小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人気のアルコールテイスト飲料、みんなはどんなシチュエーションで飲んでる?

2022.02.01

アルコールテイスト飲料とは、アルコール度数1%未満で、酒類の味わいや風味を再現した飲料のことを指す。コロナ禍でおうち時間が増えている昨今。消費者がアルコールテイスト飲料を飲む頻度も増加したのだろうか?

ぐるなびではこのほど、20代~60代のぐるなび会員1,000名を対象に「アルコールテイスト飲料」に関する意識調査を実施した。詳細は以下の通り。

アルコールテイスト飲料に関する調査

はじめに「コロナ禍前後でのアルコールテイスト飲料を飲む機会の変化」について聞くと、「増えた」と答えた人は約1割という結果に。特に20~30代の男性でやや高めだった。

次に「コロナ禍においてアルコールテイスト飲料を誰と飲む機会が多いか」と尋ねると、「ひとり」が3割台で最多で、次いで「家族」「友人」「配偶者」が2割台という結果になった。

また、「コロナ禍におけるアルコールテイスト飲料を飲むシチュエーション」について聞くと、「家での食事」が4割、「飲食店での食事」が3割という結果になった。

さらに、「アルコールテイスト飲料を飲む頻度」では、週に1回以上飲む人が4割強で、年代が上がるほど頻度も増加傾向になった。

「アルコールテイスト飲料を選ぶ際に重視するポイント」を聞くと、「味わい」が6割で最多だが、男女で約16ポイントの開きがあった。

最後に「どのアルコールテイスト飲料を飲んでるか」と尋ねると、「ビール」が最多だったが、20~30代女性では「サワー」や「カクテル(甘め)」が上回った。

<ぐるなび担当者のコメント>
アルコールテイスト飲料は、コロナ禍の酒類提供制限要請において飲食店の救世主となりましたが、外食・内食問わず、飲む機会が増えており、消費者の新たな飲料の選択肢として広がりました。

調査結果からも、増えたと回答したのが全体の1割、特に若年層の男性にも受け入れられたことが分かりました。選ぶ際に重視している「味わい」については、今後新たな製品が登場するなど、さらに選択の幅が広がることで、自分好みの味わいを見つけられ、アルコールテイスト飲料の魅力がより一層広がっていきそうです。


(株)ぐるなび リサーチグループ長 本間 久美子氏

<調査概要>
調査期間:2022年1月14日(金)~1月16日(日)
調査方法:WEBアンケート
調査対象:全国
回答者 :20代~60代のぐるなび会員1,000名

出典元:株式会社ぐるなび


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。