小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4月から成年年齢が引き下げられると何が変わる?

2022.02.12

2022年4月から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられる。

成年年齢の引き下げで、これまでは20歳にならないとできなかった「10年有効パスポートの取得」や「親の同意がないローン等の契約」などが可能に。また、成年年齢が引き下げられても18歳ではできないこともある。

お酒やたばこ、公営競技の年齢制限は20歳のままだ。女性の婚姻開始年齢は、16歳から18歳に引き上げられる。

多くの人は「成年年齢引き下げ」の内容についてどの程度把握しているのだろう。そこで日本トレンドリサーチは、「成年年齢引き下げ」に関するアンケートを実施した。

15.3%が成年年齢の引き下げを「知らなかった」

初めに、2022年4月から成年年齢が現行の20歳から18歳に引き下げられることを知っているか聞いた。

15.3%の方が「知らなかった」と回答した。こちらを年代別に集計すると、このようになった。

40代以下で「知っていた」と回答した方は8割以下だが、70代以上では94.2%の方が「知っていた」と回答した。

40.7%が成年年齢は「20歳のままで良いと思う」

成年年齢が18歳に引き下げられることについて、どのように思うか聞いた。

40.7%の方が「20歳のままで良いと思う」と回答した。こちらを年代別に集計すると、このようになった。

30代以下~50代では「20歳のままで良い」と回答した方の割合が多くなった。

60代では「18歳に引き下げたほうが良い」が38.8%で最も多く、「20歳のままで良い」を上回った。

70代以上では「20歳のままで良い」「18歳に引き下げたほうが良い」という回答がが37.9%で並んだ。

半数の方が「親の同意がなくても契約可能」は20歳になってからのほうが良いと思っている

成人年齢が18歳に引き下げられることで、これまで20歳にならないとできなかったことのいくつかが、18歳からできるように。政府広報オンラインのホームページで「18歳になったらできること」として紹介されている項目について「今まで通り20歳になってからのほうが良い」と思うものがあるか聞いてみた。

50.3%の方が「親の同意がなくても契約可能」は、20歳になってからのほうが良いと回答した。

女性の婚姻開始年齢、6割が「18歳に引き上げたほうがいい」

成年年齢の引き下げの一方で、年齢が引き上げになったことも。これまで16歳だった女性の結婚可能年齢が18歳に引き上げられる。女性の結婚可能年齢が18歳に引き上げられることについて聞いた。

「知っていた」と回答した方は40.2%で、半数以上の方は「知らなかった」と回答している。年代別に集計するとこのようになった。

「知っていた」と回答した方の割合が最も多かったのが60代で、46.3%。女性が結婚できる最低年齢が16歳から18歳に引き上げられることについてどのように思うか聞いた。

60%の方が「18歳に引き上げたほうが良いと思う」と回答した。男女別では、女性のほうが男性よりも「18歳に引き上げたほうが良いと思う」と回答した方が10ポイント多いようだ。世代別に集計するとこのようになった。

全ての世代で「18歳に引き上げたほうが良いと思う」という回答が過半数。特に40代では65.4%の方が「18歳に引き上げたほうが良いと思う」と回答していた。

「成年年齢に関するアンケート」調査概要

調査期間:2022年1月21日~1月26日

集計対象人数:1,200名(30代以下~70代以上 各年代240名)

調査対象者:男女

https://trend-research.jp/12253/

https://www.nexer.co.jp

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。