小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

クレジットカードの取引データから紐解く2021年の消費動向

2022.01.31

カードの取引データで紐解く「2021年消費動向」

ナウキャストとJCBは、国内消費指数「JCB消費NOW(※)」を用いて、2021年1月から12月までの消費動向を振り返った。

また、都道府県をまたいだ消費をとらえる「From To 指数」を用いて、都市部(東京と大阪)とリゾート地(北海道と沖縄)のホテルにおける消費者の居住地構成推移を比較した。
※プライバシーを保護した形で加工したJCBカードの取引データを活用し、現金も含むすべての消費動向を捉えた国内消費指数。

■2021年消費動向の総括

※ベースライン対比は2016年~2018年の同期平均との比較。
※小売総合は小売消費全体の動向、サービス総合はサービス消費全体の動向を示し、全総合は小売総合およびサービス消費を合わせた消費全体の動向を示す。

・1月-3月:サービス消費が年初1月7日の緊急事態宣言発令により減少し、1月後半に底をつける。その後、感染者数の減少に伴い3月後半まで回復する。
・4月-5月:4月25日から3度目の緊急事態宣言発令。以降、消費が減少し5月後半で2番底をつける。
・6月:緊急事態宣言解除で消費回復。またワクチンの接種ペースが高齢者中心に加速する。
・7月:新規陽性者数は増加に転じるも、オリンピック開催およびそれに伴う4連休の特殊要因により、7月後半まで消費回復。
・8月-9月:過去最高ペースの新規陽性者数増加、緊急事態宣言対象地域の全国的な拡大により3番目の底をつける。
・10月-11月:国内居住者の5割以上がワクチン接種完了した上での緊急事態宣言解除。新規陽性者数の減少傾向が続き、全総合がベースライン比でプラスに。
・12月:新型コロナウイルスのオミクロン株の国内市中感染が確認され、外出関連消費中心にサービス総合の回復が足踏み。

各地域のホテルにおける消費者居住地構成の推移(From To 指数)

From To 指数では、一部業種において、どの都道府県の居住者がどの都道府県でどのくらい消費したかを示す指数「CI値」を公開している。

「CI値」は、消費人数変化をベースとした「CI値_人数」および消費金額変化をベースとした「CI値_金額」を公開している。

「CI値_人数」および「CI値_金額」ともに、期間推移や他都道府県間差異等の比較を容易にすることを目的とした指数であり実際の消費人数や消費金額を示すものではない。

【From To 指数 公開業種】百貨店/ショッピングセンター/居酒屋/ホテル/ビジネスホテル/ゴルフ場/遊園地

●都市部(東京・大阪)

・2021年9月以降は遠方(都内/府内および近隣県以外の都道府県)からの人流回復が加速したと見られ、2021年11月には東京・大阪ともに都内・府内の割合が2020年3月以降でコロナ禍前の水準にもっとも近づいた。

・新型コロナウイルスのオミクロン株の国内市中感染が確認された12月は、東京・大阪ともに遠方からの割合が減少した。

・コロナ禍で拡大した近隣県の割合(赤線)は、特に東京では高止まりしている。

●リゾート地(北海道・沖縄)

・北海道では、7月以降道内の割合が上昇傾向にあったが、オンシーズンに入った12月は三大都市圏の割合が増加。

・沖縄では、11月までは三大都市圏を除く県外の割合が回復傾向にあったが、12月は減少した。

関連情報:https://nowcast.co.jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。