小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最高出力707PS、最大トルク900Nm、圧巻のパフォーマンスを発揮するアストンマーティンの最強SUV「DBX707」

2022.02.03

新型DBX707は、他に類を見ない極めてユニークなSUV。このニューモデルは、圧倒的なパフォーマンス、ダイナミクス、印象的なスタイル、絶対的なラグジュアリーを独創的に組み合わせ、アストンマーティンをセグメントの頂点へと押し上げる。豊かなキャラクターと幅広い能力を備えたDBX707は、あらゆる点で究極のSUVとなる。

最速、最強、最良のハンドリング。DBX707のキャラクターは、この3つの言葉に集約されている。しかし、ただ単にベンチマークを追い求めるのではなく、決して真似のできない独自の方法で目標を達成している。

アストンマーティンの流儀で表現すれば、それは数値では表せないニュアンスを実現することであり、世界最高峰のパワーとパフォーマンスを達成すると同時に、驚異的な精密性、驚嘆のダイナミズム、純粋な人車一体感のすべてを提供し、唯一無二の、しかし、一度体験したら絶対に忘れないドライビング体験を提供することを意味する。この車は、強力なライバルがひしめくセグメントの中で、傑出した存在感を発揮する。

DBX V8は、デザイン、ダイナミクス、ドライビング・プレジャーの面で、すでに高い評価を受けている。これをスタート地点として、真正なスポーツキャラクターをさらに発展進化させたモデルがDBX707となる。パフォーマンスを引き上げ、運転する悦びをさらに濃密にして、オンロードでの存在感も高めるために、あらゆるエリアを強化した。

アストンマーティン最高経営責任者(CEO)のトビアス・ムアース氏は、次のように述べている。

「DBXは、デビューした瞬間からアストンマーティンのダイナミクスやデザインの価値を具現化しつつ、すべてのSUVが同じ妥協を強いられなくてもよいという事実を証明しました。私たちは、DBX707とともに限界を押し広げて、パフォーマンスと魅力の新基準を確立させるモデルを完成させました。最速、最強、最良のハンドリング、最高の人車一体感を提供するDBX707は、アストンマーティンをパフォーマンスSUVセグメントの頂点へと押し上げるモデルです」

世界最高のハイパフォーマンスSUVの称号を得るパワートレイン

アストンマーティン・エンジニアリングチームは、まず、パワートレインの開発から着手し、DBXに搭載されている4.0リッター・ツインターボV8エンジンのポテンシャルをフルに引き出すことに取り組んだ。パワートレイン・エンジニアリング責任者のラルフ・イレンバーガー氏が率いるチームは、DBX707のエンジンにボールベアリング・ターボチャージャーを採用するとともに、専用のキャリブレーションを施して、より多くのパワーとトルクを引き出すことに成功した。

このアストンマーティン・ハイパフォーマンスSUVのフラッグシップ・モデルには、9速「湿式クラッチ」オートマチック・トランスミッションが初搭載されている。このトランスミッションは、従来型のトルクコンバーター・オートマチックよりもトルク伝達容量が大きく、従来のDBX(V8)を157PS、200Nmも上回る、707PSの最高出力と900Nmの最大トルクを余すことなく4輪に伝達する。

この新しい湿式クラッチ・トランスミッションは、さらなるメリットをもたらします。このユニットは、トルクコンバーター式トランスミッションと比較して、遥かに迅速にギアチェンジを行うことが可能。シフトフィールも改善され、高速化とダイレクト感が高まり、コントロール性とレスポンスの向上を実感することができる。その結果、DBX(V8)以上のダイナミックなキャラクターを実現している。発進加速も向上し、3.3秒という驚異的な0〜100km/h加速に貢献している。

イレンバーガー氏は、次のように続けている。

「この例外的なニューモデルは、DBXの潜在的なパフォーマンスを解き放ち、世界最高のハイパフォーマンスSUVの称号を獲得するでしょう。パワー、トルクともに大幅な増加を達成し、4.0リッター・ツインターボV8の秘めたる実力を知らしめると同時に、一切の妥協を排し、最高のエンジニアリング・ソリューションを追求し続けるアストンマーティンの姿勢を実証しています。この類まれなエンジンと新しい9速“湿式”トランスミッションの組合せは、驚異的な性能と記憶に残るキャラクターを備えたDBX707の心臓部に収まっています」

サスペンション、ブレーキなどのアップグレードによる総合的なパフォーマンス

パフォーマンスの強化には、パワートレイン以外の要素も関連している。標準装備されるカーボンセラミック・ブレーキがその典型的な例となる。フロント420mm径、リア390mm径のCCBディスクと6ピストン・キャリパーを採用し、4輪合計でバネ下重量を40.5kgも削減。

さらに油圧系のサイズやブースター・チューンも見直して、ブレーキフィールとレスポンスを向上させ、制動精度とドライバーの自信を同時に高めることに成功した。メインクーリング・インテークとアンダーフロアからフレッシュエアを取り込んで、ブレーキの冷却性能も引き上げている。これにハイパフォーマンス・ブレーキパッドが相まって、幅広い温度領域で高い制動安定性を実現している。

そして、22インチ・ホイールとタイヤを標準装備(スポーツタイヤと「Ribbon」デザインの選択が可能)し、テクスチャード・ブラックまたはダイヤモンド旋削仕上げが印象的なサテンブラックの23インチ・アロイホイールがオプション設定される。23インチ仕様を選択すると、大径タイヤによるステアリング・レスポンスの向上効果やボディの初期応答性が引き上げられて、ラップタイムが短縮されるなどのダイナミクス上の恩恵を得ることができる。

また、DBX707には、新バージョンのエレクトロニック・リミテッドスリップ・リア・ディファレンシャル(e-diff)も採用されている。このディファレンシャルは、900Nmの最大トルクに耐えられるよう強化されるとともに、最終減速比をDBX V8の3.07から3.27に変更(ローギアード化)しています。これにより、DBX707は、9速トランスミッションによる効率およびクルージング時の洗練性を維持しながら、低速ギアからの加速力とギア固定時のレスポンスが向上している。

なお、フロントおよびリアへのトルク配分がフルオート化されている点は、DBX V8と同一となる。必要に応じて、リアアクスルに最大100%のトルクを伝達することも可能。e-diffにも入念なキャリブレーションを施すことにより、コーナリング時の俊敏性、スポーツフィール、ダイナミクスは、すべて真のスポーツカーと呼ぶに値するレベルに達している。シャシーおよびパワートレイン・テクノロジー・システムの統合により、最良のハンドリング・バランスを実現しつつ、常にトラクションと俊敏性の理想的なバランスを維持する。

卓越したハンドリングのカギを握るメカニズムは、エア・サスペンション・システムとなる。基本的な構造とトリプルボリューム・エア・チャンバーは、セグメント最良のハンドリングを誇るSUVとして評価されているDBX V8のシステムを踏襲している。さらに、DBX707シャシーには、厳格なニーズと目的に合わせて最適化された専用チューニングが施されている。

また、新しいダンパー・バルブとキャリブレーションが見直されたスプリング・ボリューム・ダイナミック・スイッチングによって、ボディ・コントロールとステアリング・レスポンスが引き上げられている。電動パワーステアリング・システムのキャリブレーションを改善した結果、ステアリング・フィールも向上している。ニュートラル位置から離れるにしたがって操舵力が大きくなるため、コーナリング負荷の増大とグリップ・レベルの状況をより正確に予測できるようになった。

さらに、ヒーブ(バンプやクレストを通過する際、またはサスペンションが圧縮される時にボディに発生する鉛直方向の動き)、ピッチ(制動時のノーズダイブや加速時のスクワット現象)、ロール・コントロールがタイトになったため、DBX707のドライバーは、自然なペダル操作とステアリング入力だけでヨーモーメントをコントロールすることができる。細かい部分では、エレクトロニック・アクティブ・ロール・コントロール(eARC)システムのパラメーターを変更することで俊敏性のレベルを強化し、ダイナミック・バランスを向上させている。

DBX707のドライバーに焦点を当てたキャラクターは、ダイナミック・ドライブモードの改良にも表れています。ここでは、「GT Sport」および「Sport+」モードで、「Race Start」を選択できるようにして、発進加速を最大限に引き上げ、強化されたパフォーマンスをフルに発揮できるようにしている。4輪駆動システムのトランスファー・ケースのアクティブ・ロジックも改良して、ドライブラインとESPシステムの協調性とコントロール性を改善して、より自然でスポーツカーを彷彿とさせるドライビング体験を実現している。

アストンマーティン・ビークル・エンジニアリングおよび調達責任者のドラモンド・ジャコイ氏は、次のようにコメントしている。

「究極のSUVを製作するという目標は、エンジニアリング・チームに数多くのチャレンジを突きつけました。このクラスでは、ただ単にパワーを追い求めればよい、という考え方が定着しているようです。しかし、DBX707では、強烈なパフォーマンス、完璧なコントロール性、精密性を組み合わせ、さらにアストンマーティンにふさわしいスポーツキャラクターを実現するという目標を立てました。

そのためには、あらゆる努力を惜しまず、あらゆる妥協を排除して、車のあらゆる側面に目を向けなければなりませんでした。エンジン、トランスミッション、サスペンション、ブレーキ、電子制御システム、エアロダイナミクスなど、すべてが包括的な強化と入念なチューニングの対象とされました。その結果、DBX707は、新たな基準を確立させ、ライバルとの間に明確な違いを生み出すことに成功しています」

ドライバーが常に車両を制御下に置くというコンセプトに基づき、DBX707には、新しいドライブモード・セレクション・スイッチを含む改良型の下部コンソールを装備した。これによって、インフォテインメント・システムのサブメニューを表示させることなしに、主要なダイナミック・モードとセットアップを指先で操作することが可能になった。

サスペンション・モード、ESP、マニュアル・ギアセレクション、アクティブ・エキゾーストスイッチには、それぞれ専用ボタンを設定。マニュアル・ギアセレクション・モードを作動させると、スポーツカーのようなマニュアル・シフトが維持され、自動的にデフォルトのオートマチック・モードに戻ることはない。アクティブ・エキゾーストシステム・ボタンを操作すると、ドライブモードをスポーツ・モードに切り替えなくても、新しい4本出しテールパイプ・スポーツエキゾーストシステムのバイバスバルブを開放することができる。

美しさと優雅さも併せ持つ圧倒的なスタイリング

広範囲なエンジニアリングのアップグレードに合わせて、DBX707のエクステリアとインテリアにも、抜本的なデザイン変更が施されている。ここでは、全体としてスポーティな印象を与えながらも、ディテールまで細心の注意を払うアストンマーティンのスタイリッシュなアプローチが巧みに表現されている。

フロントエンドでは、大型フロントグリルと新設計されたDRL、新しいエアインテーク、ブレーキ冷却ダクト、新しいフロント・スプリッターの形状が新鮮なイメージを与えている。サテン・クロームグリル(ウルトラ・ハイパフォーマンスV8と9速トランスミッションの冷却ニーズに合わせて大幅に拡大)には、ダブルベーンと6本の水平バーを配してビジュアル・インパクトを高めることにより、瞬時にこの車がトップモデルであることを視覚的に伝達する。

そして、ダークサテン・クローム・ウィンドウサラウンドと新しいルーバー・ボンネットブレードは、フロントグリルやグロスブラック・スプリッター、これと連続するグロスブラック・サイドシルと完璧に調和している。サイドシルは、彫刻的なフォルムに仕立てられ、地を這うような DBX707のスタンスを強調する。DBX707はまた、ソフトクローズ・ドアを採用することで、ラグジュアリーSUVのキャラクターをさらに強化している。

フロントエンドと同様、リアエンド・デザインも非常に印象的となる。美的フォルムと空力機能の両方を同時に引き上げるため、ルーフウイングに新しいリップ・スポイラーを追加して、揚力を抑えて高速安定性を向上させている。また、ツイン・リア・ディフューザーを大型化して、新しい大径4本出しエキゾーストシステムとの外観上のバランスも取っている。

新しいエキゾーストシステムは、サテンブラック仕上げとして、ディフューザーのグロスブラックと対比させている。エキゾーストシステム自体にも精妙なチューニングを施し、ユニークなシグネチャー・サウンドを生み出した。新しいリアバンパーには一体型クオーターパネル・ベントを組み込んで、筋肉質なフォルムをさらに強調している。

アストンマーティン・チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマン氏は、次のように述べている。

「DBX707のスタイリング上のポイントは、至高のダイナミズムによりもたらされる自信に溢れた姿を、デザインに取り込んだことです。DBX V8という第一級のSUVがベースになっているため、大幅な変更は必要ありませんでした。私たちは、DBX707が最高のパフォーマンスを誇るモデルとして瞬時に認識されるよう、デザインの特定エリアに集中して作業を行いました。当然のことながら、それらの変更は機能上の理由によるものです。

すぐに目に付くのは大型グリル、リア・スポイラー、オプションの23インチ・ホイールでしょう。加えて、たとえばサイドシルやリアバンパーは、DBX707の圧倒的なパフォーマンスを視覚的に伝達できるよう、よりアグレッシブなスタンスと筋肉質なフォルムをアクセントにしています。その結果、純粋なラインと完璧なプロポーションを維持しながら、そのポテンシャルを感じさせるデザインを生み出すことに成功しました。DBX707は、獰猛なキャラクターを備えた真のパフォーマンスカーですが、アストンマーティンDNAに期待される美しさと優雅さも備えています」

そのスポーティなデザインテーマは、インテリアにも反映され、スポーツシートを標準装備している(コンフォート・シートは無償オプション)。全てのシートオプションに、16ウェイ電動調整機能を備え、フロント/リア・ヒーターが標準装備される。

インテリアの環境は、3種類から選択可能。標準仕様の「AccelerateSport」は、レザーとアルカンターラの組み合わせとなる。また、オプションの「Comfort」と「Inspire Sport」は、フル・セミアニリン・レザーを採用し、ヘッドレストのアストンマーティン・ウイング刺繍、シート中央より下のコントラスト・ストライプ、シートバック、およびベースクッションのパーフォレーション・パターンなどのディテールを組み合わせている。

エクステリアと同様、インテリアでも、ダーク・クローム仕上げが施されたスイッチギアを採用し、ブライト・クロームとカーボンファイバーをオプション設定している。トリムは、ピアノブラック・ウッドを標準装備として、カーボンファイバーおよびブロンズ・メタルメッシュ仕上げをオプション設定している。

DBX707のエクスクルーシブなキャラクターをさらに強化し、真にユニークな1台を製作したい顧客のために、「Q by Aston Martin」は、オーダーメイドによる究極のパーソナライゼーション・サービスを提供する。独自のグラフィック、ティンテッド・カーボン、ビスポーク素材などの幅広いオプションを提供する「Q byAston Martin - Commission」は、顧客のニーズに完璧に対応し、パーソナライゼーションの概念を拡大する。

DBX707の製造は2022年第1四半期に開始し、納車は、2022年第2四半期初頭から開始する予定。

主要諸元

■サイズ:全長5,039mm×全幅(ミラー格納時)2,050mm×全高1,680mm
■ホイールベース:3,060mm
■燃料タンク容量:87リットル
■積載容量:632リットル(+フロア下収納スペース:最大62リットル)
■重量:2,245kg 装備重量(DIN)
■重量配分:52%/48%(フロント/リア)
■牽引重量:2,700kg(5,940lb)
■アプローチ・アングル:22.2°(最大ライドハイト時:25.7°)
■ディパーチャー・アングル:24.3°(最大ライドハイト時:27.1°)
■ブレークオーバー・アングル:15.1°(最大ライドハイト時:18.8°)
■渡河深さ:500mm
■最低地上高:175mm(最大ライドハイト時:220mm)
■回転径:12.4m(車両先端部)

■エンジン:4.0リッターV8ツインターボ
■排気量:3,982cc
■トランスミッション:9速AT(湿式クラッチ)
■ホイールサイズ:フロント10Jx22インチ、リア11.5Jx22インチ
■タイヤ:サマータイヤ:ピレリP Zero、フロント285/40 YR22、リア325/35 YR22
■ブレーキ(フロント): カーボンセラミック(CCB)ブレーキディスク、420mm径、6ピストン・アルミニウム・キャリパー
■ブレーキ(リア): カーボンセラミック(CCB)ブレーキディスク、390mm径、スライディングピストン・アルミニウム・キャリパー

■最高出力:707PS(697bhp/520kW)/4,500rpm
■最大トルク:900Nm(663 lb-ft)/6,000rpm
■リッターあたり出力:138PS/L(136bhp/l)
■0~60mph(約97km/h)加速:3.1秒
■0~100km/h加速:3.3秒
■0~160km/h加速:7.4秒
■最高速度:310km/h

関連情報:https://www.astonmartin.com

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。