小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

働く女性500人に聞いた冬のボーナス、過半数が「支給なし」

2022.01.28

女の転職type「2021年の冬のボーナス」についてのアンケート調査

女性の転職に特化した転職サイト『女の転職type』は、女性519名を対象に「2021年の冬のボーナス」についてアンケートを実施した。

【Q.1 2021年冬のボーナスはいくらだった?】

※離職者除く
※「就業中の人のすべて」の雇用形態:正社員、契約社員、派遣、アルバイト・パート、フリーランス、その他

女の転職type会員に2021年冬のボーナスについて尋ねたところ、「0(なし)」が51.3%と最多となった(就業中の人のみ。離職者除く)。雇用形態が「正社員・契約社員」の人だけで見ても、「0(なし)」は49.3%で、約半数の人がボーナスの支給がなかったことになる。

支給された人の平均金額は、「就業中の人すべて」は29.4万円で、「正社員・契約社員」は30.8万円。2021年夏のボーナスの調査では、「就業中の人すべて」は31.7万円で、「正社員・契約社員」は31.9万円だったため、冬のボーナスの方が平均金額は微減している結果となった。

【Q.2 2021年冬のボーナスの満足度は?】

※離職者除く
※「就業中の人のすべて」の雇用形態:正社員、契約社員、派遣、アルバイト・パート、フリーランス、その他

ボーナスの満足度について尋ねたところ、「かなり不満足」43.1%が1位。不満足派66.7%に対して、「かなり満足」と「やや満足」を選んだ満足派は16.1%という結果になり、約4倍の差がある。

雇用形態が「正社員・契約社員」の人だけで見てみると、満足派17.8%、不満足派58.6%となり、やや満足に感じる人の割合が増える結果となった。

2021年夏のボーナスの調査と比較しても、「かなり不満足」を選ぶ人は44.4%から39.7%と微減している傾向が見えた。

【Q.3 2020年冬のボーナスはいくらだった?】

※離職者除く
※「就業中の人のすべて」の雇用形態:正社員、契約社員、派遣、アルバイト・パート、フリーランス、その他

2020年(昨年)の冬のボーナスについても尋ねたところ、「0(なし)」45.7%が最多で、支給された人の平均金額は30.9万円。2021年の「0(なし)」は51.3%だったため、昨年よりも支給されていない人の割合は5.6%増えていることになる。

支給された人の平均も30.9万円から29.4万円に微減している。雇用形態が「正社員・契約社員」の人だけを見ると、2020年の「0(なし)」は53.0%で、2021年の「0(なし)」は49.3%と、支給されていない人の割合が3.7%減少している。

ただ、支給された人の平均金額は、2020年32.1万円から2021年30.8万円と微減してる傾向が見られた。

【Q.4 2021年冬と2020年冬のボーナスの「金額差」は何が要因?】

※複数回答あり

金額差があった人にその要因を尋ねると、最も多かったのは「会社の業績」(22.0%)。2021年夏のボーナスの調査と同様に、フリーコメントには「新型コロナの影響」と回答する人も見られた。

「その他」「わからない」の回答を除くと、2位は「退職」(10.4%)、次いで「自分の評価」(7.9%)という結果だった。

【Q.5 理想の冬のボーナスは?】

※「理想」:アンケート回答者全員
※「現実(2021年)」:就業中のアンケート回答者(離職中の人を除く)

理想の冬のボーナスについて尋ねると、「50~99万円」が43.3%と最も多い結果となった。平均金額は53.6万円で、実際に2021年冬に支給された人の平均29.4万円と比較すると約24万円ほどのギャップがあった。

【Q.6 冬のボーナスは何に使う(使った)?】

冬のボーナスの使い道について尋ねたところ、1位~3位までは2020年も2021年も変わらず、「貯金」「生活費に充当」「ファッション・美容」の順。

2020年と比較すると、2021年は「旅行・レジャー」「趣味」などにボーナスを使う予定という人の割合が増えている。

2020年12月と比べると、2021年12月は新型コロナウイルスの感染者数は大きく減少していた。そのため「ファッション・美容」「旅行・レジャー」「趣味」などにボーナスを使う人の割合が増えたことが考えられる。

また、2021年夏のボーナスの調査と同様に「投資」に使う(使った)人の割合も、2020年の2.9%から2021年5.4%と増加していた。

引き続きボーナスの使い道は「貯金」がトップの傾向だが、少しずつ「投資」という選択肢を考える人も増えつつあることがわかった。

■調査内容:第44回「冬のボーナスどうだった?」 / データで知る「女性と仕事」
・調査期間:2021年12月10日~12月22日
・有効回答数:519名
・調査対象:『女の転職type』会員
・調査方法: Web上でのアンケート

関連情報:https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-44/

2022年は賢く稼ぐ!新時代のマネートレンドを完全網羅した「DIME MONEY 投資の強化書2022」

世界情勢が刻一刻と変化する今、世の中がどう変化しようと自分の力で本質を見抜き、自分に合った方法で資産形成をしていく必要性を感じている人も多いでしょう。本誌ではビジネスパーソンのためのライフハックマガジンとして積み上げてきた知見を生かし、株だけでなく、仮想通貨やNFT、DeFiといった昨今のニュースをにぎわす〝新しい資産〟についても解説していきます。経済誌やマネー誌とも違った視点で、投資を考える一冊です。新時代の資産形成の羅針盤としてお役立てください。

セブンネットショッピングて購入する

https://7net.omni7.jp/detail/1230960330

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。