小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

店頭販売で義務付けられている食品表示の情報をオンライン小売業者が開示しているケースは少ない、ニューヨーク大学研究報告

2022.02.07

オンラインで販売される食品、栄養情報の開示状況は?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック中には、オンラインで食品を買う人が急増した。

しかし、多くのウェブサイトでは、店頭販売では義務付けられている食品の栄養情報が必ずしも開示されているわけではないことが、新たな研究で明らかになった。

米ニューヨーク大学(NYU)グローバル公衆衛生学分野のJennifer Pomeranz氏らによるこの研究の詳細は、「Public Health Nutrition」に1月24日掲載された。

食品のオンラインショッピング利用者は、米国ではCOVID-19パンデミック前から増加傾向にあったものの、パンデミック発生後に爆発的な増加を見た。

Pomeranz氏らによると、オンラインでの食品購入による売上が食品の売上全体に占める割合は、2019年から2020年の間に3.4%から10.2%と3倍になり、2025年までに21.5%に上るものと推計している。

加えて、米国農務省(USDA)も2019年より、低所得世帯の食料費を補助する制度である補助的栄養支援プログラム(SNAP)の受給者が、オンラインで食品を購入できる仕組みを導入している。

米国では、店頭販売するパッケージ食品には、栄養成分表示、成分リスト、および食物アレルゲンに関する警告を、商品の目立つ部分に表示することが法律で義務付けられている。

しかし現時点では、オンライン上の小売業者にこの義務は課されていない。そのため、オンラインショッピング利用者は、健康と安全に関する重要な情報を得ることができていない可能性がある。

Pomeranz氏らは今回、オンラインで食品を扱う小売業者が、店頭販売で義務付けられている食品表示の情報を、オンライン上でどの程度開示しているのかを精査した。

分析の対象としたのは、AmazonやSafewayなどの米国の主要な9つのオンライン小売業者が販売する、シリアルやパン、飲み物など10製品。

その結果、必要な食品表示が判読可能な状態で明示されていたのは、調べた食品全体の36.5%に過ぎないことが明らかになった。

表示内容を個別に見ると、食物アレルゲンについて表示されていた食品はわずか11.4%であったが、栄養成分表示と成分リストについては、それぞれ45.7%、54.2%の食品で明示されていた。

これに対して、「塩分控えめ」などの健康と栄養に関わる宣伝文句の表示は、63.5%の製品で確認された。

研究グループは、「われわれの調査結果から、現状では、規制当局と食品業界の双方が、店頭販売で表示が義務付けられている食品情報をオンラインで提供するための一貫した環境を整備できていないことが浮き彫りになった。消費者への食品情報の提供を、今後も成長が見込まれるオンライン市場にも義務付ける必要がある」と述べている。

また、研究グループは、オンライン市場での食品表示の義務化を実現できる機関として3つの連邦機関を挙げている。

それらは、食品表示を監督する米食品医薬品局(FDA)、オンライン販売と食品広告に関する権限を持つ米連邦取引委員会(FTC)、SNAPを運営するUSDAである。

USDAは、SNAPに参加するオンライン小売業者に、必要な全ての栄養情報の表示を要求できる可能性があるという。

Pomeranz氏は、「現時点で消費者ができるのは、必要な情報を一貫して表示している小売業者からのみ商品を購入することだ」と述べる。

ただし同氏は、「SNAPプログラム受給者にとっては、プログラムに参加している業者が少ないだけに、それも難しい」と付け加えている。

Pomeranz氏はまた、食品表示はカロリー計算以上のものであることを指摘する。

高血圧や糖尿病などの慢性疾患を持つ人は、ナトリウムや砂糖などの含有量に注意する必要があるからだ。その上で、「食品表示の問題は、人々の健康と安全に関わる問題でもある」と強調している。(HealthDay News 2022年1月20日)

Copyright © 2022 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://www.cambridge.org/core/journals/public-health-nutrition/article/opportunities-to-address-the-failure-of-online-food-retailers-to-ensure-access-to-required-food-labelling-information-in-the-usa/9520BF4CB0E2CDDF9760276729F0DBE2

Press Release
https://www.nyu.edu/about/news-publications/news/2022/january/food-labeling-is-lacking-in-online-grocery-retailers.html

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。