小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本通信が1GB単位で上限設定できる基本料290円の携帯料金プランを提供開始

2022.01.30

日本通信が1~100GB間の1GB単位を自身で上限設定できる基本料290円の料金プラン「合理的シンプル290」提供開始

日本通信は、データ通信と音声通話の両方を携帯キャリアの原価ベースで調達できるようになったことをフル活用し、1月27日(木)より、月額基本料290円(税込)の合理的な携帯料金プラン「合理的シンプル290」の提供を開始した。

「合理的シンプル290」は基本料290円(1GB付き)、通話は11円/30秒、データは220円/GB。一般に従量プランは、使った分によって支払い金額が決まるため納得感のある課金方法ではあるものの、どれだけ請求されるかわからないという不安がある。

一方、定額プランは例えば、実際は2GBでおさまっても、2GBプランでは足りないかもしれないという不安が(世の中の多くはこの定額プランで、他社の場合、追加データ量は1GBあたり550円~1,100円がほとんど)。

「合理的シンプル290」は、データ利用量の上限を設定できる「上限設定機能」を有し、自身で1GBから100GBの間の1GB単位で上限設定をすることができる。

定額プランとの大きな違いは、仮に3GBに上限設定しておいても、2GBにおさまれば月額510円(基本料290円+220円)で済むことだ。

従量制の良さと定額制の安心感を兼ね備えた合理的な携帯料金プランとなっている。

■合理的シンプル290 月額基本料金(安心の上限設定機能付き従量プラン)

さらに、70分/月まで国内通話が定額で利用できるオプションを700円/月で、通話かけ放題を1,600円/月で用意。通話をメインで使うのであれば、1GB付き基本料と通話かけ放題をあわせても月額1,890円の支払いで済む。

「合理的シンプル290」の基本料は、半年後も1年後も、使用しなくてもずっと290円。

関連情報:https://www.j-com.co.jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。