小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

メインストリームにやって来た革新!コリン・アングル氏に聞く「ルンバ j7+」にみるアイロボットの現在地と未来

2022.02.10

 アイロボットは、約1年前に発表された最上位モデルの「ルンバ s9+」に続き、次世代のメインストリームとなるロボット掃除機のあり方を具現化した「ルンバ j7+」(※)をデビューさせた。世界的な新型コロナウイルス禍の中でも同社のビジネスは着実に成長を続け、ルンバの累計販売台数も1つ前のマイルストーンだった3000万台から、わずか2年で4000万台にまで伸びている。この偉業に加えて重要なことは、並行してルンバの頭脳ともいえるプラットフォーム「iRobot Genius」もバージョン3.0へと進化し、将来的なスマートホームの姿が一段と鮮明になってきたことだ。

2022年2月10日より発売された新型「ルンバ j7+」129,800円(税込)。クリーンベースのない「ルンバ j7」は99,800円(税込)。

 ここでは、アイロボットのコリン・アングルCEOとのインタビューから見えてきた、同社とルンバの今、そして未来について書くことにする。

※本記事では、ルンバから自動的にゴミを吸引して溜めるクリーンベースにも触れているため、「ルンバ j7」とクリーンベースのセットを意味する「ルンバj7+」の製品名を使っているが、ロボット掃除機本体の基本機能性は「ルンバ j7」も同一である。

人の「パートナー」になるハイスペックモデル

 コリン氏は、以前アイロボットのロボット掃除機の最上位に位置する「ルンバ s9+」の発表に際し、そのパワフルさを“ビースト(野獣)”になぞらえたが、先日の発表会では今回の「ルンバ j7+」を“パートナー”と喩えている。シリーズ内ではミドルレンジのハイスペックモデルという位置付けで、これからのルンバの基準となるに相応しい製品といえるだろう。

 実は、拙著『「ルンバ」を作った男 コリン・アングル「共創力」』の取材中も、コリン氏は、「ロボットは人間の良きパートナーになることが必要」であり、「(完全な自律型で)人の目に触れずに掃除をするロボットというものは、 実はゴールではなく、本当に作るべきものの土台にすぎない」と話されていた。

 その後もルンバは、人と協調して機能するパートナー的な存在に近づくために、インテリジェンスにあたる「iRobot Genius」の進化によって、掃除のタイミングや場所についてユーザーの意向を確認しながら動作する機能を強化してきた経緯がある。家の間取りや、家具などを認識していることから、掃除すべき場所以外では吸引を行わず静かに移動する「クワイエット走行」などの存在も、住人に配慮する心遣いの一環だ。

ルンバのインテリジェンスにあたる「iRobot Genius」もバージョン3.0となり、「ルンバ j7+」では物体認識機能を備えて障害物も検知・回避できるようになった。

現時点で「ルンバ j7+」が避けられる障害物はこのようなものだが、スリッパや靴下は、先行販売されていたアメリカのユーザーからのフィードバックに基づいて追加された。認識できる障害物の種類は、これからも継続的に増えていく。

 そして、コリン氏自ら、「ルンバ j7+」をあえて“パートナー”と呼んだことは、この製品と「iRobot Genius 3.0」の組み合わせが、彼のビジョンを一定のレベルまで満たしたことを意味している。それを最も端的に表すのが、ルンバ初のフロントカメラと内蔵されたマシンラーニング機能、そして、iRobot Homeアプリを通じて送られる世界中のユーザーからのフィードバックの組み合わせにより、電源コードやペットの排泄物を含めて床に落ちている様々なアイテムを回避でき、しかも、継続的に能力が高まっていく物体認識機能だ。

 この機能によって、「ルンバ j7+」の動きは生き物を思わせるスムーズさと賢さを併せ持つことになり、壁などを感知する際にも、従来よりもソフトなタッチで接触するようになった。

 また、「ルンバ j7+」の特長の説明には、特に静音化に関するものは含まれていない。だが、コリン氏によれば、アイロボットは常にモーターやメカニズムの改良、および駆動効率の改善に取り組んでおり、「ルンバ j7+」が目の前で動作する様子を見ても、これまでで最も静かに機能しているように感じられた。

 このようなパートナーとしての新たな資質が、ルンバシリーズの中核的存在となる「ルンバ j7+」で実現されたことには大きな意味があり、これからの他機種への波及が期待されるところだ。

フロントカメラに秘められた技術革新

 「ルンバ j7+」のフロントカメラは、今までのルンバにはなかったことが不思議に思えるほど、自然な装備に思える。その点についてコリン氏に質問すると「ナビゲーションだけなら、上向きのカメラでも十分といえます。床にあるものは頻繁に移動しますが、部屋の上方にあるものはほとんど変化しないため、ナビゲーションのビジュアルマークとして適しているからです」との答えが返ってきた。

今回はオンラインにてコリン・アングル氏に取材を敢行。「ルンバ j7+」のみならず、アイロボットの今後の歩みについても聞くことができた。

「フロントカメラは床にある物体を把握するのに向いていますが、それが何かを認識するには、よりパワフルなプロセッサとマシンラーニング機能が必要でした。今回、こうした部分の準備が整ったので、フロントカメラを搭載できたのです」

 このフロントカメラは画角が広く、前方の物体認識のみならず、ナビゲーション用に上方の視野も確保されている。1つのカメラで認識とナビゲーションの2つの機能をカバーすることによって、エレガントで効率的なメカニズムが実現されたというわけだ。

フロントカメラとマシンラーニング機能によって、ルンバj7+は、このように複雑な障害物も難なく回避することができる。

シンプルで美しいデザインによって利用頻度が高まる

「ルンバ j7+」は、表面がフラットでシンプルだが高級感もあるデザインを採用し、1つに集約されたボタンには、他モデルで見られる”CLEAN”の文字すらない。また、横型にリデザインされたクリーンベースも、表面の細かなウェーブパターンや、上部カバーのレザー風のタブなどによって、上品だが親しみやすい外観が与えられた。さらには、床拭きロボットの「ブラーバ ジェット m6」にも、既存のホワイトとブラックに加えて、「ルンバ j7+」と同色のグラファイトカラーモデルが登場し、製品ファミリーとしての統一感が高められている。

 こうした新しいデザインの方向性は、モダンなインテリアにマッチするだけでなく、必要以上に目立たず視覚的な邪魔にならないことで、住人を尊重するロボットのあり方を示す意味合いも含んでいる。加えて、コリン氏は「シンプルで美しいデザインは、目に触れるところに積極的に置きたくなり、利用頻度を高める役割も果たすのです」と話し、外観デザイン自体も、これらの製品が人のパートナーであることを象徴していると説明した。

「ルンバ j7+」のシンプルで美しいデザインに合わせて、「ブラーバ ジェット m6」(76,868円・税込)にもグラファイトカラーのモデルが加わった。

「ルンバ j7+」のクリーンベースは、高さを抑えたコンパクトなデザインを採用し、設置場所の自由度も高くなっている。

完全自律型のAIから人に判断を求めるAIへ

「ルンバ j7+」は、一般消費者にとって、最も身近なAIの応用事例の1つと考えられる。しかし、冒頭で、「完全自律型のロボットは、実はゴールではないことがわかった」という主旨のコリン氏の言葉を紹介したように、障害物として認識された物体を自らの判断で対処して終わり、とはならないようにできている。一旦、回避して掃除を完了したうえで、iRobot Homeアプリを通じてユーザーに今後の対処方法を確認してくるのだ。

 筆者は、他企業のAIシステムに関する取材を通じても、そのあり方が、完全自律型よりも人と協調して機能するものへとシフトしてきていることを感じている。具体的には、AIによるレコメンドに対して人間の選択や判断を加えることで、AIの精度が高まると同時に、人が安心してAIを利用できるようになるのである。

 その意味からも、ルンバの判断をブラックボックス化せず、ユーザーがその過程に加われるようにしてあることは、よりよいパートナー関係を築くうえでも重要といえ、「iRobot Genius」が正しく進化していることの証にもなっている。

ウイルス禍でも変わらないアイロボットのロードマップ

 新型コロナウイルスのパンデミックは、様々な企業のビジネス戦略や経営方針に影響を及ぼし、BCP(事業継続計画) の策定を余儀なくされている組織も少なくない。しかし、ことアイロボットに関していえば、今もそのロードマップに大きな変更はなく、理想的な「スマートホーム」を築くことにあるとコリン氏はいう。ただし、「スマートホーム」には厳密な定義がないため、わかりやすく「効率的かつ安全に健康的な生活を送ることができる場所」を指すと説明しているとのこと。

 この方針は、人々が自宅で過ごす時間が長くなったパンデミックによってより広くアピールすることになり、ルンバの販売を加速すると同時に、アメリカではすでに販売中の空気清浄機の製品ラインへとつながった。

 興味深いのは、以前の消費者調査で「あなたは、どのブランドの空気清浄機が欲しいですか?」という質問に対し、まだ製品がないにもかかわらず「アイロボット」と答えた人の数が3番目に多かった点だ。つまり、それだけ“家の中の清潔を保つ”会社として、アイロボットに対する信頼感や期待感が高かったことを意味しており「製品ラインの充実は理に叶っている」とコリン氏は語った。

 さらに、アイロボットでは、企業としての社会的責任から、素材や製造方法、職場環境、サプライチェーンなどの領域でサステナビリティに関する取り組みも行なっている。世界を変えていこうとする製品を作っているからには、経営や運営を通じてもより良い世界を築いていくことが大切であるというのが、コリン氏の考えだ。「ルンバ j7+」で実現されたパートナーとしてのロボットを足がかりに、今後、アイロボットが、スマートホームの実現に向けてどのような製品が登場させてくるのか、一層、楽しみになってきた。

関連書籍:アイロボット創業もルンバ誕生も「共創力」で成し遂げてきたコリン氏

アイロボットCEOのコリン・アングル氏のロングインタビューから紐解く、幼少期からアイロボット創業当時の話、ルンバが誕生するまで、そして未来のロボティクスに至るまでを語りつくした1冊。

 

https://www.shogakukan.co.jp/books/09388790
関連情報:https://www.irobot-jp.com/

写真撮影(一部)・取材・文/大谷和利

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。