小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

主人公のビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹の父親をウィル・スミスが演じる話題作「ドリームプラン」の見どころ

2022.01.30

■連載/Londonトレンド通信

「うちの子はテニス・チャンピオンになる!」なんてことを言うお父さんがいたら、親バカと思われるのがおち、ましてや「うちの子2人ともチャンピオン!」だったら、鼻で笑われそうだ。

 だが、このお父さん、なんと実現させてしまう。父の名はリチャード・ウィリアムズ、子どもたちの名はビーナスとセリーナ、姉妹揃って数々の記録を打ち立てた、あのウィリアムズ姉妹の父親を主人公にした映画が、2月23日公開のレイナルド・マーカス・グリーン監督『ドリームプラン』だ。

 原題は父の名からとって『King Richard』、リチャード王と言えば、シェイクスピア劇にもなっているイギリス国王が浮かぶが、大きな計画を長い年月をかけて駒を1つずつ進め実現させていくところなど、それこそ王のような父親だ。

 演じるのはウィル・スミス、『メン・イン・ブラック』シリーズなどでお馴染みのしなやかな体躯を、もったり気味にして登場する。

「もっと大きいサイズのウェアを着なさいよ」と言われたりする、ぴっちりして窮屈そうなウェア姿だが、育ち盛りの子らはともかく、自分の中年太り(?)に合わせ新調できるほど楽な暮らしではなさそうだ。警備員の仕事をしながら姉妹をテニス指導、同じく妻も働きながら指導にあたりつつ、5人の子どもを育てている。

 そうまでして我が子を特訓するのは、リチャードが姉妹誕生以前から立てていたドリームプランによる。ドリームプランとは、簡単に言うとテニス・チャンピオン養成計画だ。

 我が子にそんな夢を重ね、しかも大真面目なあたり、星一徹を思い出した。大リーグボール養成ギブスを息子に装着させたお父さんだ。ギブスに苦しむ飛雄馬に、その弟を見守りながら柱の陰で泣く姉、明子と、星一家はなかなか大変そうだった。だが、ウィリアムズ一家にそういう悲壮感はない。

 名前通り頑固一徹オヤジの一徹と、ドリームプランを実行していくリチャードは、信の強さでは似通っているが、その出し方が違う。リチャードは明るくユーモラスだ。

 団結して姉妹をサポートするウィリアムズ家は温かい。それでも、とんとん拍子とはいかない。一家から2人のテニス選手を育てあげるのには、経済的な困難はもちろん、黒人である彼らへの差別意識という困難もあった。それが、ますます一家を結束させたのかもしれない。

 加えて、一家の暮らしたカリフォルニアのコンプトンは、治安がよろしくなさそうだ。テニス練習に通う近所の公園には、度々、ストリート・ギャングからの邪魔が入る。ボコられるリチャードの姿も痛ましいが、腹に据えかねたリチャードの方があわや殺人犯に?という場面まである。この場面含め、映画で描かれるのは実際に起きた事をベースにしている。

 地元で偏見やギャングに対するリチャードも頼もしいが、その強さは、エスタブリッシュメントに対した時、より際立つ。相手が有名コーチだろうが、大手メーカーだろうが、引くことなく我流を貫く。その道のプロが言う「この世界ではこうする」が、娘たちにとって不利と思えば、おいそれと従うことはしない。娘たちに最善と思われる道を、認めさせてしまう。あっぱれだ。

 そんな強気のベースに、姉妹の実力があったことは言うまでもない。リチャードの信が妄信でなかったことは、今や姉妹が世界に証明している。

 我流で姉妹をテニス界に押し上げたリチャードに、勇気づけられる人は多いだろう。10月のロンドン映画祭での上映には、オーディション番組でスターの座をつかんだアレクサンドラ・バークとサッカー選手ダレン・ランドルフのペアなども姿を見せた。

文/山口ゆかり
ロンドン在住フリーランスライター。日本語が読める英在住者のための映画情報サイトを運営。http://eigauk.com

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。