小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

赤、白、スパークリング、どれが人気?10000人に聞いたよく飲むワインの種類

2022.01.28

おうち時間が増えたことで、自宅で美味しいワインを楽しむ人が増加中。マイボイスコムが9,937件の回答を集めた『ワイン』に関する調査によると、週1回以上飲む人は1割強、ワイン飲用者の2割となっている。

よく飲むワインの種類は「スパークリングワイン」が増加傾向、女性で比率高い

 よく飲むワインの種類

よく飲むワインの種類は(複数回答)、「赤ワイン」がワイン飲用者の78.3%、「白ワイン」が56.8%となっている。

「スパークリングワイン」は33.9%で、過去調査と比べて増加傾向に。女性で比率が高く、女性20代では6割強、女性30~50代では各40%台となっている。

ワインの飲用シーン

ワインの飲用シーンは(複数回答)、「親しい友人や家族と一緒に」がワイン飲用者の48.5%、「ひとりでゆったりとした気分で飲みたい時」「クリスマスやお正月などの季節行事の時」「普段の食事の時」などが各20%台。2019年調査と比べて、「普段の食事の時」「週末や休日にゆっくりと過ごしたい時」が増加している。

ワインの購入場所

ワイン飲用者の購入場所は(複数回答)、「スーパーマーケット」が63.0%、「ディスカウントストア」が20.0%。男性や若年層では「コンビニエンスストア」がやや高くなっている。

購入するワインの金額

購入するワイン1本あたりの金額は、「500円~1000円未満」「1000円~1500円未満」が購入者の3~4割でボリュームゾーン。1000円未満が5割弱で、過去調査と比べて増加傾向に。

ワイン購入時の重視点

ワイン購入時の重視点は(複数回答)、「種類」が購入者の63.7%、「味」が60.4%。続く「価格」は53.7%、2019年調査と比べて減少。飲用頻度が月に2~3日以上の層では、「ぶどうの品種」が高くなっている。

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。