小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

便利?怪しい?資産運用でロボアドバイザーを活用したい理由としたくない理由

2022.02.11

Fan「ロボアドバイザーの実態に関する調査」

株式投資AIロボアドバイザー「AlpacaROBO(アルパカロボ)」を提供するFanは、全国の20代〜60代の男女を対象に「ロボアドバイザーの実態に関する調査」を実施した。

「ロボアドバイザー」というサービスを知っていますか?

ロボアドバイザー利用のきっかけを教えてください。

今後、「ロボアドバイザー」を利用したいと思いますか?​

「ロボアドバイザーを活用したいと思わない」理由を教えてください。(複数回答可)

行なったことのある投資・資産運用をすべて教えてください。(複数回答可)

【調査結果に対する考察】

ロボアドバイザーが怪しく感じられる理由については、大きく2点が考えられる。

①「AI×資産運用」をうたった詐欺報道の影響

インターネット等で「AI資産運用」と検索すると、「AI×暗号資産売買」の詐欺事件の報道が散見される。このような詐欺事件の多くは、

・投資の初期段階に巨額のシステム導入費用を支払う必要がある
・業者が仮想通貨を取り扱うのに必要な金融庁・財務局の登録を受けていない

といった特徴があり、国内の主要ロボアドバイザーサービスとは大きく違うのだが、「AI×資産運用」というキーワードのイメージダウンに影響していることが考えられる。

②浅い歴史・サービスに対する信頼の薄さ

歴史が浅いサービスや、新しいものに対して生活者は不安を抱く傾向がある。今でこそ当たり前のネット銀行でも、提供開始当時は、「何かあったときに、急にお金が引き出せなくなったりしないだろうか?」といった不安を抱える人が少なくなかった。

ロボアドバイザーサービスも同様に、まだまだ歴史が浅くサービスが浸透していないことから、怪しく見られていることが考えられる。

一方で、今回の調査で明らかになった「4人に1人が、今後ロボアドバイザーを利用してみたい」という点は、非常にポジティブな現状と言える。

背景には、人を介さずにより手軽に投資を楽しみたいといった個人のニーズの高まりが考えられる。実際に、証券口座開設を必要とせず投資の疑似運用体験ができるサービスでは、約1年3ヶ月で運用者数が400万人を突破するなど、急激な増加を見せている。

※参考:2021年6月末時点のつみたてNISA口座数は約417万(金融庁「NISA・ジュニアNISA口座の利用状況調査」)

このような背景からも、これからもロボアドバイザーのような手軽な投資サービスはさらに需要が高まっていくことが考えられる。

【調査概要】
・調査対象:18歳以上の男女770名
・調査内容:「ロボアドバイザーの実態に関する調査」
・調査期間:2021年12月2日〜3日
・調査方法:インターネット調査(マクロミル社「Questant」)

関連情報:https://alpacarobo.com/

構成/DIME編集部

DIME増刊「DIME MONEY」発売中!国内株、米国株からロボアド、仮想通貨、NFT、DeFiまで賢く稼ぐコツを徹底解説

世界情勢が刻一刻と変化する今、世の中がどう変化しようと自分の力で本質を見抜き、自分に合った方法で資産形成をしていく必要性を感じている人も多いでしょう。本誌ではビジネスパーソンのためのライフハックマガジンとして積み上げてきた知見を生かし、株だけでなく、仮想通貨やNFT、DeFiといった昨今のニュースをにぎわす〝新しい資産〟についても解説していきます。経済誌やマネー誌とも違った視点で、投資を考える一冊です。新時代の資産形成の羅針盤としてお役立てください。

【参考】https://dime.jp/genre/1284078/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。