小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

小学生で持つのは当たりまえ?低年齢化が進むスマホデビューの実態

2022.02.08

現代人にとってスマートフォンは、日常生活を送る上でなくてはならないツールだ。もちろん、子どもにとっても例外ではない。友だちとのコミュニケーションやSNSの利用などに欠かせないわけだが、子どもに何歳からスマホを持たせるかは、各家庭で判断が分かれるところだろう。

MMD研究所ではこのほど、2021年以降に初めて子どもにスマートフォンを持たせた20歳~59歳の男女1,888人に事前調査を行い抽出し、本調査では2021年以降に初めてスマートフォンを持った子がいる親1,000人に対して「2022年1月初めてスマートフォンを持つ子どもと親のスマートフォン意識調査」を2022年1月21日~1月24日の期間で実施した。調査結果は以下のとおり。

スマホデビュー時期は小学6年生が14.2%、中学3年生が11.2%

事前調査として、2021年以降に子どもに初めてスマートフォンを持たせた20歳~59歳の親(n=1,888)を対象に、子どもに初めてスマートフォンを持たせた学年を聞いたところ、最も多かった回答は「小学6年生」で14.2%、次いで「中学3年生」が11.2%、「中学1年生」が11.1%となった。

これを小中高別でまとめると「小学生」が51.6%と最も多く、次いで「中学生」が28.5%、「高校生」が12.4%となった。2019年と比較すると、「小学生」が11.5ポイント増え、初めてスマートフォンを購入する時期が低年齢化していることがわかった。

子どもにスマートフォンを持たせようと思った理由は?

2021年以降に子どもに初めてスマートフォンを持たせた親(n=1,000)を対象に、子どもにスマートフォンを持たせても良いと思った理由を聞いたところ(複数回答可)、「子どもがスマートフォンを持ちたいと言い出したから」が23.8%と最も多く、次いで「周りの子どもがスマートフォンを持つようになったから」が21.7%、「親子間でLINE等を使いたいと思ったから」が18.2%となった。

小中高別で最も多かった回答は、小学生(n=468)が「子どもがスマートフォンを持ちたいと言い出したから」が22.2%、中学生(n=285)が「子どもがスマートフォンを持ちたいと言い出したから」が28.4%、高校生(n=133)が「子どもが学校に入学するから」が40.6%と学年でそれぞれ持たせた理由に違いが見られた。

子どもにスマートフォンを持たせたとき78.4%の親がルールを決めている

2021年以降に子どもに初めてスマートフォンを持たせた親(n=1,000)を対象に、子どもとスマートフォンを利用する上で子どもにスマートフォンを持たせたときのルール決めについて聞いたところ「ルールを決めている」が78.4%、「ルールを決めていない」が21.6%と約8割の親が子どもとスマートフォンのルールを決めていることがわかった。

スマートフォンを利用する上でルールを決めていると回答した人(n=784)を対象に、子どもにスマートフォンを持たせる際に決めたルールを聞いたところ(複数回答可)、最も多かったルールは「アプリ内課金やアプリのダウンロードに関するルール」で36.6%、次いで「スマートフォンを利用する時間に関するルール」が36.4%、「使用できるアプリや閲覧できるサイトに関するルール」が29.3%となった。

小中高別で最も多かった回答は、小学生(n=393)が「スマートフォンを利用する時間に関するルール」が32.1%、中学生(n=234)が「スマートフォンを利用する時間に関するルール」が50.9%、高校生(n=84)が「アプリ内課金やアプリのダウンロードに関するルール」が40.5%と学年でそれぞれ利用する上でのルールに違いが見られた。

親が子どもに設けているスマートフォンの使用時間、小学生は「1時間~2時間未満」

前問でスマートフォンを利用する時間に関するルールがあると回答した人(n=285)を対象に、子どもに許可しているスマートフォンの使用時間と実際に使用している時間を聞いたところ、許可している時間で最も多かった時間は「1時間~2時間未満」で28.4%、次いで「1時間未満」が18.6%となった。

2021年以降に子どもに初めてスマートフォンを持たせた親(n=1,000)を対象に、子どもが実際に使用している時間を聞いたところ、「1時間~2時間未満」が27.1%と最も多く、次いで「2時間~3時間未満」が25.0%となった。

子どもにお小遣いを渡すときの手段は「現金」が最多、次いで「現金とキャッシュレスの併用」

2021年以降に初めて子どもにスマートフォンを持たせた親(n=1,000)を対象に、子どもにお小遣いを渡すときの手段を聞いたところ、「現金」が64.3%と最も多く、次いで「現金とキャッシュレスの併用」が10.4%、「キャッシュレス」が9.1%となった。

子どもにお小遣いを渡していると回答した親(n=838)を対象に、キャッシュレスでお小遣いを送金したいかを聞いたところ、「利用したい」が14.0%、「やや利用したい」が26.4%と合わせて40.3%が利用意向を示した。

お小遣いをキャッシュレスで渡している理由の上位は「キャッシュレスに慣れさせたい」「利用状況や履歴が管理できる」

キャッシュレスでお小遣いを送金していると回答した親(n=195)を対象に、お小遣いをキャッシュレスで渡す理由を聞いたところ(複数回答可)、「キャッシュレスに慣れさせたい」が26.2%と最も多く、次いで「利用状況や履歴が管理できる」「ポイント還元があり、お得だから」が25.1%、「現金を落とす・なくす心配がない」が23.6%となった。

<調査概要>
「2022年1月初めてスマートフォンを持つ子どもと親のスマートフォン意識調査」
調査期間:2022年1月21日~1月24日
有効回答:予備調査1,888人、本調査1,000人
調査方法:インターネット調査
調査対象:<予備調査>2021年以降に初めて子どもにスマートフォンを持たせた20歳~59歳の男女
<本調査>2021年以降に初めてスマートフォンを持った子がいる親
設問数 :予備調査11問、本調査20問

出典元:MMDLabo株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。