小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

企業の設備投資意欲、大手は高まるものの中小企業は依然回復途上

2022.02.07

上場企業を含む大企業の設備投資意欲高まる

設備投資は、生産性の向上や市場の拡大への対応を図るうえで欠かせないものだ。なかでも昨今のデジタル化や脱炭素化の流れを受け、デジタル投資や環境配慮型設備投資などがとりわけ求められている。

2022年度与党税制改正大綱では、5Gの設備投資に対する税額控除制度の期限延長が決まったほか、環境省は脱炭素に向けた投資促進のための出資制度の創設を検討しているなど、政府は引き続き設備投資に関する政策を積極的に推進している。

そこで帝国データバンクは、「TDB景気動向調査」をもとに、企業の設備投資意欲の動向について分析を行った。

設備投資意欲は新型コロナの感染が拡大する前の水準を上回るも依然として後退している

日本企業の設備投資に対する意欲は、長年力強さを欠いているなか、新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)の感染拡大を背景に一時急低下していた。帝国データバンク「TDB景気動向調査」[1]で算出している設備投資意欲DI[2] (50を上回ると設備投資意欲が前月よりも高まり、下回ると後退していることを表す)は、1回目の緊急事態宣言が発出された2020年4月に32.1に急落し、リーマン・ショック後の2009年4月(33.3)以来の低水準となった。

その後は緩やかに回復し、2021年12月には48.5まで上昇しており、新型コロナ前の2019年4月(48.6)以来2年8カ月ぶりの水準に回復。しかし、DIは判断の分かれ目となる50を下回っており、依然として設備投資意欲が後退としている企業が多い状況だ。

設備投資意欲 DI の推移

[1] 2021年12月調査の有効回答企業数は1万769社

[2] DI(ディフュージョン・インデックス〈Diffusion Index〉)は、企業による7段階の判断に、それぞれ点数を与え、これらを各選択区分の回答数に乗じて算出している

大企業における設備投資意欲は高まっている一方、中小企業は依然回復途中

設備投資意欲DIを規模別にみると、「大企業」は2021年11月時点で2019年6月以来2年6カ月ぶりに50を上回った。2021年12月にはDIが50.9、そのうち上場企業は52.6と設備投資意欲が高まっている。

一方で、「中小企業」のDIは47.9で、2019年4月以来の水準まで上昇したものの、「大企業」より3.0ポイント低く、依然判断の分かれ目である50を下回った。

設備投資意欲 DI~規模別~

新たな需要の創出のほか、人手不足や高齢化問題が設備投資意欲を高める

新型コロナの感染拡大で生まれた新たな需要の高まりを受け、設備投資に前向きな業種がみられる。なかでも、医療用機械器具需要の好調が続いている「精密機械、医療機械・器具製造」やオンライン授業の需要増加がみられる学習塾などを含む「教育サービス」においては、ニーズに対応するために設備投資意欲が高まっている。

設備投資意欲 DI が高まる業種 (2021 年 12 月) 設備投

また、感染拡大により多大な影響を受けている「飲食店」でも人手不足を背景に効率化・自動化設備に投資を検討している企業がみられるほか、非接触型サービスのニーズに対応すべく、セルフレジやスマホ注文システム、運搬ロボットなどを導入する動きも出てきている。

新型コロナの影響があるなか、新たな需要の創出のみならず、昨今の社会課題である人手不足や高齢化、後継者不足などを背景に設備投資意欲が高まっている業種がみられる。

しかし、総じてみると設備投資意欲は依然として力強さを欠いており、特に財務力が比較的弱い中小企業においては投資をすることが困難な企業も多いだろう。

中小企業の設備投資を支援するために、政府や各自治体は補助金制度などさまざまな支援策を講じている。

企業にはそのような制度を活用し、作業の効率化を見据えたデジタル投資を行うほか、環境への対応など今後のニーズに対応するような設備投資を行うことが求められている。

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。