小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アフターコロナを見据えてハワイの不動産マーケットが絶好調

2022.02.03

2021年ハワイ不動産マーケットが好調

先行きの不透明さや海外渡航の難しさから一時的に取引件数が減少した海外不動産取引だが、LIRは2021年の海外不動産取引件数が2020年と比較し約2倍に増加。

ハワイ不動産は従来の底堅い人気に加え、コロナ禍でも資産価値が保たれていることや今後も安定した資産価値が保てると推測されることが、取引増加と推測できる。

2020年の海外不動産取引は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたものの、2021年の海外不動産取引件数は2020年に対し207%に。

また、渡航制限がかかる中でハワイ現地とリアルタイムで中継を繋ぎ、物件内覧や物件説明などを行うオンライン商談での成約が約8割を占めるなど、新しい販売方法を確立した。

LIRが日本でのオフィシャルパートナーを務めるハワイの大規模開発「ワードビレッジ」内にある新築コンドミニアムも、コロナ終息後の実需利用や投資目的での購入需要が回復したことも要因の一つに挙げられる。

2021年ハワイ不動産マーケット

2021年のハワイ不動産マーケットはアメリカ本土からの需要も相まって好調で、全体の売上高、成約日数、成約中央価格において2020年を上回る実績に。また、コロナ禍においてハワイ滞在期間が以前より長期化しており、広さや立地においてより良い物件を求め高額帯の買い付けが入るなどの動きが見られた。

・2021年のハワイ・オアフ島の売上高は、2020年と比較し戸建てで17.9%増加、コンドミニアムで53.1%増加、全体では2020年より37.3%増加。

・2021年の売り出しから買い付けまでに要した平均日数は戸建てで9日、コンドミニアムでは12日。(2020年の平均日数は戸建てで17日、コンドミニアムで25日)

・2021年の戸建ての年間販売価格中央値は昨対比19.3%上昇の$990,000(約1憶1,250万円)。戸建ての60.8%が満額以上で成約。(2020年の満額成約率は31%)

・2021年のコンドミニアムの年間販売価格中央値は昨対比9.2%上昇の$ 475,000(約5,400万円)。

・2021年は戸建て、コンドミニアム共に$1,000,000(約1億1,370万円)以上の高額帯の売上高が増加。

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。