「体重増加・肥満の体への影響」を認識している人は全体の95%

全体で9割以上の人が体重増加による健康への影響を認識していると回答した。

体重増加・肥満により、リスクが高いと考える疾病・症状を3つ回答してもらったところ、「糖尿病(70.5%)」が最も多く、「高血圧症(48.6%)」「脂質異常症(高脂血症)(38.6%)」となり肥満が生活習慣病のリスクであると認識している人が多いことがわかった。

国立病院機構京都医療センター 臨床研究センター 予防医学研究室 室長 坂根直樹先生からのコメント

今回の調査では、肥満によって引き起こされる糖尿病など疾患リスクは理解しているものの、男性では「面倒くさい」、女性では「現実逃避」が測定しない理由であることが明らかとなりました。

そして、女性では肥満度が上がるにつれてその傾向が顕著となりました。体重が増えているとなんとなく感じている時は体重計にのりたくないものです。

その結果、久しぶりに体重計にのると驚くほど体重が増えている時があります。ダイエットを成功させる最初のステップは体重計にのる習慣をつけることです。

毎日、体重計にのる習慣がつけば、毎日の食事や運動が体重に与えている影響がよくわかります。さらには、平日は体重が減るが、週末に体重が増えるなど曜日によるパターンも明らかとなってきます。

外来で「体重の方はいかがですか?」と尋ねると、体重計にのる習慣がある人は「○○.○kgです」と100g単位で答えられます。

それに対して、肥満の人は「だいたい○kgくらいです」とアバウトに答えられます。最近は体重計や活動量計と連動したアプリも出てきて、上手に活用されている人もいます。

「カロリーだけでなく、塩分の多い食事をした時も体重が増える」「2日食べ過ぎると、元に戻すのに1週間ぐらいかかる」など体重のデータを上手に活用している人もいます。

最近の研究では、減量成功だけでなく、減量成功後のリバウンドにも体重測定の頻度が関係することがわかってきました。まずは、1日に1回体重計にのる習慣をつけて、日々の体重変化に興味を持つことが大切ですね。

調査の概要
調査目的 体重測定に関する意識調査
調査対象 全国の30代~50代の男女1,306人
〈標準〉男性:30代 56人/40代 54人/50代 53人、女性:30代 55人/40代 53人/50代 56人
〈肥満1〉男性:30代 54人/40代 54人/50代 55人、女性:30代 55人/40代 56人/50代 54人
〈肥満2〉男性:30代 53人/40代 54人/50代 55人、女性:30代 50人/40代 55人/50代 56人
〈肥満3・4〉男性:30代 53人/40代 56人/50代 55人、女性:30代 55人/40代 54人/50代 55人
調査エリア 全国
調査方法 インターネット調査
調査期間 2021年11月30日(火)~2021年12月3日(金)

関連情報:https://www.healthcare.omron.co.jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。