小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で男性の妊活に対する意識はどう変化した?

2022.02.01

男性は女性に比べて妊活に消極的だとよく言われるが、本当にそうなのだろうか?

株式会社ダンテではこのほど、20代~60代の男女105人を対象に妊活に関する意識調査を実施。すると、男性も積極的に妊活したいと考えていることが明らかになった。詳細は以下の通り。

男性の5割が「ふたりで取り組むことで、積極的に取り組んでいきたい」

妊活についてのご⾃⾝の考えに⼀番近いものを選んでいただいたところ、全体で94%の⼈が「ふたりで取り組むこと」と意識している(図1)ことがわかった。

そのうち、男性は、51.7%の⼈が「積極的に取り組んでいきたい」と回答し、次いで「男性の妊活についてもっと知りたい」が43.3%だった。⼥性は、57.8%が「積極的に取り組んでいきたい」と回答し、「男性の妊活についてもっと知りたい」が37.8%だった(図2)。

⼥性は妊活前から“男性の妊活をもっと知りたい”、⼀⽅の男性は…?

妊活はふたりで取り組むことと回答した⼈を妊活に取り組んでいる期間で集計したところ、とても興味深い違いが表れた。⼥性は、妊活をまだ初めていない⼈に「男性の妊活についてもっと知りたい」が多く、男性は、妊活に1年以上取り組んでいる⼈が「積極的に取り組んでいきたい」の回答が多いことがわかった。

⼥性は妊活前から男性の妊活に対して関⼼が高く、男性は長く妊活に取り組んでいる⼈ほど積極的に取り組みたい意欲が高いことが⾒えた結果となった。

<調査概要>
調査対象︓20〜60代の男⼥
調査⽇︓2021年9⽉14⽇〜12⽉31⽇
調査⽅法︓インターネットによる任意回答
調査⼈数︓105⼈(⼥性45名、男性60名)
対象の妊活期間︓まだ始めていない⼈…40.0%、6カ⽉未満…23.8%、6カ⽉〜1年未満…13.3%、1年以上…22.9%

出典元:株式会社ダンテ
https://www.ninkatu-sinjidai.jp/blog/20220125


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。