小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

リアルな3Dサウンドを楽しめるデノンのDolby Atmosイネーブルドスピーカー内蔵サウンドバー「DHT-S517」

2022.01.30

3.1.2ch&バーチャルサラウンド技術を駆使して立体的な空間を再現

デノンは、2022年1月下旬よりワイヤレスサブウーハー付きDolby Atmosサウンドバー「DHT-S517」の発売を開始する。

DHT-S517は、デノンのサウンドバーの中ではミドルクラスに位置付けられる製品であり、一体型サウンドバーのヒットモデル「DHT-S216」と同様、シンプルで使いやすく、クラスを超えた音質を備える高音質サウンドバーとして開発された。価格はオープン価格。

「DHT-S517」の主な特徴

DHT-S517は、デノンのサウンドバーとしては初めてDolby Atmosイネーブルドスピーカーを内蔵したモデルだ。斜め上に向けて取り付けられた2基のドライバーから放射されるサウンドが天井に反射して、上方からリスナーの耳に届くことにより、DSP処理によるバーチャルサラウンドでは体験できない、リアルな3Dサウンドが体感できるという。

本体は合計7基のドライバーを搭載するサウンドバーとワイヤスサブウーハーによる3.1.2chシステムを構成。スピーカーとしての本質的な音の良さと、バーチャルサラウンド技術を駆使した立体的な空間再現能力を両立している。

フロントL/R には25mmツイーターと120mm×40mm楕円形ミッドレンジ・ドライバーを搭載。さらに、人の声の再現性を高めるために専用のセンタースピーカーも装備している。

センタースピーカーには、アルミ振動板を採用した広帯域フルレンジ・ドライバーを採用することでスムーズな高域特性を実現。各ドライバーを支えるエンクロージャーは、FEM(有限要素法)による強度解析を用いて設計され、不要な振動を抑制することで明瞭で透明感の高いサウンドを実現した。

ワイヤレスワブウーハーには映画も音楽も迫力たっぷりに再生する150mmの大口径ドライバーを搭載。サブウーハーの音量はリモコンで調整できるので、コンテンツや視聴環境に合わせて柔軟な設定変更に対応する。

幅172mm、奥行290mmとA4用紙よりも小さなスペースに設置でき、しかもサウンドバーとの接続はワイヤレスのため設置場所に悩むこともない。

サウンドバーは幅1,050mmで49型~55型のテレビに最適なサイズ。画面やリモコン受光部をさえぎらないように高さを60mmに抑えたスリムデザインとしており、壁に掛けて設置することもできる。

サウンドモードはコンテンツに合わせて選べる「Movieモード」と「Musicモード」、そしてデノンならではの「Pureモード」を搭載。Pureモードでは、バーチャルサラウンドやアップミックスなどの処理を停止し、入力信号に脚色を加えることなく再生する。

また、夜間の視聴に最適な「Nightモード」、映画やドラマのセリフ、ニュース、ナレーションなど、人の声の周波数帯域だけを強調して聴き取りやすくする「ダイアログエンハンサー」も搭載。効果の強さは3段階で調整することができる。

音響設計は世界中で数々のアワードを受賞した「DENON HOME SOUND BAR 550」を手掛けた開発チームが担当。

もちろんサウンドチューニングはサウンドマスターである山内慎一氏が担当している。エンクロージャー、ドライバー、アンプ回路など音質に影響するあらゆる回路、パーツの設計までこだわり抜き、Hi-FiコンポーネントやAVアンプ同様にデノンらしい「Vivid & Spacious」なサウンドを追求した。

特にピュアモードは40回以上に及ぶリスニングテストを繰り返して、音源の魅力をストレートに引き出す理想的な音質を追求したという。

K/60Hzや幅広いHDR信号のパススルーにも対応するHDMI入出力を各1系統を備えている。HDMI出力端子はeARC/ARCに対応しているため、テレビとの接続はHDMIケーブルを1本繋ぐだけ。CECにも対応しているのでテレビとの電源オン/オフ連動や、テレビのリモコンによるDHT-S517の音量調整が可能だ。

音声フォーマットはDolby Atmosの他、Dolby TrueHD、Dolby Digital PlusやMPEG-2 AAC、MPEG-4 AAC、7.1chまでのリニアPCMに対応。eARC/ARCに対応していないテレビと接続するための光デジタル入力、AUX入力(3.5mmステレオミニジャック)も備える。

また、Bluetoothにも対応しており、スマートフォンやタブレットなどから音楽やアプリの音声を再生することもできる。

主な仕様

外形寸法/サウンドバー:1,050×60×95mm、サブウーハー:172×370×290mm
質量/サウンドバー:2.5kg、サブウーハー:4.3kg
HDMI端子/1入力/1出力(eARC/ARC)
対応音声フォーマット/Dolby Atmos、Dolby TrueHD、Dolby Digital Plus、Dolby Digital、MPEG-2 AAC、MPEG-4 AAC、リニアPCM(最大7.1ch)
サウンドモード/Pure モード、Movie モード、Music モード、Night モード、ダイアログエンハンサー
サウンドバードライバー/フロントL/R:25mm ツイーター×2、120mm×40mm ミッドレンジ×2、センター:25mm フルレンジ、Dolby Atmos イネーブルドL/R:66mm×2
サブウーハードライバー/150mm ウーハー

関連情報

https://www.denon.jp/ja-jp

構成/清水眞希

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。