小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テレワークでも油断禁物!パソコンに保存されているデータを守るウイルス対策ソフト3選

2022.02.08

多くの人がビジネス、プライベート問わずパソコンを使用している昨今、気になるのが「ウイルス対策」です。

特に近年はECサイトでの買い物などのため、クレジットカードの情報を登録している場合もあるので、個人情報の流出は大きな問題になりかねません。また、テレワークを導入している企業にとっては、データの取り扱いも大きな課題になっているはずです。

そこで今回は、パソコンに保存している大切なデータを守るため、ウイルス対策ソフトを紹介していきます。

そもそもパソコンのウイルス対策は必要なの?

この記事を読んでいる人の中には、「そもそもパソコンにウイルス対策は必要なのか」と考えている人も多いでしょう。実際、ビジネスシーンで利用されることが多い「Windows 10」搭載のパソコンには、「Windows Defender ウイルス対策」というウイルス対策プログラムがデフォルトで組み込まれています。

しかし、ウイルス対策ソフトを展開する会社として有名な「ノートン」の発表によると、2021年の1月~10月のうち、全世界で1か月平均約3億件のサイバー攻撃をブロックしたと発表しており、パソコンにデフォルトで組み込まれているウイルス対策ソフトではカバーしきれない部分もあると考えられます。

また、近年は企業を狙ったウイルスが多く登場しているとのこと。そのため、ビジネスシーンでパソコンを使用している人は、ウイルス対策をしておくとより安心でしょう。

パソコン向けウイルス対策ソフト【ウイルスバスター クラウド】

初めに紹介するのは、ウイルス対策ソフトとして国内市場シェア14年連続ナンバー1の実績を持つ、トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター クラウド」。365日年中無休の「あんしんサポート」が用意されているので、初心者にもおすすめのソフトです。

ウイルス対策としてはWindows PC、Macのほかに、Androidスマートフォンにも対応。ネット詐欺対策は、3つのOSに加えて、iPhoneやiPad、Chromebookでも利用できます。

また、子供が不用意に怪しいWebサイトにアクセスできないように、使用制限を設けることも可能。価格はダウンロード1年版が5720円、2年版が1万250円、3年版が1万3580円となっており、1つ購入すれば、最大3つのデバイスで利用できます。

【参照】トレンドマイクロ/ウイルスバスター クラウド

おすすめのパソコン向けウイルス対策ソフト【ノートン 360】

「ノートン 360」は、使用できるデバイスの数や機能によって、複数のタイプが用意されているウイルス対策ソフト。初めてウイルス対策ソフトを使用するという人には、最大2台まで使用できる「ノートン 360 スタンダード」が利用しやすいでしょう。

機能としては、ランサムウェア/ウイルス/スパイウェア対策はもちろん、リアルタイムの脅威防止やフィッシング詐欺の対策、パスワードの安全管理も可能。

そのほかにも、Wi-Fi送受信データの暗号化や、広告追跡をブロックする機能も付いています。ノートン360 スタンダードの価格は、1年1台版が4780円、1年2台版が4980円となります。

子どものネット利用管理や、ダークウェブモニタリングは、もう1つ上のグレードとなる「ノートン 360 デラックス」から利用できます。

【参照】ノートン/ノートン 360

おすすめのパソコン向けウイルス対策ソフト【ESET インターネット セキュリティ】

「Canon」が展開するウイルス対策ソフト「ESET」は、世界で1億ユーザー以上に利用されており、「Google Chrome」のクリーンアップツールに採用されていたり、Google Playストアの安全性を確保することを目的とした「App Defense Alliance」に創設メンバーとして参加するなど、業界でも技術を認められています。

中でも初めてウイルス対策ソフトを利用する人向けの製品が、「ESET インターネット セキュリティ」で、ウイルスやランサムウェア、スパイウェアなどからの保護、オンラインショッピングやネットバンキング利用時の金銭被害を防ぐ機能など、セキュリティソフトとして利用頻度が高い機能をしっかりとカバーしています。

対応するOSはWindows、Mac、Android(Macは一部機能に制限あり)。利用できるデバイスの数や期間によって、細かくプランが用意されているので、自分の使い方に合わせて購入しやすいのも、うれしいポイントです。

【参照】Canon/ EAST インターネット セキュリティ

※データは2022年1月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。