小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4月から高校で資産形成の授業がスタート、高校生の約半数が「投資に興味あり」

2022.02.03

高校生が知っている金融商品は「株」と「暗号資産」

LINEは、同社が保有する約559万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営している。

先日、そんなLINEリサーチを活用して、日本全国の高校生を対象とした貯金をしている人の割合や、投資に興味がある人の割合などについて調査を実施。

回答結果がデータ分析グラフを添えて公開されたので、その概要を紹介していきたい。

高校生の7割強は貯金をしている!

高校生に貯金をしているか、また貯金している場合はその金額について聞いた。その結果、「貯金はしているが、金額がわからない」と回答した人も含め、貯金をしている人の割合は全体の75%という結果となった。

貯金額としてもっとも高い割合だったのは「1万円以上~3万円未満」で11%。次いで、「1万円未満」「10万円以上~20万円未満」でそれぞれ9%、僅差で「5万円以上~10万円未満」が8%と続く。「50万円以上」という高校生も7%いた。

一方で、「貯金はしているが、金額がわからない」と回答した高校生は16%いた。このように貯金額は比較的ばらつきがみられる結果となっている。

またグラフにはないが、「貯金はしているが、金額がわからない」と回答した高校生は、2~3年生よりも1年生での割合が高い傾向で、特に高1女子では26%と高い割合を示していた。

高校生の5割は投資に「興味がある」

実際の取引に限らず、株式・投資信託・FX・仮想通貨などの投資全般について、興味があるかどうかを聞いた。

全体では、【興味がある人】(「興味がある」「どちらかといえば興味がある」の合計)は50%と半数。一方で、【興味がない人】(「どちらかといえば興味はない」「興味はない」の合計)は45%で、大きな差は見られなかった。

男女別にみると【興味がある人】の合計の割合は 、女子高生が42%、男子高生が58%と、男子高生のほうが高い。「興味がある」と回答した人の割合だけで比較しても、女子高生が13%、男子高生が24%で、男子高生のほうが高い割合だった。

一方で、【興味がない人】の合計の割合 は女子高生で53%と5割を超えたものの、男子高生は36%にとどまっている。男女で比較すると、男子高生のほうが投資に興味がある人が多いようだ。

学年別では【興味がある人】の合計の割合 は、1~2年生よりも3年生のほうがやや高い傾向にあった。

高校生が投資に興味がある理由は「将来、役に立ちそうだから」が最多

株式・投資信託・FX・仮想通貨など、投資に興味がある高校生にその理由を聞いた。

全体では、「将来、役に立ちそうだから」がもっとも多く、「収入源を増やしたいから」「資産を増やしたいから」といった理由が続く。それぞれ割合は4割超で、ほぼ同率となった。

4位以降は、「もうけたいから」「金融の知識がつきそうだから」「株主優待などお得なことがありそうだから」「おもしろそうだから」が3割台で続く。

男女別では、興味がある理由に違いがみられた。男子高生では、「資産を増やしたいから」「もうけたいから」が4割強と同率TOP。また、「資産を増やしたいから」「もうけたいから」「おもしろそうだから」は、女子高生と比べて割合が高くなっている。

一方、女子高生のTOP2は「将来、役に立ちそうだから」「収入源を増やしたいから」。男子高生と比べて割合が高いものとしては「将来、役に立ちそうだから」「収入源を増やしたいから」「金融の知識がつきそうだから」「株主優待などお得なことがありそうだから」などで、4割以上となっている。

さらに、女子高生では「家族やまわりの人が、投資をしている/すすめているから」も男子高生より高い割合を示した。

女子高生は知識として、男子高生は資産形成の方法としてそれぞれ投資に興味をもっている人が多い傾向となり、男女で興味や認識の違いがみられる結果になったと言えるだろう。

また、学年で比較すると1年生では全体1位の「将来、役に立ちそうだから」が高めの割合で、全体2位の「収入減を増やしたいから」は2~3年生で高い傾向にあった。

高校生が知っている金融商品は「株」と「暗号資産」

投資・資産運用に関する金融商品やサービスのうち、見聞きしたことがある程度のものを含め高校生が知っているものについて聞いた。

全体TOPは「株(国内株式 / 海外株式)」で7割。男女ともにもっとも高い割合だが、女子高生のほうがやや割合が高くなっている。全体2位は「暗号資産(FT、仮想通貨)」に。

男女別にみると、「投資信託」は男子高生のほうが高い割合だ。「暗号資産(FT、仮想通貨)」や「NFT(非代替性トークン)」も、1割未満ではあるが男子高生のほうが高い割合となった。全体的に女子高生よりも男子高生のほうが、各項目の割合が高い傾向があるようだ。

学年別でみると、「NISA / つみたてNISA」「個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)」「外貨預金」が1~2年生よりも3年生で高い割合となった。

高校の授業に導入予定の「資産形成」の授業。受けてみたい高校生は6割超

2022年4月から高校の授業に導入される「資産形成」の授業について、そういった授業を受けてみたいか、また知らなかった人には、知ってどう思ったかを聞いた。

全体では、「受けてみたい」と「どちらかといえば受けてみたい」を合わせた【受けてみたい人】は66%という結果に。その中でも「受けてみたい」が36%ともっとも高く、次に「どちらかといえば受けてみたい」が30%で続く。

「受けてみたい」は女子高生が33%、男子高生が38%で、女子高生よりも男子高生でやや高く、「どちらかといえば受けてみたい」は男子高生よりも女子高生での割合がやや高い傾向に。

一方で、「受けたくない」「どちらかといえば受けたくない」を合わせた【受けたくない人】は22%となっている。

関連情報

https://research-platform.line.me/archives/39484399.html

構成/清水眞希

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。