小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

米国のグロース株に逆風、長期金利から業績を重視する展開へのシフトが待たれる

2022.02.04

企業の高い成長性ゆえに、株価上昇が見込める銘柄「グロース株」。現在、米国のグロース株が逆風下にあるという。

そんな米国グロース株についてこのほど、三井住友DSアセットマネジメントが以下のレポートをまとめた。

グロース株優勢の修正進む

米国株式市場は実質長期金利が上昇する中、グロース株が調整色を強めている。昨年末から1月28日までの下落率はS&P500グロース指数が▲10.9%、同バリュー指数が▲2.7%だ。昨年年央から再加速したグロース株優勢の流れは修正過程にある。

強まった債券価格とのプラスの相関

S&P500グロース指数と同業績、債券価格との相関を調べた。業績との相関は弱く、債券価格とのプラスの相関が非常に強くなっている。こうした関係は金利の低下が想定される金融緩和局面であれば追い風だが、現時点では逆風となる。グロース株のボラティリティの低下には、金融政策を巡る混乱が落ち着くのを待つ必要がありそうだ。

逆風下だからこそ業績に注目

3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、金融政策の見通しが明確化すれば、短期的には長期金利の上昇が一服する可能性がある。その後、景気が堅調に推移する中で金融政策の正常化が進行するため、長期金利は緩やかながら上昇すると見られる。

合わせて業績の改善が期待され、株価は堅調に推移すると思われるので、債券価格の下落と株価の上昇という関係となり、相関係数はマイナスに向かう見込みだ。また、株価と業績の関係は正の相関が強まると考えられる。

調整色を強めるグロース株だが、企業がクラウドを積極的に活用し付加価値を創造するなど、ビジネスのデジタルトランスフォーメーション(DX)化が急速に進む状況に変化はない。

今後もその恩恵を受けるグロース株の業績拡大が期待され、株価パフォーマンスの好転も見込まれる。逆風下だからこそ、次の展開に備え業績に注目しておくことが重要だと考えられる。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。