小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「週休3日制」に関する賛成派と反対派、それぞれの言い分

2022.02.04

21年6月、政府による経済財政運営の方向性を示す「骨太の方針」に選択的週休3日制が盛り込まれたことで、注目を集める週休3日制。既にいくつかの企業で実施されているこの取り組みについて、ビジネスパーソンはどのような考えを持っているのだろうか?

株式会社ライボではこのほど、667人の社会人男女を対象に「週休3日制に関する調査」を実施した。同調査は週休3日制の賛否や収入や、労働時間の増減と賛否の関連性及びその理由などについて調査した。

週休3日制の賛否

週休3日制の賛否については、「賛成」50.2%と「やや賛成」24.7%を合算して、74.9%が賛成派の回答をした。また反対派は全体の14.0%で、内訳は「反対」8.8%、「やや反対」5.2%の回答結果だ。「どちらでもない」は11.1%だった。

男女別・年代別の賛否

賛否の回答者を男女別に見ると、男性の回答者の内賛成と回答している率は74.2%で、女性は75.7%とほとんど差がなく、反対派の回答では男性が15.8%、女性が10.4%と若干男性が多い結果になった。

また、年代別で見ていくと、賛成派回答20代が83.2%、30代が77.7%、40代が65.4%、50代が71.9%という回答結果になり、40代の賛成派が最も低くなる一方、反対派回答は20代が9.2%、30代が9.9%、40代が20.7%、50代が21.1%と、年代が上がるごとに反対派回答が多くなる結果になった。

条件付きでの賛否

条件付きで週休3日の賛否を見ていくと、週休3日制導入にあたり「1日あたりの労働時間が増加する場合」の賛成は61.3%で、反対派は30.5%の回答結果になった。また「給与が減額する場合」の賛成回答は大きく減少し32.5%で、反対回答は過半数を超える56.3%という回答結果になった。

条件付き賛否の年代別

「1日あたりの労働時間が増える場合」の”賛成回答”では、20代が最多回答で66.0%、次いで30代が65.4%、40代が53.8%、50代が53.6%という回答結果になった。また、「給与が減額する場合」の賛成回答でも、20代が最多回答の37.5%、次いで30代が33.0%、40代が29.9%、50代が15.8%と、どちらも年代が上がるごとに賛成意見が減る傾向が見られた。

賛成派の理由

週休3日制の賛否で「賛成」「やや賛成」と回答した方の賛成理由では、「プライベートの充実や自由時間が増加するから」が84.2%で最多回答になり、次いで「スキルアップの勉強時間を確保できるから」45.1%、「副業がしやすくなるから」44.9%が上位3つの回答結果になった。

反対派の理由

週休3日制の賛否で「反対」「やや反対」と回答した方の反対理由では、「給与が減少する可能性があるから」が最多回答の62.0%で、次いで「業務が停滞する可能性があるから」42.4%、「1日あたりの労働時間が増加する可能性があるから」31.5%が上位3つの回答結果になった。

回答者コメント

回答者による自由記述コメントでも、基本的には賛成の声が多い中、「給与減額」や「1日あたりの労働時間増加」などの影響に対する意見が目立った。また、今後の普及可能性についての意見も多く、日本での普及は難しいという意見も多く見られた。

・週休3日制を導入して、今までと同じ給料なら良いが、減らされたら食べていけなくなる。
・週休3日制は賛成だが、取引先が対応していないと結局形骸化すると感じる。
・選択式週休3日でも、結局給与か労働時間に影響が出るから普及はしないと思う
・一部大手で導入が進んでいるけど、実際中小企業にこの制度導入は難しいと思う

調査まとめ

この度実施した「週休3日制に関する調査」は、働き方改革が進む日本において注目ワードの1つでもあり、導入企業が徐々に増加していることから、その賛否や理由などを調査した。

この週休3日制について社会人の反応は賛成7割超という回答結果だったが、導入することにより1日あたりの労働時間の増加や給与減額などの可能性を踏まえた賛否では、どちらも反対回答が増え、給与減額の可能性を踏まえた賛否では、反対派が過半数を超えたことから、「休みが増えるのは良いが給与の減額が関わるのであれば反対」という傾向がみられた。

また、反対派の理由も「給与が減額する可能性があるから」が最多回答で、自由記述コメントでも、給与の減額に関わる意見が多数見られた。

<調査概要>
調査対象者    :全国 / 男女 / 20~69歳
調査条件     :1年以内~10年以上勤務している社会人
          20人~1000人以上規模の会社に所属
調査期間     :2021年12月24日~1月4日
サンプル数    :667
調査方法     :インターネット調査

出典元:株式会社ライボ

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。