小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

副業人財、週休3日制、ワーケーション、アフターコロナに向けて考えたい新しい働き方

2022.02.11

コロナ禍の今こそ考えたい働き方を変えるヒントを@DIMEから厳選して紹介します。

コロナ禍の今こそ考えたい働き方を変えるヒント

注目される「副業人財」とは?カルビーが他社の働き手に期待していること

2021年2月にカルビーが、「副業人財」を募集してから早1年が経とうとしている。副業人財とは、他社で就業中のワーカーを「副業」として雇い入れる人財のこと。現在は5名の副業人財が就業しているというが、どのような意図があるのか。この新しい取り組みについてカルビーに聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/1312718/

企業やスタートアップが提案するワーケーションの効果を最大限生かすヒント

「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語「ワーケーション」は、すでに耳慣れたものとなった。実証実験も行われており、その効果も見えてきた。そうした中、ワーケーションはリモートワークの一つとして、また新しい働き方の一つとして、そのメリットをどう活かすことができるだろうか。 今回は、沖縄県が推進する「沖縄ワーケーション促進事業」の一つや東急リゾーツ&ステイによるワーケーションの取り組みから、その方法を探る。コロナ禍が落ち着いたら、これからの自由な働き方のひとつとして検討してみてはいかがだろうか。

【参考】https://dime.jp/genre/1305464/

「選択的週休3日制」が標準になるのか?メリットとデメリットを考える

2021年6月、政府は「経済財政運営と改革の基本方針2021」を閣議決定し「選択的週休3日制」の導入を促したが、現在、週休3日制を導入している企業は少ない。 実際、従業員側からすれば、週休3日制は「身体が休まる」「子育てがしやすい」などのメリットの声がある一方で、「給料が減る」デメリットの声も強い。この賛否両論ある状況について、ワークライフバランスに詳しい有識者に意見を聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/1303001/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。