小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Z世代がパソコンに回帰?コロナ禍で若年層のPC利用が急増した理由

2022.02.07

スマホ一台あれば大抵のことができる今の時代。スマホネイティブが多いZ世代は、特にスマホ端末のみであらゆることを完結させていそうだ。しかし、コロナ禍に入りZ世代の間でPC利用が増えつつある事実がこのほど、NEC パーソナルコンピュータの調査によって明らかになった。

なお本調査は、一般的に「Z世代」と総称される18~25歳の男女(学生/会社員)600名を対象として実施されている。

新しい生活様式でZ世代が使用するデバイスに変化が

2020年1月頃から猛威を奮う新型コロナウイルスによって「新しい生活様式」が浸透してきた今、Z世代のデバイスの使用状況について尋ねたところ、Z世代の10人に6人以上(61%)がPCを使用する頻度/時間がともに「増えた」と回答した。

これをZ世代の学生だけに絞ると全体の8割が「増えた」と回答しており、新型コロナ禍をきっかけに、学生を中心としたZ世代がPCに触れる機会が増えたという結果がわかった。【グラフ1】

【グラフ1】

PCを使用する頻度/時間が増えたと回答したZ世代(373名)に、その理由を尋ねたところ、1位が「リモート授業・オンライン授業」(50%)、3位に「学習の補助(学習関連の検索など)」(24%)が挙げられたことから、特に学習環境でのPC利用が増えており、Z世代にとって学習ツールとしてPCが使用されている様子が伺える。

「動画、音楽、画像の視聴・閲覧」(46%)で2位という結果からは、スマートフォンと比較して画面サイズが大きいPCが、Z世代にとってエンタメコンテンツの消費にも活用されているということもわかった。会社員に限定(129名)すると、「動画、音楽、画像の視聴・閲覧」(52%)に続いて、「リモートワーク/テレワーク」が42%で2番目に多い理由として挙げられている。【グラフ2】

【グラフ2】

Z世代がWEB会議ツールで使うデバイスはダントツで「ノートPC」

オンライン授業/リモートワークが普及した現在、Z世代の間でもWEB会議ツールを利用する機会が増えた。どのデバイスでWEB会議ツールを利用しているのかについて尋ねたところ、全体の75%が「ノートPC」と回答した。【グラフ3】その理由として、「画面が大きいため資料が見やすい」や「マルチタスクに向いている」などが多数回答に挙げられた。【グラフ4】

【グラフ3】

【グラフ4】

加えて、オンライン授業/リモートワーク時のノートPCに求めることについて調査したところ、全体の52%が「処理速度」と回答、続いて「バッテリー駆動時間」(50%)、「起動の速さ」(45%)、「パソコンの軽さ(重量)」(42%)という結果になった。【グラフ5】

持ち運びに適しながら、複数の作業を並行して実施できるノートPCは、まさにZ世代の求める「オンライン用デバイス」であるといえる。

【グラフ5】

Z世代の8割は「オンライン会議がスタンダードになっていく」と考えている

新型コロナ禍収束後の将来の働き方について、Z世代がどのように考えているのか調査したところ、「自分の生活にあった働き方がしたい」(95%)に続いて、「リモートワーク/テレワークが選択できると良い」が87%、「オンライン会議がスタンダードになっていくと思う」が82%と、8割以上のZ世代がリモートワーク/テレワークやオンライン会議が、将来も続くことを想定していることがわかった。【グラフ6】

また、今後の就職・転職先を選ぶにあたってリモートワーク制度の有無について尋ねたところ、重要であると回答したZ世代は70%に及んでおり、リモートワークに対して前向きに考えていることがわかった。【グラフ7】

【グラフ6】

【グラフ7】

Z世代にとって「パソコン」とは?9割以上が「なくてはならないもの」と回答!

Z世代に自分専用のノートPCについて尋ねたところ、9割以上(92%)「自分専用のノートPCは必要だと思う」と回答しており、自分専用PCを購入するにあたって重要視するポイントについては「処理速度」(58%)、「バッテリー駆動時間」(49%)、「保存容量」(47%)などが上位に挙げられた。【グラフ8】【グラフ9】

【グラフ8】

【グラフ9】

また、Z世代に大学生活の必需品について選択肢の中から3つ選んでもらったところ、全体の72%が「ノートPC」と回答した。この回答を学生と会社員に分けたところ、学生:83%、会社員:60%という結果になったことから、かつて学生であった会社員よりも、現在進行系で学生のZ世代のほうがパソコンの重要性を感じていることがわかった。【グラフ10】

【グラフ10】

最後に、Z世代にとって「パソコン」とはどういうものかについて尋ねたところ、「なくてはならないもの」(91%)や、「自分を豊かにするもの」(85%)など、単に仕事や学習のためのツールではなく、生活に根ざした存在であることも、今回の調査からわかった。【グラフ11】

【グラフ11】

<調査概要>
・調査名:「Z世代のパソコン使用実態に関する調査」
・調査地域:全国
・調査対象:Z世代(18~25歳)の男女600名(うち学生300名/会社員300名)
・調査時期:2022年1月19日(水)~1月21日(金)
・調査方法:インターネット調査
・調査機関:株式会社クロス・マーケティング
・調査企画:NECパーソナルコンピュータ株式会社

出典元:NECパーソナルコンピュータ株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。